トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< [捨てる本45]食器洗い機は絶対に人生を変える | main | [アンケート]圧力鍋について教えてください >>
[捨てる本46]木村 里紗子『シンプル&ラグジュアリーに暮らす』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

捨てるモチベーションアップ度★★★☆☆
購入意欲アップ度★★★★★
妄想度★★★★☆

シンプル&ラグジュアリーに暮らす
木村 里紗子『シンプル&ラグジュアリーに暮らす
ダイヤモンド社 (2006/06/02)

こ、これは是非ブログを読んでくださる皆さんに紹介したい!

そして、「うお〜〜〜っ!信じられない!こんな生活をしている人がいるなんて。でもいつか、自分もここに辿り着きたい。できる気が今は全然しないけど、可能性はゼロじゃないってことだよね、ね、ね、ね」と一緒にモチアップしまくろうよ!と思えた本でした。


というのを本で感じたと思ったら、先日はブログでこれまた素敵なベッドルームにノックアウトされ、神様は私に寝室の改造の必要性と重要性、そしてあきらめないこと、を教えてくれてるに違いない!という思いを強くしている今日この頃。

騙されたと思ってとにかく手に取ってパラパラ眺めてほしいです。

冗談みたいな素敵なホテルそのまんまの、スゴい部屋(2LDKのマンション)に暮らす雑貨屋勤務の女性のお部屋拝見&こだわり教授の一冊。

彼女が「どんなに遅く疲れて帰ってきても、ニューヨークのスタイリッシュなホテルや、パリのクラシックなホテルに帰りつく気分でいられます。」(p1 My Style はじめに)という、その部屋とは。

リゾートホテルのようなふかふかのバスローブ、真っ白で優しいタオル、気持ちのいいベッドリネン、心地よいパジャマ。

そして天蓋なわけですよ天蓋天蓋。
(天蓋フェチな三十路二児の母ですが何か)

リビングダイニングがない彼女の家には、なんとベッドルームが二つ。
しかも、一人暮らし。

二つを、ウィークデイ用と週末用に使い分けている、と。

ハリウッドスターも泊まりそうなパリの優雅でクラシックなホテルみたいな寝室と、スタイリッシュでモダンな白いインテリアの寝室」、そして上質な生活用品がそろった暮らし。

毎日素敵なホテル暮らし。

素敵じゃないですか奥さん(誰)。

そんなこといったって先立つ物がさー、と言いたくなりますが、海外旅行に行ける額で、そこで泊まるよりもランクが上の部屋にすることができるので、その方がよくない?と。

まぁ海外旅行の予定もさっぱりない私にはすんなり同意できないけれど、毎日の物を上質にすることの効果には大賛成。

p9の彼女の寝室(表紙と同じですがもう少しひいてあるのでよりステキ)。
ノックアウトされて下さい、私と一緒に。

ま っ し ろ 。

白いカーテン、白いベッドサイドテーブル、白いピロー、白いベッド、白いソファ、白いクッション、白い天蓋、白い花器、白い花。

見てるだけ、書いてるだけでうっとりしてます。

こんな空間があれば、あとはおいしいお茶と図書館で借りた本があれば、一日ごろごろしてても幸せな気がします。
そして、お手紙セット。
そしてうとうと。

 至 福 。

スーパーでお菓子を買わずに花を買う」(p88)

そんな提案にも素直にうなづけてしまう、著者のスタイル。
ピシッとベッドメイクとかきっちりアイロン(苦手)とか、毎月誕生日に下着を買うとか、パジャマクローゼットを持つとか(一人暮らしでスリッパとルームシューズが15足とかバスローブ3〜6着)真似できないしそこまではしたいとは思わないなということも当然ながらありました。
友だちがいっぱい遊びに来たらどうするの?とか、子連れの友人はキツかろうな、とか。

そこは自分がぐっときたところだけいただくとして。

絶対いただきたいと思ったのは、三つ。

一つ、寝室をP9のごとく白で揃える。
二つ、天蓋を作る。
三つ、バスマットをやわらかでうもれて気持ちいいラグジュアリーな物に替える。

一つ目は、少しずつ。何年かがかりで、順番に。
二つ目は、まずサイズを測るところから始めます。これも数年がかりで。
三つ目は、彼女おすすめ「ハビデコール社製の<LONDON>」を買うためにお金を貯めることから。

素敵な暮らしをやっぱり私だってしたい!と思える本。

そしてそのために掃除しなくちゃ、その前に物を減らさなきゃ、捨てなくちゃ、と思える本でした。
(この本読んでから、朝出かける前のベッドメイクは比較的きちんと(sonica基準)するようになりました。ゲストを迎えるつもりで。そのゲストは、私自身、と。←なんだか自分を大事にしてる、されてるようでちょっと嬉しくなります。これって大事かも。ま、ベッドメイクといっても「布団から抜け出たそのまんまにしない」程度ですけど…)

モチベーションがダウンしてきた時に読み返したいと思います。

Amazonでレビューを見る→『シンプル&ラグジュアリーに暮らす
楽天ポイントを使われる方は→『シンプル&ラグジュアリーに暮らす

参考記事:ペガサス娘 さんの「B型女の部屋作り」の「【開かずの間】 そして伝説へ・・・
Ricaさんも取りかかり始めたようです→「ホテルのような
ままちさんの『before→after』の『本3冊。

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
ジャンル毎にまとめたAmazonインスタントストアはこちらです。

↓イメージトレーニング!


木村 里紗子『シンプル&ラグジュアリーに暮らす
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(13) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
こんばんは。その本とっても興味があります。ホテルのような寝室。想像するだけで幸せですネ。私の部屋もいつか〜。シンプル・ラグジュアリーになれたらな。
本いちど読んでみたいです。
| ヨル | 2007/06/25 11:26 PM |
こんばんは〜!
先日はご訪問&コメントどうもありがとうございます☆
カリスマブロガーのsonicaさんからコメントいただけるなんて思ってもみなかったので、かなり嬉しかったです!

しかも私のお部屋まで紹介していただけるなんて・・・
どうしよう。どうしよう。
ありがとうございました!

そしてこの本、よ、読みたい〜〜〜〜!!!です!!
さっそくamazonで注文せねば。

また遊びにきます。
これからよろしくお願いします♪
| ペガサス娘 | 2007/06/26 2:56 AM |
>ヨルさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
読み返して、全然よさが伝わってない!と思いましたが、ほんとどきどきわくわくできる一冊でした。
是非自分ちも、これくらい嬉しくなる部屋にしたいですね。

>ペガサス娘さん
こんべんは。コメントありがとうございます。
や、やめてくださいカリスマって…いつまでたっても脱出できないという意味では胸を張れるけど…張りたくない…。
何を何を、私からしたらカリスマはペガサス娘さんの方で。
ほんと、私の駄文よりもクリックしてそちらのブログをまぁ読みたまえ、と言いたいです。
それくらいいいパワーをもったブログですね。
この本、あの部屋を作り出したペガサス娘さんならどう読むのだろう、とそれも楽しみです。
読み手のレベルが違うから、得るものや気づきも違うのでしょうね。
読まれたら感想も楽しみにしています。
| sonica | 2007/06/26 8:28 PM |
こんばんは!

いつもリンクくださってありがとうございます。で、でも……、この本の著者の方やペガサス娘さんんちに比べたらもー、ひよっこもいいところで、かなり恐縮しております。。。

しかし、ホントにこんな生活されてらっしゃる方いるんですねー。ベッドルームが二つ! 
自分にとって一番心地よい暮らしを体現するには、常識にとらわれないっていうところからしてとても刺激になりました。
早速図書館で予約しました〜♪


ところで、おすすめの本、今までに何冊か読みました。せっかくなので自分なりにレビューしてみようかとも思ったのですが……。
sonicaさんのように、他の方が読みたい!と思ってもらえるようなご紹介の仕方ってなかなか
出来ないわーと思いました。
その意味でも、こちらのブログのモチベーションアップ本ご紹介の記事、本当にお役立ち!です。Takeばかりでこちらでお返しできることがない・・・というのが心苦しいですが、これからも楽しみにしています!

| Rica | 2007/06/26 10:02 PM |
こんばんは、いつも読ませていただいています。
今日は「天蓋つきベッド」に引き寄せられてコメントせずにはいられませんでした。
これって女の子の憧れですものねえ♪

我が家はモノが溢れていて、こんな素敵なお部屋にするには数十年かかりそうです。
まず、おうちのシェイプアップからはじめなきゃと思いつつ、ネットでモノをポチるのを止められないのでした。
意識改革が必要なのですね。

とりあえず、「毎朝のベッドメイク」から導入してみようかな?
| にゃあにゃ | 2007/06/27 10:54 PM |
本日この本、予約してきましたよ!
いつもsonicaさんの紹介がうまくて、「読みたい!」と思ってしまいます。ただ、すでに読んだ本が・・・ってかぶってるのが多かっただけで(笑)
>真似できないしそこまではしたいとは思わないなということも当然ながらありました。
これいいっ!(笑)きっと読んだ後に私落ち込みそうな予感の本ですので(ギャップのすごさで)、先にこう言ってもらえると、「やっぱりそうよね?」って頷けますもん(笑)

私もチマチマやってないで、ガツン!と変身したいものです。
| torizoh | 2007/06/27 11:49 PM |
自分のスタイルって大事だなあ。自分の好きなもの、心地よい瞬間、理想のすがた。具体的に目指す努力ってすばらしい。見習わねば。と思っていたところに友人からこんな本借りました。「マダム・ホーのハピネス風水生活」:マダム・ホー(王様文庫:三笠書房)風水術はともかく夢を実現する具体的な方法に感心しました。よかったら読んでみて。
日本の本は割高でもっぱら実家からの荷物に入れてもらってます。渡米時、持参した数少ない本のなかに、「たまちゃんの実家;収納と掃除がたのしくなるひらめきハウス」常藤和子(新風舎)があり、あなたのブログに出会ってからまた手元においています。もう読んだかな?
さあ、週末に向けて片付けねばならぬことが山盛り、ああ、6月が終わるね。10大ニュース見直さねば!!!
| californiamama | 2007/06/30 2:42 AM |
>Ricaさん
コメントありがとうございます。
ほんと、世の中には素敵な暮らしをされてる方が本当にいらっしゃる、というのは励みになりますね。
Ricaさんがとりあげる本も読みたいものがいっぱいです。センスアップ教科書的な本が多くて、こういうのを見つけられるのもRicaさんだからだろうなぁとありがたく思っています。本屋で「あっRicaさんがおすすめしてたのだ!」とか。
確か階段がかわいー♪とかいうの、見つけて立ち読みしたり。
そんなRicaさんのオススメ本なら、タイトルだけでも皆アクション起こすと思います(私は図書館の蔵書検索ですが)。是非ご紹介を、というかタイトル教えてー(*^-^*)。
私の備忘録がお役に立ってたら嬉しいです。もっと自分に役立てないとなー…。いつまでもウロコばっかり落としてるってのも…。

>にゃあにゃさん
コメントありがとうございます。
天蓋付きベッド、憧れますよね。最近寝ながら妄想、もとい、イメージトレーニングしています。
頭上2メートルくらいにこう枠があって、レースの天蓋が…うーん、ダメだ、それって蚊帳だ。とか。
この本の天蓋は内装屋さんにオーダーして、2、30万だったか?で作ってもらったそうです。ちょっとそれは真似しづらいので(婉曲に言ってみた)、自分でチャレンジできないかな、と。
それこそRicaさんあたりがチャレンジしてくれれば、マニュアルからコストから注意点から何からゲットできるんだけどな…(おい)。

こういう素敵なライフスタイルのためには、遠回りなようでいて必須なモノ減らしの作業から始めないといけないんですね。
うちも油断してたらまたごちゃついてきました。まず捨てる、そして捨て続ける生活を習慣づけていかないといかないんですね。ほんとにおっしゃる通り、意識改革って必要ですね。
ベッドメイキング、是非ー。私、えらそうに書いたものの、メイキングというにはおこがましい、「パッと見、崩れてない」程度なのでもう少しぴしっとしようと思っています。いざ寝る時に嬉しくなるベッド、そう考えるとできそうですよね。

>torizohさん
おーっ予約されました?
くじけそうになった時に、励みになると思います。ほんとにこれで毎日を過ごしてるという説得力と、メリハリのあるお金の使い方は背中を押してくれます。と思う。
どんな本でも、自分にあうところだけとればいいんですよね。
以前お金を貯めようとかいう本で、「金のかかる趣味はやめる」とあって、それってどうよ、と。たしか「金のかかる女とも別れる」というのもあって半分ネタっぽかったのですが、いいとこだけ、ね。

この本の著者もバリバリ仕事していて、ほとんど外食っぽいし、ベッドルームのためにリビングでの暮らしをあきらめた、という側面もあるかなと。
彼ができて、畳にコタツが好きな人だったらどうするんだろうとか、汚し盛りの子どもがいたらこりゃまた困るよとか、まぁつっこみどころがないわけじゃないけど、それよりも素直にうっとりできることがありがたい本です。
チマチマでも続けると長く見たらガツン!な変身しちゃったり。torizohさんも始められたので私も例の場所取りかかります!

>californiamama
コメントありがとう。
スタイルをもっている人ってかっこいい。
この頃そう思います。中島梓さん曰く「柔軟でかつ確固たる自分」これよね〜。californiamamaは学生時代からそういうところがあったと思うけど。
その辺にひかれて人が集まっていたように思います。
自分が心地よい環境を作るには、まずそれってどういうの?そのためにどうすればいい?を考えること知ることが大事なんだよね。当たり前のようで、気づかなかったこと。本や人がそういうのを教えてくれるのってありがたいですね。
紹介の本、図書館になかった!ので似てそうなタイトルのを予約してみました。「たまちゃんの」はあったので、近々読めそうです。収納と掃除が楽しくなる、って皆教えてほししコツですもんね。これまた紹介が楽しみ。
そーですよ6月が終わります。さくっとチェックして7月に気持ちよくうつりたいね!
| sonica | 2007/06/30 7:21 AM |
次の記事のコメント出来なかったのでこちらに書きました。

すごい悩まれてますね。
soncaさんが近所の友人ならぜひお貸しするのにな。
これが1番よくわかる。
安くても大丈夫みたいですよ。(フィスラー使ってますがσ(^_^;))

使う使わないは出し入れや手入れが面倒か面倒でないかにもよるような気がしますね。(ハナッペ基準)
でも、これ、面白いですね!
結果が楽しみです。
| ハナッペ | 2007/06/30 9:10 AM |
わぉ〜〜。この本も前に読みましたぞ。びっくりです。
私、福岡在住なんですけど、著者も福岡の方みたいで彼女のお店もあるんですよ。まだ、行ったことないけど。・・
かなりインテリアも整理整頓も徹底した方なんだけど、彼女のお店のHPのエッセイなんか読んでるとちょっと、ストイックすぎて疲れる方かなあと。http://www.madame-watson.com/
お姫様インテリアって私には、落ちつかないかも。
著者も恋愛とか、さまざまな人生経験を深めるともっと魅力ある人やインテリアになれるのになあと思ったのが読後の感想です。
↑(ああ、なんかえらそうに。^^)
| ピスタチオ | 2007/06/30 12:11 PM |
sonicaさん、これが例の本ですね!と記事を拝見してさっそく図書館で借りてきました。
うーん、ゴージャス!
ベッドルームやバスルームがメインの本ですが(まだ中身はあまり読んでなくて写真を眺めてる程度なのですが)、キッチンなどはどうなってるんでしょうねー。コンセプトが「ホテルの部屋」なのですから、ここまで凝ってることはないのかな?とは思いますが、この著者さんなら、選び抜かれた雑貨や食器をきちんと整理して使っていそうな気がします。夕食は外でも、家でまったく食べないってことはないでしょうし〜。そういう場面も見たくなる本でした。
#でもやっぱりこの生活は「独身貴族ならではだよなあ(苦笑)」と思ってしまいましたが・・・。
ところで、ピスタチオさんが紹介してくださってる著者の方のお店のHPを見に行きました。
一番最新の彼女のコラム(リサコラム)に『思考の整理学』という本が紹介されていまして、「大きなテーマや問題は、長い間寝かせないと、解決にはいたらない」という一文が引用されていました。家の収納や片付けはきっと家事の中でも大きなテーマであり、大きな問題なんだと思います。暮らしとともにどんどん変わっていきますし・・・。すぐにぴったりの解決法が見付からなくても、そのうちきっと自分にとって一番適切なひらめきがやってくるんじゃないかしら?なんて思ったりしました。
| ままち | 2007/06/30 2:30 PM |
>ハナッペさん
先輩のアドバイス、ありがとうございます。
もうね、決めました。買います。きっと買ったら私も買え買えいう側になるかしら?それくらい使いこなしたいです。
困ったらまた皆さんに助けていただけそうだし(おい)。
煮込み料理って苦手で、というか面度臭くて忙しいを言い訳に全然していません。これも変えたいなぁと思っていたのと、煮込みが短時間でできてなおかつおいしいっていいですよね。魚の骨まで食べられるってすごく魅力的。
結果もすっごく参考になります。
フィスラーかティファールにしようかなと思っています。わくわくー。

>ピスタチオさん
コメントありがとうございます。
あははーやっぱりかぶってるのいっぱいあるんですね。他にもありそうだ。
おっしゃること、わかります。
あれって独身じゃなきゃ無理。
昔の私(野宿もしちゃう貧乏ライダー)みたいなのは友人になれなさそうだし(お互い気まずそうだ)、でも刺激になる、という意味ではありがたいし、家を建てる時にいろいろアドバイスに乗ってもらえたらいいな、と思います。
彼女のような人が結婚し、子どものいる暮らしをして、家族みんなが居心地のいい空間を作ったらこうなった、というところまで見たいですね。

>ままちさん
コメントありがとうございます。
さっそく読まれたんですね。アクション早い!今やるすぐやるですね。素敵だわ。
あはは、キッチンや他のところはどうなのよ?って気になるところですよね。確かに!まさか超庶民的じゃないと思いつつも、これだけのこだわりを見せるってことはメリハリをつけてるってことで、そうするとやっぱりキッチンはあれれ?な状態なのか…うーん。
じっくり考える、寝かせる、焦らない、大切なことですね。家事や収納ってそのことだけじゃなく、暮らし全体、人生を考えることでもあるんだなーとこの頃思います。
みなさまと知恵とやる気をわけあいながら、ぼちぼちやっていきましょうね。(*^-^*)
| sonica | 2007/07/01 10:39 AM |
 sonica さん
いつも楽しく読ませて頂いてます。

オススメの本、注文させていただきました。

木村 里紗子さんのお店から注文させて頂くと、
お値段は少々UPしますが、
イラスト&愛用のふきんがついてくるそうなので、
私はそちらからお願いしました。

注文の際に、知るキッカケとなった、
こちらのBlogと、記事をご紹介させていただきましたところ、
本当にきちんとご紹介いただいて、木村さん自身喜ばれていたとのお返事をいただきましたので、お知らせしますね。

 素敵な本のご紹介ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします♪
| sara | 2007/07/30 7:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/362511
トラックバック
本3冊。
というわけで、 torizohさんご紹介の「シンプルライフをめざす整理 収納 インテリア」と、 sonicaさんご紹介の「シンプル&ラグジュアリーに暮らす」の2冊を同時に図書館から借りてきました。 かたや「着実・堅実な暮らし」、かたや「ゴージャスで優雅」って感じで、同
| before→after | 2007/06/30 11:48 PM |

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ