トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< [BEFORE&AFTER(二階ホール)]天蓋ごっこ | main | 捨てたモノ11/4 >>
[捨てる本55]吉田 太一『遺品整理屋は見た!』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

捨てるモチベーションアップ度★★★★☆
もしもリストを作っておきたくなる度★★★★☆
疎遠な人に連絡を取ろうという気持ちアップ度★★★☆☆


遺品整理屋は見た!
吉田 太一
扶桑社 (2006/09/26)

【出版社 / 著者からの内容紹介
孤独死、自殺、殺人…ひとごとのように感じられるかもしれませんが、それらはあなたの隣で起こっていてもおかしくありません。本書は、日本初の「遺品整理」の専門業者として、さまざまな壮絶な現場を経験してきた著者が記した46の「現実にある出来事」。あまりの凄まじさに「覗き見」の興味本位で読み進めていっても、そこからは現代社会が抱えている痛みや狂気が汲み取れます。圧倒的な読後感!】

心に残ったところ。

孤独死に限らず多くの場合、人の死は突然起こります。
たとえ予測されたものであっても、死は生きている人たちの生活のリズムをくずし、精神的肉体的なバランスを失わせます。
」(p111)

死後の遺品整理。
悲しみだけじゃない、実務の煩雑さ、遺された人たちの生活へのしかかる負担。
時間であったり、肉体的労働だったり、金銭的なものだったり、気遣いだったり。
(アパートで孤独死で発見まで時間がかかると死臭がものすごいそうです。)

そんなことも、生きているうちに考えておかなくちゃなぁと気づかされました。

生前から自分の遺品整理を依頼したという顧客の話にはとてもうなづけました。

孤独死が増えている現状、その死後の遺品整理に携わりながら著者が感じたこと。

あのとき、一声かけてあげればよかった。そんな後悔をしないためにもぜひそうしてあげてください。

遠く一人暮らし(に限らないですね、孤独って)の親戚や家族に、自宅に招いたり食事をしたり、といったことを提案。

自分もされて嬉しいことは、人にもどんどん、でも無理のないようにしていくこと。
ちょっとの気遣い、絵はがき1枚、それが違った結果を生むのかなと思います。

教職だった故人の遺品整理をしていてアダルトビデオのコレクションの山を片づけながら感じたこと。

もし、あなたの身に万一のことが起きたら…。
人に知られたくない、見られたくない、あんなモノやこんなモノ…。さて、あなたはそれらをどうしていますか。
」(p169)

一昨年、手紙の整理をしました。
今年、写真の整理をしていて、泥酔してひっくりかえってる写真などどんどん捨てたけど、まだ残っています。
来年には、日記の整理をしようと思います。ほんと、しなくちゃ。

いつ自分が死んでも、残った家族や周囲の人に迷惑をかけないように用意しておくということは、『充実した今を生きる』ためにとても大切なことではないかと、この仕事をしていて思うようになりました。」(p220)

自分がいなくなった後に事務処理で困らないようにと「もしもリスト」を作り始めました。著者が言うように、死ぬためではなく、充実した今を生きるために。

心置きなく生きて、心置きなく逝けたらいいなと思います。

誰もが尻込みする、でも誰かがしなければならない遺品(=遺体の一部だったり死臭がしみついていたり)整理の仕事を使命感を持ってやってくださる方がいることに、ほっとできました。

著者の会社→キーパーズ

遺品整理屋は見た!』←楽天ポイント利用はこちら
遺品整理屋は見た!』←amazonはこちら


読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(6) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
sonicaさん、初めまして。
汚部屋ブログ、いえ、片付け関係のブログでよくお名前をお見かけして、
時々読ませて頂いています。

私も少し死に関わる仕事をしていることもあって、いつも、いつ何が起こるかわからないから突然自分がいなくなっても後の人が困らないようにしておこう、と思っているんですが、
家も会社も散らかったままで、家の中のことも仕事も、私にしかわからないことばかりです。
もしもノートを作っておこう、仕事のマニュアルを作っておこう、と思いながら、日々のことでいっぱいでなかなかできなくて。

このところ身近で亡くなる人が続いていて、いっそう気持ちは焦っているんですが、
何から整理して何から書き出していけばいいかわからず、手付かずです。
この記事を読んで、今晩帰ったら、せめて通帳や保険証書を一箇所にまとめるところから始めよう、と思いました。
| かりの | 2007/11/04 5:09 PM |
>かりのさん
初めまして!コメントありがとうございます。
わ、わ、かりのさんだとどきどきしています。
ひそかにファンでした…。(自己紹介の動画に受けた衝撃が懐かしい!)

いつ何が起きるかわからない…そうですね。
かりのさんにいただいたコメントと、読みかけの本(浅田次郎作。花魁が新撰組に無礼打ちされたシーン)を読んで寝たせいか、今朝は人が死ぬ夢を見ました。
もう何も伝えられない(生きてる方も死んだ方も)。
と思うと生きているってすごいことだし、生きてるうちに!と思いますね。

と思ってるとは思えないとっちらかりっぷり、突っ込みっぷりですが、少しずつやっていくのがいいのでしょうね。
私もどこからすればいいの?な状態ですが、死をイメージして伝えられなかったら後悔しそうな順番にやってくのがいいのかな?というのが今のところ思いついたポイントです。

コメントいただいたのをいいことに、リンクさせていただきました。相互じゃなくて構いませんのでよろしくお願いいたします。
| かりのさんへsonica | 2007/11/05 5:36 AM |
sonicaさん、お返事ありがとうございます。
ファン!?
ありがとうございます。恥ずかしいです。

「…と思ってるとは思えないとっちらかりっぷり」
ほんと、私もです。
気持ちは焦っているのに、伝えられないまま死んじゃったら後悔しまくることだらけなのに、
行動はまったく付いてきません。
昨日も、家に帰った頃にはここで決心したことはすっかり忘れていて、
通帳も証書も、あちこちに散らばったり埋もれたりしたままです。
っていうか、当分これを繰り返して、会社に来て(家のPCがネットできないので)こちらを見るたびに通帳と証書のことを思い出しそうです。
今晩こそ…!
| かりの | 2007/11/05 12:49 PM |
>かりのさん
こんばんは。
今晩こそ!の今晩はきました?
私も今晩こそ、と思っているあれこれのうち、一つをさきほど期限ぎりぎりでやっつけFAXしました。
今晩こそ、といえば、あとは、生協注文、ランドセル注文、メール返信、発送、アンケート送信、あとは…忘れてるけどなんかやばいのがありそう。
結局今晩はやらずにまた明日、なんですよね。
あっ、カウンターの上!
かりのさんのリンクから、ADHDサイトを読みに行きましたが、思い当たることが多すぎ。相方にも「どうしてできないの?」と言われぐさーっと。
もっと知りたいなと思いました。
返信は不要ですからねー。また寄らせていただきます(*^-^*)。
| かりのさんへsonica | 2007/11/07 11:37 PM |
はじめまして。「片付ける」の検索から、フラフラとここにたどりついてしまいました。
面白いですね。手間がかかっています。
本の紹介、わたしも過去に読んだ本がたくさんでてきて、また読みたくなりました。図書館行きます。(でもああシゴトしなくちゃ)

この、遺品整理のところでぐぐっときてしまいました。
実は母が孤独死してしまったんです。。。。

片付け、それはそれはほんっとうにもう、大人4人(兄弟姉妹4人なので)でも4日かかりました。すごいモノの山、山、。

廃品回収の方が飲み物を買ってきてくださるほど。

もしものコーナー「急死したら?」と思い、片付けます。
本当にいつなんどきやってくるかわかりません。

変なコメントですみません。
自分に変化があったらまた報告します。
あ、毎月(ですか?)の目標みたいなところもなかなか読むのがとまりませんでした。
いずれ参加してみます。(このHPブックマークします!)

ではでは失礼します。
| harumaki4719 | 2008/07/01 11:15 AM |
>harumaki4719さん
初めまして。コメントありがとうございます。
harumaki4719さんもお片づけ関係の本をたくさん読んでらっしゃるんですね。
気分転換とモチベーションアップのために、楽しみつつ読んでいきたいと思っています。
遺品整理で切ない思いをされたんですね。
「それはほんっとうにもう」大変だったでしょうね。
自分の祖母の時、母が苦労していたのを思い出します。
引出しいっぱいの、昔は純白だった、黄ばんだ新品ハンカチ。
こういうのを丸ごと捨てたりで、自分はこんなことのないようにしようと思いつつもすっきりするのはほんとに大変です。
いつ急死するかわからないし、少しずつでも行動していきたいですね。
ぜひharumaki4719さんの変化の報告、お待ちしています。
ブログを始めてもいいかもですよ〜。
ニュースもよろしかったらご参加くださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
| harumaki4719さんへsonica | 2008/07/02 6:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/474175
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ