トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ9/27 | main | [BEFORE&AFTER(洗面所)]不安も一緒に使い切る >>
[捨てる本53]夏目♀『片付けられない女魂』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

捨てるモチベーションアップ度★★★★★
意志が強くなった気がする度★★★★☆
毎日を、周囲を大切にしたくなる気持ちアップ度★★★★☆


片付けられない女魂
夏目♀
扶桑社 (2007/09/13)

時折ずしーんとくる厳しさと、心が温かくなる周囲の人(やぬいぐるみや植物や、オカマ)との絆と、きっぱりとした潔さが印象に残った一冊でした。

心に残ったところ。

ただ。最近のあたしは『片づけない』ことが簡単なことだとは思えなくなってきている。
(略)
そのことをはっきりと自覚してしまった今、『片付けない』ことはもうできない気がするのだ。
」(p143)

実はこの次の行からがもっとガツンとくることが書いてあるのですが、ネタというかキモばれになっちゃうので気になる方は借りるか買うかして読んでみてください。
私も肝に命じたいと思います。肝だけに。さむ…。

片付ける、片付けない。
どちらを選ぶのも自由。そして自分の責任。
どちらにしたって、自分で選んだのだ、と思えるならそれでいいと思います。
どちらにせよ難しいことではあるのだけど。

と、当時彼女のブログにコメントしたようなしてないような。
(あっさり脱出を追い越されておいて何この上から発言……あーあー)

会社の先輩の、いい関係なようでそうでもなく、いやでもやっぱりめちゃめちゃいい関係(今日中華料理屋で久々に読んだ『同級生』、切なくなったけどこんな感じ!)じゃないの夏目さん、の「吉田」さんが置いていってくれたサプリのケースを捨てずにとっている理由。

人の嘆きや呟きにはそっと耳を傾け、でも、闇雲に助言はせず、ここぞと言う時に絶妙なタイミングで手を差し伸べることのできる大人でありたいと思わせ続けてくれるモノだ。」(p274)

私にとっての、二階寝室のオルゴールの人形が同じようなモノかもしれません。

もうボロボロだけど、大好きな母方の亡き祖母が買ってくれた人形。
ねたまず、ひがまず、悪口を言わず、どんな辛い目にあっても挫けることなく、穏やかに生きていきたい、その気持ちを忘れないでいるためのモノ。

……たぶん、一生手放せません。

次。反省させられたところ。

語弊があるのを承知で書くと、『片付けているから』『モノを増やさないようにしてるから』なんていう理由で、親しい友人や家族の想いを『迷惑』と思ってしまうくらいなら、そうしなければ部屋が片付かないというのであれば、あたしは一生汚部屋住まいでいい。」(p295)

(以下、語弊はあるのを…とあるので、彼女の意図とは違う揚げ足取りになってるかも)

気持ちはほんとにありがたいと思うけど、モノは要らない、困る、と思うことはあります。
無理して使わなきゃ、飾らなきゃと思うことで実はそうしたくない気持ちとのギャップでストレスがたまり、かなりよくない精神状態になったりもしました。

私がそれなりだから、それなりのモノをいただくわけで、それがストレスだというのもある意味理にかなってるのですが、つらいものはつらい。
だから気持ちはありがたく受け取るけれど、モノは受け取った後で、相手の人が聞いたら悲しむだろう方法で処分したりもします。しています。

でも、それでいいのかな。とちょっと思いました。
殺伐としすぎてないかな、と。
でも今はそれが私の選択。ただここが心に残ったのは、私の中で想いを粗末にしてるよ、大事にしなきゃ、と声をあげた私がいただろうから。
その声を封じないで言い分を聞いてあげる余裕が必要なのかも。

10年かけてこしらえた2つの汚部屋を自力で片付け終えた彼女の感想。

継続は力なり。
無駄なことなんて何もなかった。続けることに意義があるんだと思う。
」(p361)

耳にタコができるほど聞いてきたありふれた言葉が、ものすごく重く、説得力をもって迫ってくる。

やればできる。

ほんとにやればできるんだ!

と、このビフォアアフターを見れば誰でも思えます。
私は思えました。言い訳する余地もなく、自分はやれないのではなくやらないのだ、と気づかされます。

そう、要領が悪くたっていいんですよね。
とにかくあきらめないでゆるーく、地味ぃーに、続けること。

そうして片付けつづけた果てに、目が覚めた、と彼女は言います。

だってこのあたしが、『持ってることがステータス』的な物でなく、人に誇るための物でもなく、安易に買った物でも流行やノリで買った物でもない、そんな薄っぺらい物じゃなく、もっと純粋に、本当に自分が好きだと思える物の中で暮らしたい。って思っちゃったもの。」(p388)

物にもいろんなものがあるということに最近気づいた気がします。
以前は高くて有名な物に価値があり、それをたくさん手に入れることが幸せなんだと思っていました。
実家にはそういう物がたくさん死蔵されていたり、ただたくさんあったり、落ち着かないし豊かな気分にならないけど、不自由はないし(あるけどそれは罰当たり、贅沢な悩みだと)豊かなんだろうな、と思っていました。
自分のものさしを持っていなかった、持とうとしなかった。

今、豪邸でもなくブランド品に囲まれてもなく、まだまだとはいえ物もずいぶん少なくなり、うっかりするとトイレットペーパーの買い置きがなかったりする暮らしをしているけど、豊かさを感じる時間が増えました。

何が好きで何が大切で何はいらないのか、そういうものさしを自分なりにきちんと持つ。そういうことができるかどうか、するかしないかなのだと思います。

ほんとはなくていい、いらない物から受けるストレス、それらに奪われる時間や空間って、なくなってみて初めて気づくのかもしれません。

モモ』が時間の花を取り戻してくれた後のような、そんな感じ。
実際にはまだ灰色の男たちに言いくるめられて時間を奪われてるけれど、そのことに気づいてる状態。だから「しょうがないんだよ」とあきらめない。もっとゆったりと、毎日を慈しんで暮らしたい。
ベッポじいさんのように、モモを信じて。

この本で一番驚愕し、心底私もそこへ辿り着きたいと思ったのがここ。

ちょーっと心にモヤモヤが残ってるけど、でも、部屋にある物をひとつひとつ飽きるまで眺めて、たくさんの物を捨てて、9ヶ月かけてようやく、ゴミ屋敷みたいだった8畳間が、『残しておきたい物だけしかない部屋』になったんだ。」(p472)

しかもそこまでいくのに9ヶ月も?も?も?も?もももももも?

たった9ヶ月で『いつでも旅立てる部屋』(『イギリス式月収20万円の暮らし方 』より)に?
ほんの9ヶ月で『シンプルな家には、自分の必要なものと自分の好きなものしかありません。』(『居心地のいい簡単生活』より)状態に?

早くね?(誰か思いっきり殴ってください)」(p473)とあるけど逆の意味で殴りたい、かも。
殴らないけど突っ込まずにいられません。
9ヶ月やそこいらで『残しておきたい物だけしかない部屋』にたどりついた(しかもあの状態から)彼女はやっぱりスゴい人。
これからも薫陶を受けたい、と思います。

人が内面から変わる。
きっかけは様々だけど、変わりたいと思った時がチャンス。

自分のペースで、たゆまずあきらめずくさらずめげず、笑いも忘れず(これ重要)続けること。
そうすれば必ず道は拓ける。ゴールにたどりつける。
そして過程すらも楽しめる。

また、歩けない時、歩かない時、そんな時期もきっとあっていい。

音楽に休止符が必要なように。
チューリップに冬の寒さが必要なように。
朝顔に闇が必要なように。

それがあって初めて、美しく奏でられる、咲けるのだから。

そういうことを教えてくれる一冊でした。

『片付けられた女魂』を、自分の中にも取り込んで、ゆるぅーくやっていこう!

片付けられない女魂
楽天ポイントを使われる方はこちらからどうぞ。

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
ジャンル毎にまとめたAmazonインスタントストアはこちらです。

そうそう、忘れちゃいけない、写真もカラーで、文中に出てくるブログにもクリックすればとんでいける、ブログはこちら!

片 づ け ら れ な い 女 魂
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(3) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
<殴らないけど突っ込まずにいられません。
9ヶ月やそこいらで『残しておきたい物だけしかない部屋』にたどりついた(しかもあの状態から)彼女はやっぱりスゴい人。

同感、同感。


片付けのノウハウがないから逆にいいって改めて思いましたね。上から目線的な文章は決して無くて、物に対する考え方、価値観など本当に自分を見つめることを教えてくれる一冊でした。
| あきゅーぴー | 2007/09/29 1:46 AM |
おはようございます。今日は雨の土曜日です。
夏目さんのご本、私も欲しいな〜・・・って今頃。いつも時代に乗り遅れております、はぃ。
皆さん大絶賛で、私も感動して涙したいんだけど 今月はお金が(あわわ)
10月になったらお小遣いから買うんだ!ってsonicaさんの記事を読んで益々決意しましたよ。
sonicaさんの本の紹介が大好きです^^とても楽しみにしてるんですよ!
(でも記事を読むと大満足で本は読まなくて良いかもと思うのは私だけかな?)

コメントお返事のお嬢ちゃんとのオノロケ微笑ましかったですよ^^
一緒に習字のお稽古しているなんて良いですねー。
女の子かわいいな〜!モチロン息子もとてもかわいいですよね^^
| okayu | 2007/09/29 10:12 AM |
>あきゅーぴーさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
自分を見つめる…その逃げ出さない姿勢が一番魅力的なところかもしれませんね。
そしてその逃げ出さない理由が、おっとネタバレになっていけないのでこの辺で。繰り返し読んで、姿勢を正してもらいたい本ですね。
って、そんな内容でありながら、笑いあり恋(?)あり、やっぱり夏目さんってただものじゃない!

>okayuさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
私は本は図書館派ですが、これは手元に置いておきたいな、買ってよかったと思っています。入手できるといいですね。読み応えがあって楽しめますよ〜。
本の紹介気に入っていただけてありがとうございます。
自分では思いの半分も伝えられてなくて毎度とにかく読んでみて!と思ってます。でもまあまずは図書館で借りるのをおすすめします。手元には本当に好きな本だけ置きたいですもんね。

子どもは男も女もかわいいですよね〜なのについ、つい、鬼になる。
反省の毎日です。
| sonica | 2007/09/29 3:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/438545
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ