トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 初めての家庭訪問とゴミ屋敷チラ見せ | main | 検証:夢を叶える5月の10大ニュース(6/17更新) >>
[捨てる本44]鍵山 秀三郎『掃除道 会社が変わる・学校が変わる・社会が変わる』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

捨てるモチベーションアップ度★★★☆☆
掃除するモチベーションアップ度★★★★★

掃除道 会社が変わる・学校が変わる・社会が変わる
掃除道 会社が変わる・学校が変わる・社会が変わる
鍵山 秀三郎
PHP研究所 (2005/08/06)

本を閉じた後、ものすごく掃除がしたくなる本でした。

それも、「掃除をすれば開運!」とか「掃除で成功する!」とかいうご利益目的ではなく、もっと謙虚になりたい、今の自分では恥ずかしい、掃除でそれが可能になるならばありがたい、そんな気持ちになりました。

「そうじ力」』が掃除によるプラスをアピールするとすれば。
ガラクタ捨てれば自分が見える』はプラスマイナスゼロにすることの心地よさを説く。
そしてこの『掃除道』はゼロをキープすることで得られる心の穏やかさを教えてくれる。
そんな印象です。ほんと、「道」です。

心に残ったところ。

たとえ報われない努力であっても、決して諦めない、落胆しない。そんな精神を教わったのは両親からでした。同時に、これをやったらこういう得があるというような目先の利害・打算に惑わされない生き方ができるようになったのも両親から学んだことです。」(p19)

著者が教えてくれる掃除の基本。

1.掃除道具をキチンと揃える。
2.掃除道具の置き場所を決める。
3.工夫しながら掃除をする。
」(p34)

置き場所については、誰が見ても分かり、誰でも使える、そして戻せること。
家庭でも家族全員が、子どもも含めて気づいた人ができるように設置するのは大切なこと。

掃除を継続するためには工夫が必要で、それにより少しずつ能率効率がアップして楽しくできるようになること。

何事もそうですが、流れるべきところが淀んでおりますと、さまざまな支障をきたすようになるものです。」(p50)

おうちの片づけも、やりかけのことも、ついとりあえず、で放置することでそこが滞る。淀む。ますます手をつけづらくなる、のマイナスのスパイラルに陥りがち。
些細なことをおろそかにしない、ということはかなり大事なこと。
わかっちゃいるけどそれがなかなか、なんですけどね。

著者がすすめるトイレ掃除。
これを徹底的にすることで変われることとして、以下紹介されています。
謙虚な人になれる、気づく人になれる、感動の心を生む、感謝の心が芽生える、心を磨く。

……どれもこれも、私に欠けてます。

何よりも嬉しいのは、謙虚な生き方をしていますと、後味のいい人生が送れるようになるということです。
幸せな人生を送るためには、後味のいい生き方をすることに限ります。
」(p70)

この本の中で一番響いたのはこの言葉かもしれません。
掃除で開運成功系の本に感じている違和感は、きっとここ。
社会的な成功も嬉しいことだけど、もっと大切なのは自分自身が納得いく、満足できる幸せな生き方ができるかどうか。
後味の悪いこと(礼状を書かなかったり。あいたたた)をたくさんしている自分にとっては、後味の悪くない人生というのはとても魅力的に感じられました。

著者いうところの欲と志。
ここが分かれ目かも。
志を持つ、そしてそれに向かって努力する、その過程が自分のためだけではなく社会のためになる、そういうものが志だと。
そして自分も周囲も感動をし続けることができるかどうか。
そこがポイントだなと思いました。

トイレ掃除で幸せになる、とおっしゃる著者の真意は、トイレ掃除を徹底的にすると気づく人になれるということ。
小さなことにも気づけるおかげで、今まで気づけなかった小さな幸せに気づけるようになる。たくさんの幸せに気づくことで、幸せな毎日、幸せな人生を送ることができるようになる、と。

まずは自分の身に起きることは必要があって起きたということ、それには必ず意味があるということ、そういう心構えが大事だと言います。

大切なことは、決して特別なことをすることではない、誰にでもできることで、誰もができていないことを徹底して続けることだ」(p86)

著者の人生の指針『凡事徹底』、この必要条件。
1.すべてに行き届いている。
2.その人の主義と行動が迷うことなく一貫している。
3.すべてのものを生かし尽くす。
」(p128)

シンプルライフを送りたいと思っている私にガツンとくる項目でした。
全てのモノを把握する、一貫して選んだモノばかりである、すべて死蔵することなく生かしている。
ほんと大事だし理想だし、実現したいこと。

著者はレストランでの食事の後、片づけをする従業員が持っていきやすいようにまとめて片づけ通路側に寄せるとのこと。
私もウェイトレス歴があることもあって、ついついまとめてしまいます。
食べっ放しでそのまま席を立つのは、抵抗があります。(他人がするのは別に気にならない、癖みたいなもの)
そこが同じなのでちょっと嬉しくなりました。

お金を払っているのだから、食べっ放しで後片づけなどしなくてもいい、というような考え方では幸せになれません。大切なことは、必ずしも自分がしなくてもいいことを少し多めにすることです。」(p224)

少し多め。
ちょっとのことだけど、長い目で見た時に効果、結果は全然違ってくる。
それを心に留めていたいと思いました。

中国で、汚物が山盛りになったトイレ掃除を学生たちに割当てた時のこと。
率先して山盛りの糞尿を素手で便器に押込んだ著者。

何事を始めるにも、人がもっとも嫌がることを、まず自分が引き受ける。このことが、人を動かしていく前提だということを改めて学ばせていただいた体験でした。」(p227)

これができるのは相当非凡だと思うし、その域まで自分がいけるとは到底思えないけど、そういう方がいるのだということは忘れずにいたいです。

トイレ掃除のような些末なことをしていては社会的な成功を収めることができないのではないか、という問いに対しての著者の回答が奮ってました。
(そこは是非著書を読んでください。著者の夢にしびれます!)

著者の行動に胸打たれた人たちが起こしていった「掃除に学ぶ会」。
この本を読んだ頃、別の会社経営者の集う会にまぎれこませていただく機会がありました。
彼らの真摯な学びの姿勢には敬服しましたが、なにか「向学心のある自分、挨拶ボランティアをしている自分はエラい」といった鼻につく感じがもったいないというか方向が違うんじゃないかな、「掃除に学ぶ会」みたいなのもあればこういうのもあるんだ、私は入れてもらえるなら「掃除に学ぶ会」の方だなぁとしみじみ思いました。

ふと。
先日育児する母に冷淡な会社経営者(上記の会で)に怒れた話を書きましたが、あれってうんこオムツを替えたことがあるかないか、なのかなぁと。
母っておしっこまみれうんこまみれにおいつきな生活をしてる分、替えたことのない人よりは「掃除道」できちゃってたり、なんてことないのかな?

掃除をする。自分が変わる。家庭が変わる。会社が変わる。地域が変わる。社会が変わる。
それも夢ではないのだと、希望の持てる一冊でした。
継続ができてなくてとても掃除道のスタートにすらたててない現状ですが、知ったことで一歩一歩進んでいけたらな、と思います。

掃除道 会社が変わる・学校が変わる・社会が変わる
楽天ポイントを使われる方は→楽天ブックス『掃除道

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
ジャンル毎にまとめたAmazonインスタントストアはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(8) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
こんにちは。
早速「掃除道」を図書館で予約しました。
「掃除道具の置き場所を決める」その通りですよね。
我が家は、あちらこちらに転々としています。
掃除するモチベーションがアップするんだったら
ぜひ読みたいです。
sonicaさん、いつも情報ありがとうございます。
| サポナリア | 2007/06/12 2:14 PM |
>サポナリアさん
こんばんば!コメントありがとうございます。
掃除したくなる本でした。この本読んでから、お風呂の排水溝の髪の毛を毎度取るようになりました。
今まで「乾いてから取ればいいや」「まだいいや」で忘れっぱなしで、私より許容度の低い相方がいつも取ってました。それでも毎度ではなく。
公衆トイレを素手でガシガシ、は私にはまだ無理かなと思いますがそれを思ったら自宅の排水溝くらい全然平気!と思えるようになったのはありがたい変化でした。
場所を決める、使いたい時にぱっと取り出せてささっとできるようにするというのは重要ですよね。うちはそれすらできてないので、そこからですね。
お互い地道にレベルアップしていきましょうね。
| sonica | 2007/06/12 11:41 PM |
昔デパートのトイレで、大勢並んでいるのにもかかわらず一つ空いていました。入ろうとしたひとは近くまで寄ってから驚いて後戻り。そう、そこは足場がゆる〜い便で汚れていたのです。そのとき一人のおばあちゃんが、そのトイレに近づき掃除して使用していました。
そのときのおばあちゃんの顔は、嫌な顔じゃなく穏やかな笑顔。衝撃的でしたね・・・。
人の嫌がることを進んでやるってこういうことなんだって思ったし、こういう風になりたいって思ったけど未だに全然です。
| あきゅーぴー | 2007/06/13 6:54 AM |
>あきゅーぴーさん
素敵なおばあさまの話、ありがとうございます。
穏やかな横顔想像して、なんか嬉しくなりました。そういう方に会うと心の背筋が伸びますね。
少しでもそういう方に近づけるよう、できるところから見習っていきたいですね。
| sonica | 2007/06/14 7:36 PM |
はじめまして。
以前、私も「掃除道」はじめ鍵山さんの著書の本を何冊か読んで感銘を受けた一人です。
鍵山 秀三郎さんって人間というよりも神様みたいに心が広いお方ですよね。
掃除をすると、運が開けるとか収入アップするとか眉唾的な本が多いなかで(それは、それで結構信じてますけど。(笑)・・)
鍵山さんの掃除本は、魂の修練というか、志の高さと謙虚さに圧倒されます。
| ピノキオ | 2007/06/18 12:29 PM |
>ピノキオさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
この本は私も目から鱗がぱらぱらぱらーっと。そこいらの開運掃除本とはひと味もふた味も違うぞと。
圧倒されるとのこと、同感です。
自分がここまでできるかどうかはかなり怪しいですが、上を見上げた時にこういう方がいらっしゃるんだと思うと頑張れちゃうことに感謝しつつ、できることから見習っていきたいと思います。
時々読み返して、後ろめたい生き方をしてないか確認をしたい一冊ですね。
| sonica | 2007/06/18 6:08 PM |
私は以前、鍵山秀三郎氏が経営するローヤル(現イエローハット)に勤務しておりました。各方面から鍵山氏のことを称賛する声が聞こえてきますが、私から言わせると単なる偽善者としか思えません。社員を朝早くから夜遅くまで酷使し、残業代はカットしても平気な人でした。自分の言うことは正しいと社員を言いくるめ、気に入らない社員には賞与等を低くして差別をする人です。とにかくキレイ事が好きな典型的な個人商店の経営者みたいな人でした。会社を大きくするためには社員を酷使することなど平気な人でした。今でいう「居酒屋のワタミ」の経営者と同じ部類の人です。日本を美しくする会ですって!?バカバカしくて、あきれて物も言えませんよ!偽善者の言うことには耳を貸さないことを肝に命じて今後は生きていきたいと思います。皆さんも、だまされないように疑ってかかる事が大事だと心得て下さい。
| 普通の国民 | 2012/09/14 11:33 AM |
>普通の国民さま
初めまして。
コメントありがとうございます。
様々な見方や、内部の方だからこそわかることもあると思います。
情報ありがとうございました。
その情報をどう受け取るか、何を信じるかはそれぞれの選択ですね。
| 普通の国民さんへsonica | 2012/09/14 6:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/352642
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ