トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ9/8 | main | 捨てたモノ9/9 >>
[読んだ捨てる!本69]ドンナ ウォルター マーク フランクス『イギリス式暮らしのシンプル整理術―心とお部屋のおかたづけ』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

イギリス式暮らしのシンプル整理術―心とお部屋のおかたづけ
イギリス式暮らしのシンプル整理術―心とお部屋のおかたづけ
ドンナ ウォルター マーク フランクス Dawna Walter Mark Franks 奥野 節子
ダイヤモンド社 (2003/11)

物の乱雑さと、心の乱雑さは同じ。

レイキマスターでもある著者の一人がおっしゃることは、風水マスターのカレンさん(『ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)』)ととてもよく似ていました。
つまるところ、伝えたいメッセージはひとつ、なのでしょう。

物に執着することなく、大切なものに囲まれたシンプルで心豊かな、今を生きる暮らし。
やっとその芯みたいなのが私も見えてきた気がします。(できてきた、と言いたいところですが…)

心に残ったところ。

物がたまり始めたのがいつからなのかを、思い出すことが大切です。そのとき、あなたの人生に何が起きていたのかを考えてみてください。さらにその数年前には何が起きたのかを考えてみましょう。(略)私たちの心というのは、風変わりな方法で不幸な出来事を処理することがあるものなのです。」(p29)

理由が、確かにあったのかもしれません。

当時はほんとに混乱していました。と振り返ってみて思います。
混乱することでごまかしていたのかもしれません。

ごまかしていたのはモノではなく、見栄だったり世間体だったり、あきらめだったり、頑なさだったり、過去にとらわれて未来を必要以上に恐れて、今を生きようとしない自分。

直視したくない現実、自分の内面から目を背けることは、目の前のガラクタからも目を背けることになり、できるべくしてできた汚部屋だったのだと今は思います。

それに気づいたけれど、どこから手をつけていいかわからない時は。

いつもいちばん簡単な問題を最初に解決してください。それによって大きな変化がもたらされることが実感できれば、もっと難しい感情的な問題にも取り組んでいく勇気がわくでしょう。」(p45)

小さな一歩が重要なのだということ。

この本では不用品やガラクタを「ジャンク」と表現していますが、読んでいるうちにいまだ捨てられずに大事に(いや、ただ見ないように)しまいこんでいるあれこれがだんだん「ジャンク」に思われてきて、処分したい気持ちが高まってきます。

もはや時間を作ることが難しくなったり、楽しめなくなったレジャー用品や趣味の道具はすべて処分してください。
(略)
なぜ、いらなくなった物を持ち続けるかを理解することで、あなたの現在のライフスタイルに合った趣味を楽しめるようになるでしょう。
」(p79)

心の中の本当のあなたが何を言おうとしているのかに気づいてください。」(p80)

ガレージにある80ccの草レース用バイク、乗りたい?
レースに出る?
ブーツやパンツもどこにあるかわかる?
買い替えたい?
押入れの奥のろくろ、土も買って手びねりで何か作る?
焼いてもらいに行く?
アホみたいに集めた封筒に便せんにポストカード、全部自分で出せると思う?
キモノもあんなにあって、着る?

あああ、ジャンクがいっぱい………。

これらの処分をしながら、繰り返さないようにするためのアドバイス。

何かを習慣づけるためには、繰り返し努力をすることが必要です。自分自身が向上するために何かを習慣づけたい場合、それを毎日の活動に組み込まなければなりません。現実的に実践していきましょう。そして、実際に自分ができそうなペースで日常の活動を決めることです。」(p85)

いい習慣の奴隷になりたい、その習慣から外れると居心地が悪くなる、そんな風になりたい、と思います。
床に物が置かないのが習慣になり、何かあると落ち着かない。
いまだに例外(家族のは気になるのに自分のは平気。さ、サイテー。)があったり、キッチンカウンターの上はついついいつでも何か置きっぱなしにしてしまうし、まだまだけど、少しずつ。

といって無理してもいけないのでさらに陥りがちな「だけどできないもん!」に対して。

その活動を楽しんでいるのか、それとも仕事のように感じているのかを考えてみるのです。
もし楽しんでいないなら、やめてください。つい実行することを忘れてしまうようなら、なぜなのか理由を考えて、必要な解決方法を実行してください。
」(p85)

無理は続かない。

3章「かたづかないのはどこですか」では本や新聞、バスルーム、洋服、思い出の品と片づかないモノ別にアドバイス。

もし、あなたが過去の出来事によってがんじがらめになり、身動きがとれないと感じているなら、その思い出が詰まった品物をじっくり見てください。その出来事と正面から向き合うことによって、辛かった気持ちを消し去り、今という時間を生きることができるようになります。」(p104-105)

ぜひとっておきたい思い出の品物リストを作ることも提案されていて、なぜとっておきたいか考えて、手入れもされずすぐに楽しめるような場所に置いてないのならば捨てよう、と。

うん、手入れしないものはなくてもいいんですよね。
このリスト作りはやってみる価値がありそうです。

何か状況に変化が起きたら、すぐに対処することを学ぶのが大切です。何かが壊れたら、すぐに修理してください。」(p149)

すぐやる今やる、という習慣はとても大事だし生活をがらっと変えるし、人生も変わる、とつくづく思うようになりました。
何より、その方がラクだと。
紙類を積もらせてあとでまとめて処理、なんて考えただけでもうんざりだけど、手にしたその時にすべて処理してしまえば、物理的にも精神的にもスッキリ!

これもまだ自分のものにしきれていないので、これからの課題。
がんばれ自分。

4章「心にもおかたづけを」。
シンプルで心地よい毎日を送るために、大事なのはモノが少ないだけではなくて、心のガラクタ、ジャンクも片づいていることが大事。
しかもそれを当人が心からそう望んで初めて変わることができるのだろうな、と思います。

昔、いっそ災害にでもあったり、とにかく全てを捨ててしまえば一からスタートですっきりできるのに、と思ったことがありますが、私自身が変わらなければ、きっとまた溜め込んで同じことになっていたと思います。

片づかないのは物が多いからではない。
私の心が片付いていないから。

問題の根源を調べない限り、同じ状況が何度も繰り返し現れてくるでしょう。」(p160)

そのために気をつけること。

状況を客観的に観察し、現在起きていることだけに取り組んでください。(略)現在の瞬間に生きるためには練習が必要です。」(p172)

今を生きる。

最近このメッセージがひっかかるようになりました。
今(present)が贈り物(present)。

今という贈り物を大事にする。
意識していないと大切な今の無駄遣いになってしまう。

「今、ここ」今日一日だけ、というのはレイキの原則やアルコール中毒更正会で使っているプログラムでも重視されているそうです。

目標を高く掲げるのはいいことだけれど、一度にそこへ行くことはできない。
そこへ行きつくための、今できる一つを意識してやってみる。
一つできたらもう一つ。
そしてそれを習慣にする。

大切なのは意志。
前向きな気持ちになれる一冊でした。

自分が望むものは何でも達成できるということを思い出してください。そのためには今日から取りかかってください。一度に一歩だけでよいのですから。」(p198)

イギリス式暮らしのシンプル整理術―心とお部屋のおかたづけ
ドンナ ウォルター マーク フランクス

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(6) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
はじめまして。momottiと申します。
いつもこっそり覗かせていただき、片付けなどのやる気を頂いております♪
本の内容もさることながら、sonicaさんの「いい習慣の奴隷になりたい、その習慣から外れると居心地が悪くなる」との言葉の方にドキッとしました。
私も、いい習慣の奴隷になるべく、一歩ずつ頑張ります。
| momotti | 2008/09/08 12:35 PM |
どれもこれも心に響くわ・・・
あたしも昨日立ち寄ったコンビニで文庫本サイズの片づけに関する本を立ち読みしました
504円だったので買おうか悩んだのですが・・・w
捨てることができていないあたしがまた物を増やしてどうする!と思いとどまりましたw
3分掃除をするって感じの本だったんですが、やっぱり基本は同じ
自分に見合ったものと見合った分量のものと暮らす
簡単なようで結構難しいもんですよね
あたしももうかれこれ数年行ってない釣り道具を処分する時期になったのかしらね?w
| ぷー | 2008/09/08 12:53 PM |
今の部屋の状態は、ワタシの心の状態を表現しているようだ。的なことを昨晩書いたばかりだったので、すごく驚いて夢中で読みました。

古くてロクに使っていないメイク用品。
しかも、それは今のワタシからすればブルジョワな(贅沢すぎる)ブランド品だったりして、ものすごく葛藤しています。安物だったものは、見切って捨てたものもありますが、高かったそれは、まだ捨てていません。
あと10年待つ間に使う気になる?
自問自答して、NOなのに思いきれない自分がいます。。。
いろんなことを引きづって、今を生きずに過去を生きているなぁと思います。
最後の引用の言葉に救いを見た気がします。
今日も一歩だけ、がんばろうと思えました。ありがとうございます☆
| 浅田 まき | 2008/09/08 8:11 PM |
>momottiさん
初めまして。コメントありがとうございます。
わたしもいろんなブログをこっそりのぞきまくってます。^^
やる気が出るとおっしゃってくださってありがとうございます。
それをやる気に、やっとこれだけできてる状態です。

奴隷の例えは、たしかcaliforniamamaが教えてくれたこと。
習慣、これにつきますよね。ダイエットも何事も同じで、その時だけがんばったって(無理したって)続かなければダメなんだろうなあと。
回り道なようで、それがいちばん成功への道なのかなと思うようになりました。
お互いいい習慣の奴隷になれるように意識していきましょうね。
| momottiさんへsonica | 2008/09/09 6:10 AM |
>ぷーさん
コメントありがとうございます。
片付け本を手にして思いとどまったんですね。
本屋の棚の書籍というのはどうしてああも魅力的なのでしょうね。
私もそれがあるからあんまり近づかないようにしてます。もっぱら図書館予約。
青ポットさんが5分だけがんばる、と書いてましたが3分掃除も同じですね。
私はあと、「一カ所だけ」とか「出すだけ」とか言い聞かせながら
片付けたり放置したり。
自分に見合ったものを維持するって自分を知らないといけないんですよね。
難しい。でもできるようになりたいです。
釣り道具…、うちの相方のもいろいろあるけど、全部はいらないはずだー。
そのうち自主的に捨てだすかなぁ。
| ぷーさんへsonica | 2008/09/09 6:11 AM |
>浅田 まきさん
おはようございます。コメントありがとうございます。
物と心はリンクしてるなあと思うようになりました。ありますよね、それってね。まだどちらもごちゃついてるけれど。

メイク用品、高いのはほんと高いから(それにいいものだろうから)葛藤もあると思います。もしかしてNOだけど使うことがある、かも?
今もそれを買った時のきれいでいたいとか前向きでいたいとかそう思っていた頃の自分を大事にしたいのかなあと思いました。その気持ちを忘れたくないのと捨てたくないのがリンクしてるのかも。
だったらまだ手放すときじゃないのかもしれませんね。
今日、一歩だけ。それでいいんですよね。それが、いいのだとも思います。
やっぱりムリは続かないし。
ぼちぼちいきましょうねー。
| 浅田 まきさんへsonica | 2008/09/09 6:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/761404
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ