トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
死ぬまでに読みたい100冊の本(9/100)『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」


(クリックすると、大きい画像で見られます)

前の記事『張り詰めてる誰かに届きますように。慈愛の言葉を。』で紹介した、ロウボウさんのブログの文章(『自主 対人接触削減を担っている皆さんへ』(ブログ『いのち はるかに』)はまさにセルフコンパッションに満ちているように思います。
だから、たくさんの人が、ホッとし、涙し、自分の気持ちを受け入れられ、楽になれた。

セルフコンパッション。

あるがままの自分を受け入れること、またその力。

多くの人が必要としている今、その考え方や見方を知って、
生きやすくなる人が増えるとといいと思います。

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモからクリスティーン・ネフ (著)、石村郁夫 (翻訳)、樫村正美 (翻訳)『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』


クリスティーン・ネフ (著)、石村郁夫 (翻訳)、樫村正美 (翻訳)『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる

概要

本書はセルフ・コンパッションの実証的研究の先駆者である著者が、自身の体験を交えながらいままでの学術研究の知見をわかりやすくまとめた本である。主要な部分にはエクササイズを含み、セルフ・コンパッションの活用方法を余すところなく紹介する。(「BOOK」データベースより)

セルフ・コンパッションという言葉に出会ったのは、数年前のメンタルオーガナイザーの合宿。
渡邊奈都子先生が紹介してくれました。

自分に対する慈悲。

自己肯定感を育むとか癒しとか自己受容とかそういうのと何が違うのか?
当時説明してもらい、本書も読んで、腑に落ちました。

選択理論心理学も大好きですし、よりよく幸せに生きるのに役に立つと思っていますが、セルフコンパッションも知っていた方がいい、と思いました。
この二つあれば、無敵じゃないかというくらい(^_^)
今の私にとっては、ですが。

本書は、研究者である著者自身の経験(離婚や自閉症の息子との暮らしの困難さ)と合わせて、理論と実践とその結果が紹介されているので、自分ごととして読みやすく理解しやすかったです。
専門書なのに、ドキュメンタリーを読んでいるような(実際そうです)お得な一冊。

この本から学んだこと

・セルフコンパッションの三つの入り口を知る→充電上手になる
  -自分自身に優しさと思いやりを向ける
  -苦痛を抱えることは共通の人間経験だということを思い出す
  -マインドフルな認識のもとで思考と感情を保つ
・激しい自己批判をしない→立ち直りやすい→次のチャレンジに行きやすい(ドンマイ!の空気があるか)
・自分に感謝するセルフ・アプリシエーション(感謝日記、拡張形成サイクルが回り出す)

メモせずにいられなかったところ

・学習目標VS達成目標(ミスした時に、前者は○、後者はX)
・絶望的な関係を示唆する喧嘩における4つの問題行動「批判 軽蔑 防衛 無視」
・安定した恋愛関係を予測する要素「優しい眼差し 愛情の表現 謝罪 笑顔」

印象に残ったところ

・「今は苦しみの時である。苦しみは人生の一部である。今自分に優しくしてもいいだろうか。必要とされる慈悲の心を自分に向けてもいいだろうか」
・許す。人は過ちを犯す。
・セルフコンパッションは、
  Xネガティブ感情を解消する
  ○ネガティブ感情を思いやりと優しさで受け入れる
 →落ち込まなくなるわけではない
・自閉症の息子との関係が「呪いから冒険へ」

あなたの人生でただ一人、年中無休で思いやりと優しさを提供できる人物、それはあなた自身に他ならない。(P66)

他者と本当に必要な親密な人間関係を築くためには、何よりも自分自身と親密な繋がりを持たなければならない。
人間として生活する上での限界に直面したとき、自分に対して思いやりと支援を提供できることができれば、重要な他者に対する思いやりや支援を提供する上で必要な感情的資源を持つことができる。(P223)

(クリスティーン・ネフ『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』より)


私は、私自身と親密でいるか?いようとしているか?

昔の、自分にも他者にもダメ出しばかりしていた(それを向上心や謙虚さの証と思い込んでいた)頃は、できていなかったと思います。
今は、できているかというと、できているところもあればできていないところもあるかしら、という認識。

完璧じゃないから、私も他人も。

でも、最善を選んでいる。

でも、失敗することもある。
(今日、「虚偽」の読みを間違えていたことに気づき、恥ずかしくてこもりたい気持ちに)

再読を重ねて、セルフコンパッションの力をつけていきたいなと思います。
必要としている誰かにも、この情報が届いたらいいな。

東條真紀
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて


JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:読書



ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
こんな時こそ読みたい、心を守る力をくれる本ベスト5。
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

物語には、心を守る力がある。

Twitterで見つけた素敵なスレッド。




たくさんの方が「心を守る力をくれる」本を紹介してくれています。
本選びの参考になると思いますので、興味のある方はぜひ。

私なら、と考えて、以下にご紹介。

東條が選ぶ「心を守る力をくれる」本。
今回は、シリーズもの縛りで。

香月日輪さん著『妖怪アパートの幽雅な日常


物の怪たちの巣窟のアパートに住むことになった「俺」。
非日常が日常となり、不思議な世界で不思議な物の怪たちとともに成長していける気がします。
親子で読みたいシリーズです。

アーシュラ・K. ル・グウィンさん著『影との戦い―ゲド戦記 1


マイベスト児童書。
熱い思いをこちらに書いてます→『死ぬまでに読みたい100冊の本(8/100)『影との戦い―ゲド戦記 1』』
外出を控えざるを得ない今だからこそ、このシリーズでアースシーの世界を大冒険できることの意味は大きいかも。

上橋菜穂子さん著『守り人シリーズ


主人公が三十路を過ぎた女性用心棒、という設定にまず引き込まれます。
バルサの圧倒的な強さの理由。
強さと優しさ、悲しさ。
幼い王子チャグムの未熟さと成長。
タンダの見守る愛。
シリーズを読み終えた時に、自分の世界が確実に広がるはず。

小野不由美さん著『十二国記


この本を読んでから、俄然歴史に興味が湧いてしまいました。
架空の話でこんなに面白いなら、実際に生きていた武将、天皇、宰相、姫、歴史上の人物の人生はもっと面白いに決まってるじゃないか、と。
ハマったのは最近ですが、読めてよかった、出会えてよかった登場人物がたくさんいます。
一番好きなのは、やっぱり?楽俊。



知る人ぞ知る美味しい夜食を提供するカフェ。
そのオーナーは、背の高いドラアグクイーン、シャール。
縁あってたどり着いたわけありの人たちに、提供されるのは、心と体に響く食事と言葉。
こんなカフェがあったらいいな。
マカン・マランの常連の一人になりたいな、あんな居心地のいい空間を作りたいな。
シャールさんのように、滋養のある料理や言葉を紡ぎ出せる人になりたいな。
そう思えるはず。
感想書いてました→『大切なものは何?と問いかけてくれる優しく美味しい一冊でした『マカン・マラン』』
シリーズは以下の通り。
→『快晴フライング
→『女王さまの夜食カフェ マカン・マランふたたび
→『きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび
→『さよならの夜食カフェ マカン・マラン おしまい

ゆっくりとシャールは自分の胸に手を当てた。
「足りなければ、満たせばいい。空っぽなら、埋めればいいのよ」(p184)


何か足りない。
空っぽな虚無感を感じているなら、効果的なのは、満たすこと。埋めること。

私にとって、読書の時間を持つことは、効果的な選択の一つです。


家で過ごす時間を、大切にしたいですね。

何かをするにしても、しないにしても。

これもいいよー!のオススメがあれば教えてください^^

「コロナのせいで」ということもできるけれど、
「コロナのおかげで」ということもできる。

よかった探しを上手にできるようにするチャンスにできる人が増えるといいな。

本大好き、浜松のライフオーガナイザー東條真紀でした。

JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
死ぬまでに読みたい100冊の本(8/100)『影との戦い―ゲド戦記 1』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

マイベスト児童書。

キングオブ児童書。

ベスト冒険譚。

もっとドキドキする冒険や、もっと泣ける話も世の中にはたくさんあるけれど、
人生で出会っておけてよかったと心底思えたのはこの本。

と言いつつ、出会ったのは大学生の時。
衝撃を受けました。
魅了されました。
ル=グ・ウィンさんの描くアースシーと魔法の世界観に。
ゲドの人間らしさと幼さと未熟さと若さと可能性と挫折と成長に。
(ジブリの映画化に激怒したのも懐かしい思い出)


(クリックすると、大きい画像で見られます)

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモからアーシュラ・K. ル・グウィン著(翻訳:清水真砂子)『影との戦い―ゲド戦記 1』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

概要

・舞台は、無数の島々と海からなるアースシー
・偉大な大魔法使いゲドの若かりし日々の話、影との戦い
・ゲドの魔法使いの学校での出会い、衝突、学び、友情、失敗
・影に追われ、殺されるのか、それとも影を倒すのか

桁違いの才能(魔法使いとしての能力)を持ったゲド。
傲慢さと憎しみから生み出してしまった、影。
影に追われ、恐怖から逃げ、絶望したゲドが選んだ道は。

かつて、青かった、自分が世界の中心にいたような気になっていた、
そんな子ども時代を送った私には、響いたのなんの。

心の弱さを見つめたくないゲドが、自分の代わりに戦ってくれているような、
読み終えるとどっと疲れるけれど、でもこの旅ができてよかった!
カラスノエンドウのような友人ができてよかった!
真の名について考えることができてよかった!
そう思えました。

この本から学んだこと

・世界は均衡「あかりをともすことは、闇を生み出すことにもなるんでな」
・自分を知ることが大事「それは、そなたの投げる、そなた自身の無知と傲慢の影なのだ」
・若者は馬鹿者でいい。でも馬鹿者のままではいけない。
・ファンタジー、最高

メモせずにいられなかったところ

・闇を倒すのは光だ。
・光に影がつきもののように、魔法は楽しみや賞賛目当ての遊びではない。
・わしらが言うこと、為すこと、それは必ずや正か邪か、いずれかの結果を生まずにはおかん。ものを言ったりしたりする前には、それが払う代償を前もって知っておくのだ。(p43)

印象に残ったところ

・川にもてあそばれ、その流れにたゆとう棒切れになりたくなかったら、人は自ら川にならねばならぬ。(p198)
・自分がしなければならないことは、しでかしたことを取り消すことではなく、手をつけたことをやりとげることなのだ。(p224)
・時間は光なんだ。そして太陽の光の中に、その日々の運行の中に、四季の運行の中に、人間の営みはあるんだよ。(p245)

全てをひっくるめて、自分自身の本当の姿を知る者は、自分以外のどんな力にも利用されたり支配されたりすることはない。

(『ゲド戦記(1) 影との戦い 』p271より)



アーシュラ・K. ル・グウィン 『影との戦い―ゲド戦記 1

持っていた全巻を、3.11の震災の後に東北へ送りました。
今も、誰かが手にしてくれていたらいいなと思います。



ル・グウィンさんの作品から、力を得られる人が一人でも増えますように。

東條真紀
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】3月以降で承ります
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
四柱推命&算命学でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー入門講座 浜松計画中
ライフオーガナイザー二級認定講座 浜松静岡計画中

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)


JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
2020年3月に読んだ本は7冊(トータル38冊)
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」


読めてよかった順に。

1位 なだぎ武『サナギ


いじめ、ひきこもり。拒食、過食。
一人旅、出会い、変化。
悩みに悩んだ少年は吉本の養成所へ。
自分よりはるかに面白い才能の持ち主に打ちのめされつつも、歩み続けた先に今がある。
2007年から二連続R-1のチャンピオンになったなだぎ武さんの半生を振り返るノンフィクション。
同い年で、二十歳前後を隣町で過ごしていたと知り、親近感がアップ。
お互い、若くてバカでした。
お笑い好き、多感な子どもを持つ親、多感だったかつての自分に出会いたい人におすすめの一冊です。
尾道の女将さんのような人になれたらいいな。

2位 田中章義 静岡第一テレビ「○ごとワイド」『静岡まるごと川柳: 力には なれぬがお茶を 淹れ替える


「サスペンス 捜査本部となる 茶の間」
「松茸が 祖母から届く 絵手紙で」
静岡第一テレビの夕方の番組の人気川柳コーナーの書籍化。静岡愛に満ちていて、川柳の他に、さわやか、学生服のやまだ、横断バッグなどの静岡あるあるも紹介されていて、郷土愛を思い出させてくれます。
悪いニュースばかりで気が塞ぎがちな時こそ、こういうホッとできる本を読むのは大事ですね。
冒頭で歌人の田中章義さんの言葉に私も強く共感します。
「私は言葉の力を信じている。言葉を紡ぎ出す心の力も信じている。
(略)十七文字の『言の葉』が薬草となって、
ハーブティーのように、心身に潤いを与えてくれることもある。」


3位 矢部太郎『大家さんと僕 これから


お笑い芸人さん矢部太郎さんと、大家さんとの
交流を描いたコミックエッセイ2冊目。
大家さんとの別れまで。
ドタバタがあるわけでもなく、戦争の暗い影や
老いの悲しさなどもじんわり感じさせながら、
それでも生きていることや、人と関わることは
人生を豊かにすると思わせてくれますね。
ハートウォーミングというより、ハートフル。
読み手それぞれに響く箇所が違って楽しめる本だと思います。

4位 長野まゆみ『時の旅人


時空を超えて、少年が経験した不思議な世界の話。
タイムトラベルの話、というよりは夢を見ていたような、
繋がるようで繋がらない奇妙な感覚が残るストーリーでした。
長野まゆみさんらしい、言葉が美しくて
読んでいて心地よさを感じました。
時空の変化にはついていけなくて、おいてけぼりな気分を味わいつつも。

5位 スーザン・プライス『12の怖い昔話


イギリスの作家スーザン・プライスの短編集。
幽霊や悪魔、死神や妖精が出てくる、ちょっと怖くて、
でも時にクスリとさせる、昔話のような十二編。
たまたま手に取り読みましたが、重い本を読んで疲れた時に、
気分転換になりそうな一冊。
翻訳がなめらかで、とても読みやすかったのがよかったです。

6位 柴田竜介『学習まんが 日本の歴史 9 江戸幕府ひらく (全面新版 学習漫画 日本の歴史)


江戸幕府が開かれ、江戸時代が始まるまで。
海外との外交、大名支配の仕組み、ポルトガルと
スペインとオランダと清と、付き合い方に差があったのはなぜ?
シャクシャインの戦いってなに?なぜ起きた?
など、三代将軍家光の頃までをマンガで
丁寧に説明してくれているので、ものすごくわかりやすい。
子どもが小さかった頃に本棚に揃えておいてあげたかったなーと思いました。

7位 細木数子『六星占術 心の常識


売れるから作ったんだろうなという感想しか残らなかった本。
「先祖に対する感謝と供養は大事だからせよ」を
繰り返し述べていることと、六星占術にちらっと
触れたからいいよね?というエクスキューズが見えて、
編集者も注文をつけられない力関係が
あったのかなあなどと思うに至りました。
期待しすぎたこちらの問題かも。
細木先生リスペクトの方なら楽しく読めるかもしれません。
「陰陽の基本は陰にある」この言葉は響きました。なので星は二つ。

3月は、コロナの影響か、気持ちが落ち着かず、
本を読みたい!という気持ちになかなかなれませんでした。
読みかけの『丕緒の鳥 十二国記 5』の一編の重さに凹んでしまい、
それをひきづっていたのもあるかもしれません。

でも。
本が読めるのは幸せなこと。

生きているうちに、読める本は、思っているより多くないはず。

時間を大切に、読みたい本を読める有り難さに感謝して、
四月は読書の時間を増やしたいと思います。

♪年間100冊読みたい本仲間♪

香織さん→『時間が増える仕組み作り SMILE LIFE』
ロリスさん→『ロリスの『これやった!』日記』
東條→『本が好きカテゴリー』『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』『【一覧】片づけに役立つ本』『[一覧]既読捨てる気になる本』

→『2020年2月に読んだ本は11冊(トータル31冊)』
→『2020年3月に読んだ本は7冊(トータル38冊)』
→『2020年4月に読んだ本は13冊(トータル51冊)』
→『2020年5月に読んだ本は15冊(トータル66冊)』
→『2020年6月に読んだ本は20冊(年間トータル86冊)』

読書の時間、楽しんで行きましょう^^


本大好き、浜松のライフオーガナイザー、東條真紀でした。

JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
死ぬまでに読みたい100冊の本(7/100)植松努&清水克衛『あたりまえを疑う勇気』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」



自分の好きと得意を通して、よりよい未来のために、
行動を起こしている二人から、これからの人たちへのエール。


(クリックすると、大きい画像で見られます)

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモから植松努&清水克衛(著)『あたりまえを疑う勇気』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

概要

宇宙開発を通して、「どうせ無理」を無くし「だったらこうしてみたら?」と考えられる世界に変えようとしている植松努さんと、書店「読書のすすめ」を経営しながら、本と人とを繋ぐ活動をしている二人によるメッセージ。

この本から学んだこと

・人生、大事なのは、「闇夜の素振り」です。
・不登校について。社会性を身につけたり、勉強して知識を身につけたりすることが学校の目的なので、学校以外にもいろんな手段があります。
・学問とは、いい会社に入ることではなく、社会の問題を解決し、社会をよりよくするためにある
・お金は「もらう」ものでも「奪う」ものでもなく、「生み出す」ものです。

メモせずにいられなかったところ

・他の人にどう思われるかなんてどうでもいいんです。最優先すべきは「自分がどうしたいか」ですよね。
・人間よりも損得を大事にするようになった日本に、果たして明るい未来はあるのか。
・読書離れは、人が問いを持たなくなったからです。

印象に残ったところ

・中二病は、絶対必要な病気。かかっておかないと、大人になってからエライことになる。
・啐啄同時
・われわれ人間は、困った状況をなんとか解決しようと頑張ってきた生き物の末裔。
・現状維持は衰退です。
・お金で手に入るのは、「してもらえるもの」でしかない。この世にないサービスは手に入らない。つくる方が人生が豊かになる。

できることが増えれば増えるほど、人と比べられなくてすむようになる。オンリーワンの存在になれるんです。だから、いろんなことに興味を持って、いろんなことをやるべき。

(『あたりまえを疑う勇気』より)


安岡正篤さんの本から紹介されていた「田舎人たれ」。

都会人は、「美味し物を食べたいね」
田舎人は、「美味しものを食べたいね」

一字違いで大違い。

この差は、毎日を、人生を大きく変える。

面白い本を読みたいね、ではなく、面白く本を読みたいね。
(読書メモも、こういうアウトプットも私なりの「面白く」だと考えていますが、いかがでしょう)

楽しい旅をしたいね、ではなく、楽しく旅をしたいね。
楽しく旅をしたくて、楽しく旅をできる人は、
ハプニングがあって、思い通りにいかなくても、
きっとそれも楽しめる。

楽しい人生を送りたい、ではなく、楽しく人生を送りたい。

楽しく送るためには、どうしたらいいのか、
そのためのヒントがいっぱい詰まった一冊だなぁと
改めて思いました。
(この二人からの「学べ、本を読め、考えろ」の説得力たるや!)

日々をバージョンアップしていきたい。

おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなしものは心なりけり。

高杉晋作の辞世の句。
その「心」を磨くために、読書は着実に近道の一つとなりますね。


あたりまえを疑う勇気

東條真紀
誰かの啐啄同時となったら嬉しいです。
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】4月以降で承ります
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
四柱推命&算命学でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー入門講座 浜松計画中
ライフオーガナイザー二級認定講座 静岡5/16(土)

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)


JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
死ぬまでに読みたい100冊の本(6/100)『サイボーグ時代』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」


不登校を経験し、孤独と向き合った青年が見つけた人生のミッション。


(クリックすると、大きい画像で見られます)

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモから、吉藤オリィ 『サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

目次

テクノロジーとはなにか?/サイボーグ的な生き方/万能主義からの脱却/ほしいものを自分でつくる開発思考/居場所を見つける/対人コミュニケーションを克服する/「できない」を武器に変える/自分をシェアする/これからの時代を生き抜く6つのストラテジー/死を思い、生きる/亡き友に捧ぐ、だれもが“生きる”サイボーグ時代

吉藤オリィさんについては、以下の通り。
本名:吉藤健太朗。1987年、奈良県生まれ。株式会社オリィ研究所代表取締役所長。
小学校5年から中学校2年まで不登校を経験。工業高校にて電動車椅子の新機構の開発を行い、国内の科学技術フェアJSECにて文部科学大臣賞、ならびに世界最大の科学大会ISEFにてGrand Award 3rdを受賞。その際に寄せられた多くの相談と自身の療養体験がきっかけとなり、「人間の孤独を解消する」ことを人生のミッションとする。
その後、高専で人工知能の研究を行い、早稲田大学創造理工学部へ進学。在学中に分身ロボットOriHimeを開発し、オリィ研究所を設立。米Forbesが選ぶアジアを代表する青年30名「30 under 30 2016」などに選ばれ、現在はデジタルハリウッド大学院で特任教授も務めている。オリィの名前の由来は趣味の折紙から。

この本から学んだこと

・孤独とは、誰とも繋がらずこの世界に居場所がないと思ってしまう状態
・居場所を見つける方法
 1.「なりたい」じゃなくて「やりたい」を目指す
 2.夢中になれることを探す
 3.興味を発見できるコミュニティへ所属する
 4.興味を削ぐコミュニティからエスケープする
・サイボーグ化とは、「やりたい」意志に基づきテクノロジーが能力となり、生活、人生と滑らかに融合すること
・自分の「やりたいけどできない」がなぜなのかを把握して、適切なツールを選ぶ必要がある

メモせずにいられなかったところ

・「ありがとう」を言ってもらうチャンスが得られない苦しみは、それを体験したことがない人にはなかなかわからない
・後悔よりも教訓を、同情よりも共感を
・障害とは、やりたいことの実現を阻むハードル
・一日一回は失敗する(6つの行動指針)
・死が遠くなるとやりたいことを我慢する
・明日死んでもいいから今日好きなことをしたい

印象に残ったところ

・「できる」ことを増やすことで、人間は未来に対してポジティブになれる、が開発の理由
・できないことは他人の力やツールを使う
・「できない」を武器に変える
・「できない」ことを可視化する
・自分から行けないなら、全力で待ち構えよ!
・ビデオチャットで授業を受け、教授を説得「肉体はないけど体と意識はここにある」

理性と感情。
知と情。
このバランスが生きていく上で必要だと思うのですが、
著者のオリィさんはそれをとてもうまく取れている人だと思いました。

「できない」イコール劣等感ではなく、メリットを見つける考え方も素敵です。
自分らしさを表す特徴であること、ソリューションを生み出せること、
できない人の気持ちがわかることなど、「永年片付けられなかった」自分には、
とても共感できました。
なおかつ、対処法として、努力、助力、工夫も紹介してくれていて、
さすがソリューションのプロ。

人とコミニュケーションを取りたいのに、うまくできない。
明後日の方向に努力するのではなく、諦めるのでもなく、
自分が話しかけなくてもいい工夫をする、という解決策を見つけるところもさすがです。
また、相手に覚える努力を強いないようにする(黒い白衣を着る)という優しさ(+覚えてもらう)も、双方よしを考えた真似したい創意工夫。

好きを大事に。
やりたいことを大事に。
できることとできないことを分けて、できないことは任せて、
できることに全力で取り組む。
挑戦する、失敗する。成功する。
工夫する。力がつく。上達する。
役立つ。ありがとうと言われる。
存在意義が見つかる、居場所ができる。
絶望や孤独が減り、希望と安心が生まれる。

それを実践してきて、まだこれから歩み続ける若者のストーリー。
とても励まされました。

植松電機の植松努さんと同じことを考えている人がここにも。

大切なのは、「できない」をゼロにすることではなく、「困ること」をゼロにする方法である。

(吉藤オリィ 『サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~』より)



吉藤オリィ 『サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~

東條真紀
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】4月以降で承ります
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
四柱推命&算命学でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー二級認定講座 静岡5/16(土)

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)


JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
伊坂幸太郎さんの本をこれから読みたいあなたへ、この12冊を。
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

伊坂幸太郎さんの本を読みたい。
でもたくさんあって、どれから読んだらいいかわからない。
東條のおすすめを参考にしようかな。

というマニアックなあなたへ。

以下、私が好きな順に並べてみました。
参考になさってください。

自分の車が愛おしくなっちゃう


ガソリン生活 (朝日文庫)
最後のちびっこの言葉に、グッときてしまいますー!

死は厳しくて、優しい


死神の精度
私が一番初めに読んだ、伊坂本。
読みやすくて、面白くて、不思議で、読後感が良くて、はまっていきました。
好きなシーンはヤクザの抗争で「今日はXXない」というところ。

周囲を振り回す陣内にいつしか期待する自分がいる


サブマリン (講談社文庫)
好きなシーンは、ああそうなってそうなってそうなったから、
よかったと言うと語弊があるけど、でもよかった…よね、というところ。

切なくて、笑えて、情けなくて、愛があって、そんな殺し屋の話


AX アックス
他の作品のあの人やあの人が登場するのもファンには嬉しい。

バラバラに進むドラマが錯綜する面白さ


ラッシュライフ
パッチワークが完成していく爽快さを味わえます。
好きなシーンは、老夫婦の「人生の充実」。

自分も誰かの人生を支えているかも


フィッシュストーリー (新潮文庫)
ひょんなことから、出会って、影響されて、人生が変わる。
まさかな展開に、でもありえないとは言い切れない、
一瞬一瞬を大事にいきなくちゃなと思える本。

殺し屋たちの狂騒曲


マリアビートル (角川文庫)
なさそうでありそうで、ありそうでなさそうな、
東北新幹線の車内で繰り広げられる、疾走感満載のエンタメ。
好きなシーンは、シールと、なんだかんだ無敵の人。
順番としては、『グラスホッパー』を先に読むとスムーズです。

疾走感に尽きる逃走劇


ゴールデンスランバー (新潮文庫)
各駅停車の旅に出るなら、持っていきたい本。
読みふけっているうちに着いてしまうから。
何度でも読めるエンターテインメント。
好きなシーンは、記者に対してコメントするお父さんの「痴漢はXX」。

そうきたかの続編


死神の浮力 (文春文庫)
『死神の精度』の続編。千葉がたんたんと仕事をしながらも、ドタバタと。
好きなシーンは、ラストの自転車。

悲しき愛おしき殺し屋たち


グラスホッパー
伊坂作品で最初に読んだ殺し屋小説。
ハラハラドキドキしているうちに、読み終えてしまうこと必至。
これを読んでから、信号待ちや電車のホームはちょっと気をつけるようになりました。

父が四人?それもいいなといつの間にか思えてしまう


オー!ファーザー (新潮文庫)
読みやすいし、楽しいし、伊坂デビューにおすすめかもしれません。
好きなシーンは、アレで伝達したのちの、電話。

陣内のストーリーはここから


チルドレン
『サブマリン』の前の作品です。
好きなシーンは、女子高生と永瀬とやりとりするところ。

参考にしていただければ。
伊坂ファンがさらに増えたら嬉しいです。

読書の時間、楽しんで行きましょう^^


本大好き、浜松のライフオーガナイザー、東條真紀でした。

読書仲間:香織さん→『時間が増える仕組み作り SMILE LIFE』
読書仲間:ロリスさん→『ロリスの『これやった!』日記』
東條→『本が好きカテゴリー』『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』『【一覧】片づけに役立つ本』『[一覧]既読捨てる気になる本』

JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
死ぬまでに読みたい100冊の本(5/100)『君の思いは必ず実現する―二十一世紀の子供たちへ』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

稲盛和夫さんから、若者へのエール。


(クリックすると、大きい画像で見られます)

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモから、稲盛和夫さん著『君の思いは必ず実現する―二十一世紀の子供たちへ』』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』



概要

1932年、鹿児島生まれで、京セラ、KDDIをつくりあげた、稲盛和夫さんが、心をこめて贈る若者へのメッセージ。

この本から学んだこと

・継続は平凡な人を非凡に変える
・努力は特別なものではなく、生きるために当たり前のこと
・築善の家に余慶あり

印象に残ったところ

・中学受験不合格、結核、再度不合格、空襲、阪大医学部不合格、石油化学就職希望叶わず、就職先給与出ず
・熱意と考え方は、能力に勝る
・虫も草花も、皆必死で生きている、それが自然

心に響いたところ

・人生の道のりにエスカレーターはない
・粘って粘ってこれ以上がんばれない、までやったか?

好きなところ

・人生の目的は、美しい心の人間になること
・人生の結果=能力x熱意x考え方
・六波羅蜜で己を磨け(布施、持戒、精進、思慮、禅定、智慧)

人生の入り口で「自分はどういう人間か」「人生をどう生きたらいいのか」可能性を考える機会、時間が必要。

(稲盛和夫さん著『君の思いは必ず実現する―二十一世紀の子供たちへ』より)



稲盛和夫さん著『君の思いは必ず実現する―二十一世紀の子供たちへ

東條真紀
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】4月以降で承ります
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
四柱推命&算命学でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー入門講座 浜松計画中
ライフオーガナイザー二級認定講座 浜松静岡計画中

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)


JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
2020年2月に読んだ本は11冊(トータル31冊)
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」


読めてよかった順に。

1位 『世界の学者が語る「幸福」



こんな贅沢なことができるんだから、やっぱり本というのは
偉大なツールであり宝箱だなと痛感した一冊。
西村書店さん、ありがとうございました。
世界中で、主観的ウェルビーイング、人生の満足感、
幸福について研究している賢者から、102の知見とアドバイスを集め、まとめた本。
アパルトヘイトを生き抜いた方もいれば、
ネパールで四世代24人と暮らした中で祖母から
学んだ知恵を語る方もいれば、中国の陰陽思想に
からめた幸福について書かれた方も。
幸せに生きるためのヒントが盛りだくさん。
メモも追いつかないほどですが、集めたエッセンスはこれからも宝物になると思います。

2位 杏『杏のふむふむ (ちくま文庫)



聡明で心優しく愛らしさを持ち続けている女性のエッセイ。
読後感のこんなに気持ちの良い本も珍しい。
杏さん自身が魅力的で、周囲の魅力に気づき、受け止め、
表現することで、読者もその優しく興味深く、
時に笑える世界を体験させてくれる。
時にパリコレに出たり、時に登山で危険な目に遭ったり、
かけがえのない出会いに涙したり。
こんな素敵な女性を母に持つお子さんたちは、幸せだと思いました。

3位 石田ゆり子『Lily ――日々のカケラ――



フォトエッセイのような、自己紹介のような、
ゆり子スタイルを紹介してくれている一冊。
とても自然体で、自分の好きを大切に生きている
女性のお手本というか、彼女のしていることではなく、
あり方を真似したい、そう思える素敵エピソードの数々。
算命学的に見ると、貫索星と鳳閣星を生かすと
こんな感じになるのか、という好例だと思えました。
競泳をしながら、ライバルではなく自分に
負けたくなかった、というのも納得(車騎なし)。
本棚の部屋も圧巻。
彼女は読書を横糸に、体験を縦糸に、素敵な石田ゆり子という
美しい布を織っているんだなというイメージが湧きました。
読めてよかった一冊です。

4位 小野不由美『風の万里 黎明の空 (下) 十二国記 4 (新潮文庫)



「他者に頭を下げさせて、それで己の地位を確認しなければ安心できない者のことなど、私は知らない。」

三者三様の旅を経て、景王の陽子が臣下に語る。
我慢していると、我慢していないことが怖くなる、と
かがつーんと響く言葉が多く、ストーリーを楽しみながら、
処世術まで学べる十二国記。
続きも楽しみ。

5位 小野不由美『華胥の幽夢 十二国記 7



心に残るキーワードがいくつか見つかった短編集。
十二国記ファンならわくわくして読めるはず。
順に読んでいないので、違った楽しみ方ができている気がします。
悩める幼い麒麟に仕事とお役目の違いについて語る廉王。
組織のマネジメントや家庭の育児についても言えるアドバイスが秀逸。
陽子と楽俊のメッセージのやりとりから見える、友情と尊敬と、お互いの背伸び。
国が傾く時の人間の悲劇。
既刊を全て読み終えたら、もう一度目を通したいと思えた一冊でした。
次、読まなくちゃ。

6位 玉井仁『自分に「いいね! 」ができるようになる本



認知行動療法をかわいい漫画で、3人の共感しやすい女性を
登場させながら学べるガイドブック。
さらっと読めますが、薄っぺらい自己啓発の本ではなく、
心理士による研究されてきた知見をもとに書かれた良書だと思います。

7位 小野不由美『残穢(ざんえ) (新潮文庫)



小野不由美さんらしい、異世界と現実世界との境界の曖昧さを楽しめるホラー小説。
怪異は穢れなのか、穢れは伝染するのか。
コロナウィルスの感染の最中で読むと、そのくだりは納得しか感じられず、流動化した社会に住むことのリスクを考えさせられます。
日記のような、ルポのような、不思議な怪異譚。
たまにはよいですね。

8位 内田彩仍『重ねる、暮らし



内田綾仍さんが紹介する、丁寧な暮らしのヒント。
なんでもない毎日を、楽しく、気持ちよく、嬉しく過ごすためにしている工夫、こだわり。

「この人をお手本にするともうちょっとだけ頑張れる」
そう思わせてくれる人がいることは、とても幸せなこと。


この箇所がとても響きました。
私が本を読むのは、そんな「この人」に会いたいから。
やってみようと思えたことが多々。
ひとつずつトライしてみます。

9位 東野圭吾『希望の糸



加賀刑事がちらりと出てくる、東野圭吾ミステリー。
悪い評判が一切出てこなかったカフェの女性店長が刺殺された。
その謎に迫る刑事。
不妊治療を絡め、家族とは、結婚とは、子どもとはと考えさせられもします。
読みやすくて一気読み。人間模様を楽しみたい人にはよい本です。

10位 よしたに『理系の人々 (中経☆コミックス)



自分が文系で理系のパートナーがいるので、わかる!とうなづきまくり。
面白く読めました。理系ならではを理解するのに役立ちます。
ほんと、間違ってないけど、言い方ー!言う順番ー!と
叫びたくなるのは理系と接する文系あるあるだと思います。

11位 『5Gビジネス



5Gとは何か、私たちの生活やビジネスをどう変えるのか。
またそのリスクは。これから私たちは何をすべきか、を
その道の専門家が教えてくれる本。
一通り読むと、概要が掴めると思います。
自動運転やVR、セキュリティの強化や企業の効率化など、
様々なメリットがありますが、医療や介護の現場での活用、
ロボティスクで支援というのが早く進むといいなと思いました。
セコムの実例は、伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」の
ポッドだわー、未来がもう来ているー、と感じました。
技術は、人を幸せにするものであってほしいです。

年間100冊読みたい、という目標を立てた仲間に入れてもらいました。
各自の読んだ本からも次の読む本を決めたり、いい刺激をもらっています。

香織さん→『時間が増える仕組み作り SMILE LIFE』
ロリスさん→『ロリスの『これやった!』日記』
東條→『本が好きカテゴリー』『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』『【一覧】片づけに役立つ本』『[一覧]既読捨てる気になる本』

→『2020年2月に読んだ本は11冊(トータル31冊)』
→『2020年3月に読んだ本は7冊(トータル38冊)』
→『2020年4月に読んだ本は13冊(トータル51冊)』
→『2020年5月に読んだ本は15冊(トータル66冊)』
→『2020年6月に読んだ本は20冊(年間トータル86冊)』

読書の時間、楽しんで行きましょう^^


本大好き、浜松のライフオーガナイザー、東條真紀でした。

JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
死ぬまでに読みたい100冊の本(4/100)『みんな14歳だった!』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

よしもと芸人18人による、若者へのエール。


(クリックすると、大きい画像で見られます)

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモから『 みんな十四歳だった! よしもと芸人が語る、何者でもなかった「あの頃」の話』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

概要

テレビや舞台、様々に活躍しているよしもと芸人18人による、自分の14歳の頃の事を振り返る内容。
今、14歳の人たちへのメッセージも込められています。

この本から学んだこと

・誰にでも「何者でもなかったあの頃」がある
・誰にでも不安だった時期がある
・いじめからは逃げる勇気を
・とりあえず今を生きていけばいい(木村祐一さん)
・「誰が言うか」が重要

メモせずにいられなかったところ

・「本を読むのは10年後に出てくる言葉をためるためだ。」(小田嶋隆さん)
・「僕は死ぬとき、自分自身できちんと自己採点しようと思っています」(板倉俊之さん)
・「14歳の頃の自分には、大人になった方が楽しいよ、とはちゃんと言ってあげたい」(中田敦彦さん)

印象に残ったところ

・十四歳の「チャラ男」は暗かった 藤森慎吾
 →「あの頃は半径十メートルの世界がすべてでした」
・教室の隅に一人でいる子がいたら、それは友近です 友近
 →「子どもの頃からピンだった」
・大人も女も分かってくれない! 吉田敬
 →「意識的に発狂したかと思うほど怒るという術」
・僕は奴隷じゃない! 楽しんご
 →「逃げる勇気を。自分のキャラでいきられる場所へ」
・大声で笑えば、それでええねん 石田靖
 →「根っこは大声と絶やさぬ笑い」
・取り柄が何もないからこそできること 山里亮太
 →「嘆く時間を努力に費やす。したい何かを死ぬ気で考えろ」
・暴走族のぼくへの親の愛 佐田正樹
 →「親は一番の味方」
・いじめているキミ、私に恨まれるとコワイよ 大島美幸
 →「あなた、私のこといじめてましたよね?」
・想像してみよう、明日の自分を 板倉俊之
 →「相手を、自分を、自分の将来を想像する」
・僕の親孝行 田村裕
 →「不安はずっとそばにいます」
・逃げて逃げて逃げまくれ 又吉直樹
 →「ぼくは変人じゃない。不安はぼくだけじゃない」
・名門私立をやめて不良になった 品川祐
 →「好きなことをやる!」
・人生最大の厄年の乗り越え方 渡辺直美
 →「『死ね』と書かれた上履き。プレゼントしてくれた担任」
・聞いてた話と違うと思いながら 博多大吉
 →「なりたい職業が見つからなかった。本を読んでおけばよかった」
・ずっとテレビが好きやった なだぎ武
 →「修学旅行で担任が歌う『なだぎはブタ』の替え歌。笑顔で大合唱のクラスメート」
・ひとりぼっちの転校生 中田敦彦
 →「一匹狼のイケてない中学生活」
・キム兄少年が憧れた、かっこええ大人 木村祐一
 →「坊主頭のキューピッド」

悩みすぎて立ちどまるのは時間がもったいない。歩みを止めず、ゆっくりでいいから歩くこと。つらい時期は終わりが来るから。

(渡辺直美『 みんな十四歳だった! よしもと芸人が語る、何者でもなかった「あの頃」の話』の「人生最大の厄年の乗り越え方」より)


いじめの渦中で悩んでいる方に、この四人のメッセージだけは届いてほしいと思いました。

★僕は奴隷じゃない! 楽しんご
 →左胸に残る奴隷の烙印/リストカット/逃げる勇気を/自分のキャラでいきられる場所へ/耐えたってひとつもいいことはない
★いじめているキミ、私に恨まれるとコワイよ 大島美幸
 →いじめのボス「いじめているつもりはなかった」「あなた、私のこといじめてましたよね?」
★人生最大の厄年の乗り越え方 渡辺直美
 →13.14が厄年だった/『死ね』と書かれた上履き/新しい上履きをプレゼントしてくれた担任
★ずっとテレビが好きやった なだぎ武
 →加速するイジメ/消えた上履き/弁当箱に砂/水着がふんどしに/便器に顔/修学旅行で担任が歌う『なだぎはブタ』の替え歌。笑顔で大合唱のクラスメート/ひきこもり数年/「このままだと死ぬよ」/ひとり旅で殻を破った


みんな十四歳だった! よしもと芸人が語る、何者でもなかった「あの頃」の話

東條真紀
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】3月以降で承ります
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
四柱推命&算命学でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー入門講座 浜松計画中
ライフオーガナイザー二級認定講座 浜松静岡計画中

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)


JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
<< | 2/22PAGES | >>

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ