トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 捨てたモノ10/30 | main | 捨てたモノ10/31 >>
[捨てる!格言21]いつか必ず遺品になる
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

いつか必ず遺品になる

このままじゃいけない。とは思う。
でも、捨てられない。
もったいない。いつか使うかも。誰か使うかも。
やっぱり捨てられない。でも使わない。

そんな私に。

今楽しくお話している仲間たちも、皆、100年後には一人として生きていない。

自分もあと50年もすれば生きていないんだから(たぶん)。
もしかしたら30年、10年もないかもしれない。
1年だって確実な保証はない。

「その時」がきたら、否応なく持ち物はすべて遺品となる。
必ず。

その時に、使いたい、捨てたい、売りたい、と思っても絶対無理。
その時に、しておけばよかったと悔やむだろうと思うなら。
今すぐじゃなくてもいいから、始めよう。

縁がなかったモノを少しずつ手放していこう。
モノをあるべき場所へ移していこう。
売ったり、あげたり、使ったり、捨てたり。

そうして「その時」に「後は頼んだ!これくらいは許してね」と思えるくらいになってたらいいなと思います。

いつか必ず遺品になる

※他の「捨てる!格言」はこちらから。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├2.捨てる!格言集 | 固定リンク | comments(10) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
はじめまして☆
…というか、以前企画でお世話になりましたm(_ _)mコメントしに来るのが物凄く遅くなってすみません!!失礼をお許し下さい。

この言葉ガツンときました!!誰しも平等に訪れるものですもの。シンプルでどんな言い訳も通用しない言葉。駄目人間なので、ついつい「でも…これは〜だし。」とか言いがちなので^^;流石に「私は不老不死なの!」とは言えませんから(笑)
また遊びに来させて頂きます♪
| ゆらね | 2008/10/30 1:26 PM |
うわぁードキっとしました。
実家にもまだ自分の荷物置いてたりしてるんですが
絶対に他人には処分させたくないものがあります。

私もその時がきた時は安心してお願いできるようにしたい…。
| あっきー | 2008/10/30 4:23 PM |
まったくその通り!
私にとっては必要でも、
きっと残された人にとっては必要ないもの。

母親にはそろそろモノを減らしておいてねって
言ってはいますが・・・。

自分もいつ事故にあうか分かりません。
(海外旅行前はこの汚さでは死ねないと思ってました。)

減らすぞ!!!
| sai1997 | 2008/10/30 6:06 PM |
本当にそのとおりだと思います。

捨て作業1ヶ月を終えました。
物と向き合うこと(捨てられない理由を突き付ける)は、今の私に必要だったのです。
それは「手放すこと」の練習、前から思っていた「死んだら全部ゴになる」、なら早いうちに「必要なものだけ」にするには今やらないと、と漠然とどこかで焦ってたんだと思います。

乱暴に言えば最後必要なもんなんて、なーんもないんだな、と。
自分の始末もしないといけないので(笑)、なるべく手放して身軽でいたいです。
| torizoh | 2008/10/30 9:16 PM |
本当にその通りですよね!!
この言葉を見て、好きだった本も処分出来ました
(置いてあるだけで読み返す事もないし)
後に残るであろう、子供たちに迷惑をかけないように
以前の「今やれば今すぐ片付く」と共に
パソコンの傍に貼っておきました
いつも心に響く言葉をありがとう
| kurara | 2008/10/31 1:29 PM |
>ゆらねさん
こちらでははじめまして。
とんでもありません。こちらこそ、メールもしないままだった失礼をお詫びします。m(. .)m
ほんと、不老不死な人は誰一人いないんですよね。
ついついそれを忘れていいかげんに日々を過ごしてしまっているなあと思います。
といって焦って暮らすのももったいないので、毎日を丁寧に、味わいながらが一番ですね。
またお越し下さると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
| ゆらねさんへsonica | 2008/10/31 3:32 PM |
>あっきーさん
コメントありがとうございます。
そう、これに関しては例外がないんですよね。
エジプトのファラオなんかもものすごいもの用意しておいて、やっぱり使えない訳で。あれはあれで遺産としてすばらしいものですけど、でも、自分がいつかまた使う、というわけではないですし。

『絶対に他人には処分させたくないもの』

私もあります!心残りのないように、すこーしずつすっきりしていきたいですね。
| あっきーさんへsonica | 2008/10/31 3:32 PM |
>sai1997さん
共感いただいてありがとうございます。
親にも伝われば…でも昔の人だし捨てられないしある程度はしょうがないよなあと思ってたら、なんと、親の方が捨てられるというか手放せる人になっていました。
父の弟にあたる人の家の整理を夫婦でしたそうで、1週間片付けに費やして、そこで痛感したそうです。何もあの世にもってけないんだなあ、と。
新品の背広なんかももったいないけど父は着られないし着ないし、分別は
大変だし、それ以来物を手放す手放す。びっくりです。
私も負けてられないわ、と思ってます。
ガラクタは減らしましょうね!
| sai1997さんへsonica | 2008/10/31 3:33 PM |
>torizohさん
コメントありがとうございます。
一ヶ月がんばってましたね。
カバンを捨てたあたりは圧巻でした。カビてても私も捨てられなかったもの。
使わないくせに。いまいちな靴なんかも。
モノじゃなくてやっぱコココなんですよね。問題は。
どちらかだけ片付けることはできない。どちらも片付くときは一緒にすっきり。

「最後必要なもんなんて、なーんもないんだな」

ほんとそうですね。
最後に残すのはできるだけケアされた自分の体、にしたいです。(すぐ焼くんだけど)
| torizohさんへsonica | 2008/10/31 3:33 PM |
>kuraraさん
コメントありがとうございます。
わ、捨てるの無理しないでくださいね。

ほんと私も生きてるうちしか(しかも元気で体が動くうちしか)片づけはできないんだと思ったら、今のうちにやらなくちゃなーという気がより強く感じられてきました。

今やれば今終わる」も私も言い聞かせて自分を励ましてる毎日です。
今日こそ、あれこれやっちゃうぞ。

一緒にがんばっていきましょうね。
| kuraraさんへsonica | 2008/11/01 9:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/855888
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ