トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ3/7 | main | 捨てたモノ3/11 >>
[読んだ捨てる本62]金子 由紀子『シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす―早く帰りたい、ずっといたい家にするハッピー・ミニマム整理術』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら


シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす―早く帰りたい、ずっといたい家にするハッピー・ミニマム整理術
金子 由紀子
すばる舎 (2007/09)

シンプルライフを送りたい、でも具体的にはどうすればいいの?
そもそもシンプルライフってどういう暮らし?

という方におすすめなシンプルライフ入門本。

いろいろ読んできましたが、これ一冊で数冊分網羅されてます。
もっとスピリチュアルに、とかもっととにかく捨てまくるなら、とかそういうのにお勧めな本もありますが、シンプルライフなら私はこれかなりおすすめです。

シンプルライフの心地よさと、具体的な手立てが紹介されているところがよかったです。

いっぱいはさんだ付箋の中からいくつかご紹介。

言ってみれば、錯覚を利用して自分を騙すわけだが、苦痛なく片づけができるようになるという点で、いかに自分を騙すかを考えることは、とても重要だ。」(p25)

歩くように、呼吸をするように、無意識にきれいにする、片づける、それを維持する。それを騙したりおだてたり、どんな方法でもいいから、自分にあった方法で、習慣化していく。

気合い入れて(イヤだけど)掃除するぞ!ではなく、ちょこちょこっときれいにする、片づける、戻す、ああこれって気持ちいいなーこの環境好きだなーと思えるようにする。

そのために何をどれだけすればいいかは人それぞれですが、自分なりの最低限はどういう状態か、を決めること気づくこと(あきらめること?)はとても大切。
というか必須。(師匠も繰り返しおっしゃってました)
著者の金子さんの最低限も紹介されています。

私の場合は、リビングの上、パソコン机の上、カウンターの上、ダイニングテーブルのにモノがない、洗い物が残ってない、かな。(できてませんが。てことはこれを最低限にしちゃいけないのかしら)

この最低限レベルを維持するために何をしないといけないか、何さえできていればいいか(たとえばカゴにまとめちゃう)、書き出してみて、一つ一つクリアしていくことで、理想の状態に近づけるのでしょう。

何ごともちょっとずつ、が大事なのでしょう。

居心地のいい家は自分も家族も幸せになれる。人を招きたくなって人間関係も豊かになる。
そんな家を実現するためのモノに関するポイント。

・要りもしないモノがないこと
・要るモノがいつでもすぐ出てくること
・そしてそれが、すべて自分の気に入ったモノであること
」(p41)

モノを厳選する。
要らないモノを処分する(捨てる、あげる、売る、使う)。
買う前に収納場所を考える。本当に欲しいモノ必要なモノであればそれを用意できるはず。
捨てる痛みを無駄にはしないように。

花を飾ることにも金子さん言及。

これは飾りではないのだ。センサーであり、調整弁なのだ。」(p103)

せかせか、いらいらしている自分に花が問いかけてくる。

それってそんなに大事なこと?
そんなに急がないとダメ?
余裕なくなってない?
ちょっと一息つこうよ。大丈夫だよ。

で、花瓶を持って洗面所やシンクで水を入れ替える。
枯れてきたのは切ったり、レイアウトを変えてみたり。
そろそろ次のお花を買いに行きたいな。今度は何にしてみようかな。
春らしいのがいいなぁ。
ペットボトルの仮花瓶じゃなくてちゃんとしたのが欲しいなあ。

と、肩の力が抜ける。
自分を取り戻すという感じでしょうか。

たかが花、だけどされど花。

その力を知ってから、花を欠かすことを恐れるようになってきたという金子さん。
私もわかるようになってきました。それが嬉しい。

普段遣いにいいものを!もシンプルライフのお約束。

どうせ毎日使うのなら、うんと気に入った、見るたび嬉しくなるようなものを選べばいい。」(p118)

すべてを自分の家に抱え込み、誰にも文句を言われないように揃えておく必要は、どこにもないのだ。」(p122)

これ、すこーしずつ実現できてきました。
ダイニングテーブル食器タオル洗濯ピンチハンガー掃除機鉛筆削り電卓ティッシュボックス、etc.。

食器もひとまず白!で「うんと気に入った」というよりは「ストレスがなくなった」という段階だったり、タオルもまだ中途半端だったりとまだ改善点はありますが、それでも「気に入ってない、嬉しくない」モノばかりに囲まれてた頃より、ずっと心地よく過ごせています。

たかがモノ、されどモノ。

ほんとうにそう思います。

この本を読んで今後トライしたいと思ったのは、シーツ。
金子さんが使われてる平織りリネン、いいみたい。

眠る時に幸せな気分だと、見る夢も、寝起きも、やっぱり幸せになれる気がする。」(p126)

気に入ったものをひとつ、持っていれば、それ以上欲しい気持ちにはならないものだ。」(p127)

これも実感できるようになってきました。それでもまだまだ。
少しずつ、どんどん自由になっていきたい。それが楽しみ。

そのために必要なこと。

『本当に欲しいもの以外、買わない』
と思っていても、『本当に欲しいもの』を極力具体的にしておかないと、目についたちょっと素敵な商品を、本当に欲しいものと勘違いしてしまう恐れがある。

(p136)

そのために、物欲リスト、欲しいモノリスト、買い物リストが有効なのだと思います。3日考えてから買うとか、お金を貯めて買うとか、自分なりの方法を見つけることが効果的なのでしょう。

モノ選びでおお!同じ!と嬉しくなったのは洗濯ピンチハンガー。
金子さんもうんざりしたあげく、ステンレス製のちょっと高価なからまないタイプを購入。

その日から、洗濯物干しが楽しくなったこと!
イヤだなあ、もっと早く買い替えればよかった!
」(p166)

圧力鍋もそうなのかなー(←何年言ってる)。
バーミックスもそうなのかなー。

食器洗い洗浄機もホームベーカリーもそうでした。
失敗もあるだろうけど、こういう楽しみと楽を自分にプレゼントするのっていいんじゃないかと思います。

最終章では、具体的な行動ではなく考え方についてレクチャー。
いろんな本で書かれてますが、「優先順位をつける」。

やりたいことをリストアップ。
できなくてもあきらめない。
ちょこっとでもできたらほめる。
期限はフレキシブルに。

毎日、毎週、毎月、1年以内に、ここ数年以内に、十年後までに、死ぬまでに。

絶対しないといけないこと、できればしたいこと、した方がいいこと、しなくてもいいこと。

これを書き出して、ちょっとずつやってみる。

大切なものさえ守れればそれでいい、そう思えれば、そんなにキリキリセカセカしなくてもすむのではないかと思う。」(p185)

毎日は、そんなちょっとしたこころがけと行動の積み重ね。

そして自分がハッピーになれる(それによって家族や友人もハッピーに)シンプルライフは、そんな毎日の積み重ねの結果。

だとしたら、大切な今日を、ちょっとがんばってみようかな、と思える気がします。(き、気だけ?)

Amazon→『シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす―早く帰りたい、ずっといたい家にするハッピー・ミニマム整理術
楽天→『シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/583351
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ