トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 100日オーガナイズ(二回目):75日目 冷凍庫を整える | main | 100日オーガナイズ(二回目):76日目 取扱説明書のチェック >>
『片付けられない女の家族』が教えてくれたこと
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

たまに読み返し自戒としたいので是非本にしてほしい、と思ったブログをご紹介します。

※2008年8月にアップした記事です※

壮絶な、お片づけの記録です。

このブログを読み、捨てられないまま年老いて、残された夫や子ども達にこんな思いをさせたくない、自分がこの世を去る時までにスッキリしたい!しなくては!と心底思いました。

片付けられない女の家族
http://katadukekazoku.blog88.fc2.com/

とつぜん「余命あとわずか宣告」を受けた母の汚宅を片付けることに。必死の努力で病人の生活する空間を作ったものの、自分の病状を知らない母はキレまくり。さてどうしたものか、迷走中・・・。

との紹介で始まったブログは3ヶ月で64エントリー。
お母様の逝去、『告別式の後 (08/02/23)』という記事を最後に終わっています。
お母様のご冥福と、心優しいブログ主さんが今は幸せに暮らしてらっしゃることを心よりお祈り申し上げます。

以下、心に残ったところ。

どんな家族も完璧ではないし、

自分にないものに反応しても仕方がないんだけど。

いまだに家が苦しい場所でしかない私としては、

この歌を聴くとヒリヒリする。

そして親を大切に思えない自分がダメ人間に思えて、

鬱になる。


誰でもそれぞれに何か欠落感があって、

そのせいでちょっと過剰に反応してしまうものがあるとすれば、

私の場合はこういう "親への感謝モノ" だったりする。


私にもある、過剰に反応してしまうモノ。
公言したら人でなし、と思われそうなモノだったり。
昔はそれで劣等感を持ったり、自尊感情が持てなかったり。
今でも時々苦しくなります。

でもそれは成長の過程で学習してしまったことで、そう感じてしまう感情は変えられない。
変える必要はない。
そういう自分も受け止めていけばよいのだと、少しずつ思えるようになりました。

こういう普通の家族の時間を、

家族みんなが元気なときに持ちたかった。


振り返って見るに私が育った家族も、『普通の家族』とはちょっと違っていて、それぞれがありのままで受け入れられる、と思えないまま過ごし、大人になりました。

だから今、家族(夫、息子、娘)がほんとに私のことを大好きでしかも「だいすきー」と言ってくれることが不思議でなりません。
嬉しいけれど、慣れてないから困惑してしまっている感じ。

愛玩犬っぽい娘には「だいちゅきー」とできるのですが、それも心から大好き!というより「大好きごっこ」をしてる感じ。
リハビリ中、みたいなもんなのかなぁ。

彼らのほんとの大好きの輪の中に、私も入っていけるようになりたいです。
それが私の理想の『普通の家族』。

「余命3ヶ月だったらまず家を片付けて身辺整理して、それから・・・・」

ということばをたまに聞く。

でも誰もが死亡3ヶ月前に予告を受けられるわけではない。

死ぬ前にやりたいこと。

それは死ぬ前じゃなくて、今元気なうちにやるべきことだと思う。


私も死んだらあれもやりたかった、これもやりたかった、やっておかなくちゃ
いけなかった、と悔やむと思います。
間違いなく、確実に。
それがいやなら、今、始めなくちゃ。

母の脳内では、すべて自分には非がないことになっている。

よくこれだけ人のせいにできるものだと、ほとほと感心する。


ほとほと同じように相方に感心されてる(愛想つかされてる)私、胸に刺さりました。
不安の裏返しなのかもしれないと思いますが、非があっても自分は大丈夫と思えるようになりたい。そして非を素直に認められるようになりたいです。

整理整頓についても示唆に富んだ記事がたくさんありました。

とは言っても、財布って油断するとすぐにいっぱいになる。

そうすると自分が何を持ってるのか把握できなくて、

いざ使えるときにサービス券を出せなかったり、

また同じスタンプカードをもらってしまったり。



でもたいていの人は、

ちょっと時間を見つけてそれを整理するはずだ

そのやり方はそれぞれ人のキャパによって、

全部捨てたり、あるいは超細かく分類したり、と違うだろうけど。



そうやって、日々ちいさな手間を積み重ねるのが生活というものなんだと思う。

財布の中の状態は、その象徴じゃないだろうか。


日々積み重ねる小さな手間。
これを面倒がってた結果が、汚部屋。貧しい人間関係。ストレス。不眠、鬱。
最悪の時期から変わってきた(sonica基準)今、その大切さが身にしみます。

自分の生活・行動パターンを見直して、

「自分は何をすべきで、何がやりたいのか」

「処理能力はどれくらいなのか」

「財布が機能する容量の限界はどれくらいなのか」

を考える。

そこで限られた小さな空間の使い方を考えて、

ふさわしい場所に定位置をつくる。

そして「このカードは当分使わないから引き出しにしまおう」

「このサービス券はいつも出せないから目立つところに入れよう」、

「必要なレシートは取り出して保管しよう」

「捨てるのは嫌いだから今後いろいろ受け取らないようにしよう」

と判断して、行動する。


すっきりと、きれいに、気持ちよく暮らすキモ。

新しく増えていく物を永久に全部手元にとどめるなんて不可能。

だから本当に必要なものを大切にするために、

不要なものは処分するし必要以上に物は増やさない。

私はそういう生活がしたい。


高価なものじゃなくてもいいけど、

気に入ったものを長く大切に使うという発想がまったくないらしい。

そのくせ 「自分は物を大切にする人間だ」

と思い込んでいる。


痛いです。
大切なものを大切にすること、メンテナンスや慈しむ心が欠けてると思います。
庭の花を植えたらそれで終わり、とか。
きものも着たあとの手入れをしない、とか。
バースデーカードも買って満足、しまいこむ、とか。
きれいにした後、それを維持する、とか。
使ったモノを元に戻す、とか。

これも少しずつ習慣にしていきたいと思っています。(思うだけじゃダメなんだよね〜)

すごく使えると思った、ブログ主さんが教えてくれた、すっきり暮らすコツ。

何が家にあるか、把握

↓    すべての基本。ただし、大まかでいい。全部覚えられる人なんてほぼいない。
↓       必要なのは、知りたいときに簡単にアクセスできること。
↓       扉の前に物を置いて、ふさいでしまうなどは厳禁。

↓    また、自分でわかりやすいジャンル分けが大事。
↓       第一段階は大まかでいい。
↓       「えーと、そこ探せば必ずある」くらいに。
↓       ただし、分類不能boxも必要。
↓       買い物を袋のまま置いておくのは厳禁。
↓       とりあえず食べ物は台所に、洗面用品は洗面所に、など。  

↓    そして、いくつかのものはあらかじめ定位置を確保しておく。
↓       いつも出しっぱなしで気になるものを把握。
↓       古新聞、買いだめしたもの、郵便物、書類など。    
↓    
↓       
↓    あとは、同じものは一箇所にまとめておくこと。
↓       修正液・マジック・ポストイットなどの文房具。
↓       洋服・バッグ・アクセサリー。調味料。ポケットティッシュ。
↓       増えがちなものは、なんでも。 
↓         

増やすときにはしっかり考える

↓    家にあるものを把握していれば、同じようなもの、ダブってるものは買わなくなる。 
↓    
↓    ジャンル分けして整理ができていれば、場所が確保できるか判断できる。
↓    また、100円ショップなどの仕分けボックスも具体的に選びやすくなる。


定期的に調整する  
     一度に完璧にはできない。
     「どうもこのへんが片付かないな」と思ったら、アレンジ。


過去を、なにもかもそのままの形で保存するなんて不可能だ

そう。
だから、形を変え、保存しやすい形にして、思い出しやすい形にしていきたい。
過去にしがみつくのではなく、振り返れば(整理されて)そこにある、という存在にしていきたい。

生かしてあげなきゃ、物も浮かばれないよ。

ほんとにそう。
ブログ主さんの痛みを受け止めて学んだことも、生かしていきたいと思います。
これから、これから。
生きているうちに。元気なうちに。できるうちに。

この夏のおすすめ。
片付けられない女の家族

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ↑片付け・収納のお役立ち情報がてんこもり
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|└5.汚→美部屋なブログ一覧 | 固定リンク | comments(9) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
全部読んできました。

なんというか・・・
言葉が出ません。
わたしは 説明が下手なのですが、sonicaさんに
小川糸 の 「カタツムリ食堂」を 今この時期に 読んでみてほしいです。

今読んできたブログと カタツムリ食堂 の世界が、
頭の中で ぐるぐると回ってます。

| まっち頭 | 2008/08/16 1:10 PM |
sonicaさん、こんにちは。
一気に全部読みました。

すさまじいですね。
そして書いた人の文章はムダがなくて的をついていて
まさに文章はその人となりを示してるのだなぁと強く感じました。

繰り返し読みたいと思いました。良いブログを紹介してくださってありがとうございます。
| 浅田 まき | 2008/08/16 2:03 PM |
>まっち頭さん
こんにちは。コメントありがとうございました。
全部読まれたんですね。ぐいぐいとひきこまれて、私も一気読みでした。
そして何回も読みました。
読む度に、大切で重いメッセージを教えてくれるブログですよね。

「食堂かたつむり」読んでみますね。

お片づけ、何のためにするのか、考えながらこれからもちょこちょこと続けていきたいと思います。
| まっち頭さんへsonica | 2008/08/17 3:05 PM |
>浅田まきさん
コメントありがとうございました。
浅田まきさんも一気読みされたんですね。

すさまじいです。
彼女のお母様はかなりため込んでしまった方で、彼女はほんとうに大変だったと思いますが、程度の差はあれ、あれが私でないとは言い切れない。
残された人たちにあんな思いをさせたくない、と強く感じさせてくれて、ありがたいと思います。
これからも、ブレたり迷ったりした時に、読み返して自分に喝を入れたいと思っています。
こちらこそ、共感してくれてありがとうございました。
| 浅田まきさんへsonica | 2008/08/17 3:08 PM |
読んできました。
心がとても痛くなってきました。
財布ヒトツきちんとできない私、性分を変えなくては…と反省しきりでした。

リンクして頂いてたブログ、諸事情で公開できなくなってしまいました…。
頑張って再開できるように、今準備しています。
申し訳ありません。
こちらには毎日遊びに来させてもらってるので、10大ニュースも頑張りますね。
更新楽しみにしています。
| アゲパン | 2008/08/19 9:29 AM |
>アゲパンさん
コメントありがとうございます。
ほんと、痛い思いをたくさんするブログですよね。
でも逃げてちゃいけないなとも。
アゲパンさんも財布苦手ですか?!
私も全く習慣づいてないので財布も鞄も気がつけばごみだらけ。
そんな母なので、子ども達も面談でお片づけができてません、と指摘され、このままじゃいけない!と思っています。
少しずつ、変えていきたいですね。

ブログ、公開できなくなったのですね。
いろいろあるし、私もいつそうなるかわからないし、無理されないようにしてくださいね。再開されるとのことなので、それを楽しみにしています!
ニュースも焦らずぼちぼちとやっていきましょうね。
| アゲパンさんへsonica | 2008/08/19 7:49 PM |
今から読みに行って来ます。
教えてくださってありがとうございました。

まっち頭さんオススメの食堂かたつむり、
タイトルは知っていたけど未読でした。
わたしも、近いうち読んでみようと思います。
| M | 2015/09/03 10:00 PM |
先ほどのコメントから、ちょいと時間があきましたが
読んできました、全部一気に。
考えさせられますね…。

そっかこれ’08年の記事だったんですね。
そのときは読んでなかったのかなぁ。
| M | 2015/09/04 1:48 AM |
>Mさん
こんにちは!全部読まれたんですね。読みやすいしメッセージも強いので、読み始めると止まらないですよね。
たかが片づけ、されど片づけ。
自分も周囲も気持ち良く、いい関係で暮らしていくために、
した方がいいこと、しない方がいいこと、作送りすると困ったことになる、などなど、じゃあ自分は?と考えさせられますよね。
たいせつなことを教えてくださって、ありがとう、の感謝の気持ちです。
| Mさんへsonica | 2015/09/04 9:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/754939
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ