トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 捨てたモノ 2007年の粗大ゴミ | main | 11月の不用品プレゼント! >>
捨てたモノ11/6
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

捨てたモノ

・娘が作ってくれた工作「おかあさん」




左の母の日の工作はが済んだら捨てようと思い、半年ほどパソコンの脇に飾ってました。
そろそろいいかな〜



うーん。
とっておこうかな。

思い出箱へ。

捨てないモノ
・年長さん5歳の娘が作ってくれた工作「おかあさんありがとう」
(保育園で母の日に。)

思い出箱があふれるようになったら(実はすでにあふれかけ)、これよりも重要度の低い、自分の学生時代の思い出グッズを先に捨てようと思います。

思い出もバージョンアップ。

それってきっと幸せなこと。

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├捨てたモノ | 固定リンク | comments(5) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
sonicaさんこんにちわ♪
思い出の物ってとても捨てにくいですね。
sonicaさんちは、思い出箱というものに入れるようにしているのですか?
家の長男も幼稚園に行き始め少しずつ増え始め、どうしたものか頭を悩ませていました。
良い方法があれば伝授下さい。

あと夢を叶える10大ニュースのエントリーぺタありがとうございました♪
今月も頑張ります♪
| | 2007/11/06 1:19 PM |
捨てる、と一口に言っても難しいものですよね。
私は母の遺品を何度も広げては見直し、少しずつ管理できるほどにしましたが、それまでに何年もかかりました。最初の頃は泣きながら捨てましたよ。それこそ家まるごとでしたから、鍛えられました。整理は今もって継続中です。
他界する直前に「捨てていいからね」と言いながら小さな布まできれいに畳んでいた母の姿は忘れられません。
結局ものとの付き合い方って、自分の人生観が現れるんですよね。収納に困らないような広い家があったとしても、やっぱり捨てることは必要なんでしょうね。
| gri-suru | 2007/11/06 6:54 PM |
>桜さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
思い出箱といえば聞こえはいいですが、「今、捨てられないものをとりあえず入れておく箱」です。または「いつか捨てる箱」、「私が死んだらゴミ箱」ですね…。なんだかな…。

子どものものはほんとに、どこで見切るか、ですよね。
ゴミにしか見えない宝物をどこまで精神的に物理的に(空間的に)許せるか、認めてあげられるか、かなと。
ゴミにしか見えない、ってこどもだからじゃなくて、私のものだって、人からみたらゴミだったりするんですよね。うーん。
良い方法は私も知りたく、模索中です。(先日もキレました)
ニュースを利用して、すっきり気持ちいい毎日にしたいですね。
今月もよろしくお願いいたします。
| 桜さんへsonica | 2007/11/08 7:18 PM |
>桜さんへ
たった今もキレました…orz
| 桜さんへsonica | 2007/11/08 7:32 PM |
>gri-suruさん
こんにちは!
gri-suruさんはお母様の遺品の整理をされたのですね。
私は身近な人ではそういう経験がまだないのでその大変さがわかりませんが、お母様が大事にしていたものを処分する(したくないけどせざるをえない)というのはつらかったでしょうね。

ものとの付き合い方に人生観が出る、ってほんとだと思います。
「モノよりコトを大事にした人だったよね〜」
と思ってもらえるような人生にしたいなぁと思います。
| gri-suruさんへsonica | 2007/11/10 1:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/471527
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ