トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ5/15 | main | 捨てたモノ5/16 >>
雑感:怒れた、呆れた話
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

「お片づけブログ」を楽しみに、笑いやためになるネタを求めてきてくださった方、ごめんなさい。この記事はとばしてください。

学童トラブルの泣きに続いて、今度は怒りです。
スルーでいいので、書かせてください。
黙ってられない。

学童の充実のため、活動をしている友人がいます。
彼女のお伴で、ちょっと前に市長になった方と、経営者が集まる会にお邪魔してきました。

で、選挙前も当選後も「子育て支援」を公約として掲げている市長に、学童のこともね!と念押しくらいの気持ちでいたら、ところがどっこい。

市長「(子どもは家庭や地域で見るもの。)社会が子どもを見るというのはおかしいと思いますね。カタチを作って子どもを育てるというのは病的だと思いますね」

病的?

病的?

病的?

「カタチを作って子どもを育てる」って保育園も小学校も病的だと?それとも学童だけ病的?何それ?

比較的市民の視点を持った(前職に比べて)市長なので、「まずはNPOなり親の会なりで自主的にここまではやったけどハコが欲しいから行政に」とおっしゃるのもわかるし、自治会のコミニュティとの共同ってのもわかるけど、

地元のシルバー人材センターにお迎え(もしくは一緒に留守番)を頼めないか問い合わせたら「草むしりとかはいいんですけどねー育児支援はダメなんですよ」と私は断られましたが?

市民運動家の発言ならわかるけど、カタチを作るのが仕事(ハコもの行政という意味ではなく)の行政の長がそれって?

さらに仰天発言が、向かいに座った会社社長さんの口から飛び出しました。

いきますよ?(あんまりスゴイのでメモってしまいました)

「三世帯で祖父母が面倒を見るのが一番。そうやって育った子どもは純粋だし心が温かい」

「核家族の子どもにロクなのがいない」

「今の若者はジジババと一緒に暮らしたがらないからダメだ」

「女性が子どもをもっても仕事を続けるっていうのはどうかねぇ」

「やっぱり子どもが小さいうちは母親が面倒を見る方がいい」

「(働き続けたいなんて)そういう人は子ども生んじゃダメ」

「(学童ってのは)子どもの問題なの?女性の問題?」

「(学童で面倒みるなんて)過保護なんだよ。昔はほったらかしだった」

で。

こういうことをおっしゃる年配のおじさまはまぁよくいるのですが、これを発言されたのは、夕食食材配達の会社の創業者の方でした。

ええっ。

働くママを応援します!とかいうコンセプトで企業したわけじゃないの?とググってみましたら、確かに応援はしてないようでした。
応援してるのは「赤ちゃんを抱えて買い物に行けない専業新米ママ」や「外出の多い専業主婦」。
でも、スタッフの声のところには頑張って育児家事両立な方がバンバン登場。働くことは自分の、そして子どものためにもなってます!と。この会社は仕事と子育てを両立してる仲間がたくさんいます!と。
そんな女性を応援します、だから一緒に働きませんか?と。

何か、どっかおかしくない?

世間知らずな私、このギャップに頭がくらくらきてしまい、夜なかなか眠れませんでした。
仕事を持っているママのおかれた状況の厳しさを今になって知った気がします。

そこの会社、利用したことはないのですが、私は一生使いません。
息子が小さい時にポストに入っていたチラシを見て、相方(料理好き)に相談したら「そんなに料理するのがイヤなの?(手抜きしたいの?)」と反対され、かなり亀裂が走ったことがありましたが、今となっては相方に感謝です。

もっぱら頼っている生協さんは、総代もやっていて理事のお話を聞くこともありますが、上記のようなおかしな思いを抱いたことは一度もなく。組合員一人一人によかれ、という気持ちが伝わってくるし、やっぱりウチは生協さん。おいしいし。

オチもなく、私こそ無知と偏見の塊で、上記の社長とどっこいどっこいなところもあります。
それでも、おかしいことはおかしいと言いたい。

読んでくださってありがとうございました。
ネガティブな話で、ごめんなさい!

書いてスッキリ、できました。ちょっとだけ。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├雑記 | 固定リンク | comments(14) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
子供を産む前は、こんな世の中なのに産んでも大丈夫かな?って心配でした。でも産んでみると子供って未来だなぁって実感。子供がないがしろにされるニュースを見るたび胸が痛みます。
なのにこんなことって!!
読んでるだけなのに怒りで心拍数上がってきましたよ。
それを直に聞かされたら耐えるに忍びないですね・・・。
自分だったらもう怒りで手の振るえ止まらないかも(過去一度だけ経験有り)
明るい未来のために、社会(国で地域で)全体で子供を育てれば少子化問題対策の一環にもなると思うのに・・・と夜ニュース見ながら話していたばかりでした。
| あきゅーぴー | 2007/05/16 12:57 AM |
>あきゅーぴーさん
ありがとう…。
ほんとに、倒れるほど頑張ってやっと認められる働く母。
働いてなくても、専業主婦なんてお気楽でヒマでしょ?という誤解。
ほんとに女性は大変だ!

少子化って、こういうおじいさんたちが施策を考えてるようではよくならないですよね。安心して育てられる社会を作るのが一番の近道で確実なのになぁ、わかんないのかなぁ。
やっぱり、古いけど「育児をしない男を父親とは呼ばない」ですね。
| sonica | 2007/05/16 7:46 AM |
結局、そんな考えの人ばかりが この世を動かせる立場に立っている・・・
でも、そんな中で、私たちが sonicaさんのような疑問や、
怒り・・・を持ち、小さなことから変えていけたらいいですね。
私は 無力だけど、でも、sonicaさんの記事を読んで、
そんな想いを持ちました。

「母」のような政治家、母親のように すべてを包み込むような・・・そんな人たち(もちろん女性)が、
そのうちあらわれてくれるような気がしています。
| まっち頭 | 2007/05/16 9:01 AM |
なんか、まさに日本の問題点を体現しているような人ですね・・・本音と立て前は違うんでしょうか?
企業が立て前で(義務でもある)育児応援制度や母体保護制度を取り入れても、結局それを利用する環境や周囲の理解がなければ、いつまで経ってもこの少子化の事態は改善されないのに、そこが分かってないんですよね。せっかく男性も育児休職制度が利用できるようになっても、「は?育児休職?お前出世はあきらめるんだな?」って態度の上司が居ると、取りたくても取れないですよね・・・
で、結局女性が育児休職や、子供が病気の時に急に休みを取らざるを得なくなって、「これだから女は・・・」とか言われると、腹が立つ!!
使えない制度なんか立て前で作ったって、「使わないモノを取っておく」のと同じで、無駄ですよ・・・・
「子供を産む女性は仕事を続けるな」なんて言ってたら、ますます日本は少子化になり、さらに労働人口が減って、様々なサービス(医療も含め)の質が落ちたり、地域格差が広がっていくのに、そういうこと分かって発言してるんでしょうか?
なんか、見識の狭さが伺える気がします。
「昔はこうだった」とか「俺たちの時代には〜」とか言ってるような人たちが国や行政、企業を動かしてると、日本の未来がくら〜く感じます。
その会社の従業員の女性達(もしかしたら男性も)は、自分の会社の社長がそんな考えだと知ったらショックでしょうね・・・
それにしても、市長の「病的」って発言・・・・どういう意味なのかじっくり聞いてみたい。社会ではなく地域で、ってことは、民営の寺子屋でも作れってことですかね?そこに市は金を出したくない、と?「子育て支援」の公約は、選挙のため?
あ〜腹立つ!!!乗り込んでって議論してやりたいくらいです!!
生で聞いてたsonicaさんの方が、もっと怒り心頭ですよね・・・・
長文失礼しました。m( _ _ )m
| mii | 2007/05/16 10:12 AM |
くぁーーー、アッタマ来ますねー! 何故、昔の三世帯同居が崩壊したか。生涯家畜のように滅私奉公し、財産一円ももらえない長男の嫁が、自分の娘だけは、こんな思いをさせたくないという母が増えた結果ではなかったのか。 

働く女を増やしたくなかったら、高等教育も男女雇用均等法も最初から組むな。家政科重視の教育に切り替えればよい。大体、働くママが増えてきたのは、莫大な教育費に住宅ローンを払わなければならないせいもあるではないか。男社会の無能無策のツケを払わされているノダ。核家族がこれだけの産業を生み出し、日本経済を弾き出しているノダ。昔の長たる男は、一人で一家を養えた。今は、それで食べてはいけないではないか。まさこサマのご病気も当分全快は無理だなぁ。あー、sonicaさん、ごめんなさい。まだ頭から湯気が〜^^↑ 
| 映子 | 2007/05/16 10:18 AM |
うう〜。悔しいですね〜。
どっか暴露できるところはないのかしら〜。
投書だ!糾弾だ〜!
許せないです。

何か、「市長と経営者が集まる会」ってのもどーなのでしょう?
普通あるのでしょうか?
| リリココ | 2007/05/16 12:19 PM |
頭の古い方との話はなかなか会話になりませんよね・・お疲れ様です
私事ですが、私の親が頭の古い人で会話になりません
こっちが悶々と悩み考えていても相手は会話のことは忘れてしまっているのです
だから今回も疑問発言に引っかかるかもしれませんがあまり思い悩まないでください
思い悩む時間が勿体ないです(苦笑)

そういうタイプの人はきっと考えないで思ったことを口に出すので別のところできっと損することも多いはず
時間はかかるかもしれないけど「よいこと」「必要とされること」はみんなに伝わるはず
いい社会、家庭を望むために色々と考えることはひとつも無駄にはならないと思います
| 朔月 | 2007/05/16 4:37 PM |
>まっち頭さん
コメントありがとうございます。
子どもの未来を考えた時、大人がしないといけないこと。
それを怠ってきたツケがきてるような気がします。
小さな怒りでも、少しずつ変えていけるはず。市長選挙でも市民は現職より
この人を選んだわけで、次も私たちは選ぶことができる。
そういう人を応援していきたいな、いかなきゃな、と改めて強く感じました。

>miiさん
長文のコメントありがとうございます。
すっごい嬉しいです。なんぼでも書いて。
そう、ほんとにステレオタイプな方でびっくりしました。
まだ生息していたのか!みたいな。
WEBでは女性管理職も活躍、みたいなことを書いてたけどものすごく苦労されてるのかもしれないですね。
それも仕事の大変さならまだしも、しょーもない偏見で。
市長の発言については、一部を取り上げただけで(それでもおかしいと思いますが)フェアじゃないので
別途メールなり手紙なり送ってみようと思います。
どうも小学生に保育園並みの配慮がいる、というのは理解しがたかったようです。
(私自身当事者になるまでのほほんとしててショック受けたくらいだから無理はないと思うけど)
「子育て支援」といってもその中身をじっくり吟味しなくちゃいけないですね。
私も勉強不足じゃいけないので調べようと思います。

>映子さん
一緒に怒ってくださってありがとうございます。
やっぱりおかしいですよね。
富山は三世帯同居が多くて世帯収入が高くて母親の就業率も高くて、という
日経の記事にも触れて,視察を考えていると市長。
それが本来の姿!素晴らしき富山を見習わねば!と言いたげな社長。
あなたの会社では転勤はないのかと。
社員が引っ越さずして働き続けることができるように配慮してるのかと。
黙りっ放しだった私(怒りと呆れで震えそうで固まってしまった)、そこを突いてみたらよかったのに!
農村に嫁においで企画で農村見合いアルバイトに行ったことがありますが、そこの
おばあちゃんも娘はサラリーマンに嫁がせたかったし実際そうだとおっしゃってました。
(で、私は農家の嫁に来てって…食べものおいしいし、そういう生き方もいいなと思いますが、でも)
三世帯も核家族もどちらもメリットデメリットがあって、それは当事者が決めて納得すればいいこと。
行政はどちらも応援するのがスジだろうと。どっちも国民で市民だもの。
核家族の不利益を自己責任のように言われるのは、やっぱりおかしい。
マサコさまのご病気も、ほんと人ごとじゃないし、ご自分の心に正直にいてくださればと思っています。

>リリココさん
許せない気持ち共感してくださってありがとうございます。
こんなところで書いてるだけでは進まないので、市長に手紙書いてみます。
企業の姿勢というのも気をつけて、納得いくところ、好感を持てるところ、
応援したくなるところから買ったり利用したい、と思います!
回し者みたいだけど、その点生協はいいです。
会ですが、営利とは関係ない勉強会に、経営者と政治家がたまたま参加してて
たまたま市長に当選した、ということです。(と思う)

>朔月さん
無駄にならないとのアドバイス、ありがとうございます。
お話にならない、という体験ってたまにありますね。
この場合のように術を持たない子どもたちが不利益を被るとかいうのでなければ
へ〜〜〜勉強になるなぁ、なんですけどね。
悩む時間がもったいない、たしかにそうですね。
こういうところでこうして皆さんとお話できることの方が100倍嬉しい。
少しでもいい環境を作っていけるよう、何ができるか考えて、少しずつしていきたいですね。
| sonica | 2007/05/17 6:28 AM |
はい、富山県のその記事を私も新聞で読みました。富山県は持ち家比率が日本一で、しかも『住まいの広さも日本一!』なんですよね。

戦争って、宗教戦争が多いように思っていましたが、イデオロギー等の違いよりも、政治家と企業家の欲が結びついた時に起こる場合が多いですね。話がぶっ飛んでしまいましたが、その市長と経営者って、トドノツマリ利権繋がりでしょ〜? 米国が北朝鮮を放置しているのは、石油が採れないからダシ。いつの世でも、犠牲になるのは女子供。賢く、したたかに、研鑽を積んでまいりヤショー^^
| 映子 | 2007/05/17 10:38 AM |
捨てるつながりでやってきました。
今はあまり捨ててないのですがーーー。

この記事にはどうしても、ほっとけないものがありまして、書き込みです。
読んでるだけで、手が震えてきましたよ。
爆裂激烈怒り心頭です。

幸いにして、私の周りの男性陣はそんなことを言うヒトがおらず、現在中3の娘をフルタイム勤務しながら育てることができましたが、いやしかし。
そういうおやぢどもは早く引退してくれ、と叫ばずにはいられませんでした。
即効で「捨て物」でしょう。

なんの解決にもならないコメント、大変失礼しました。
これからもブログは楽しみにしています。
| 捨て物 | 2007/05/17 1:32 PM |
ホント頭きますね〜。
ここ数十年の進歩的な考えって、やっぱり化石のような人には通じてないってことですね。
ヨーロッパの某国で出生率があがったのは、フォロー体制が(日本より)いいからでしょう?もちろん男親の育児や家事の分担もきっちりしてます。
何から何まで女性に押し付けるな、つーの。
これだけ児童のことや、教育のこと叫ばれてるのにね、もうちょっと頭使ってほしいですね。まったく、プンプン!!
| torizoh | 2007/05/17 8:31 PM |
>映子さん
そう、富山のケースがいいかどうかは富山の人に聞かないとわからないことだし、望めば誰でも叶うわけじゃないし、持家率と広さ日本一は三世帯同居ならまぁ高くて当然でしょうし、視察に行ってなんとかなるとかいう問題じゃないと思うんですけどね。
企業を誘致したいとかいう話もしてらして、だったらまた優秀な人材が各地から集まってきて核家族になっちゃうじゃん!と。
賢く、したたかに、ほんとそーですね!

>捨て物さん
はじめまして!コメントありがとうございます。
ほっとけないとのお気持ち、心強いです。ありがとうございます。
そーなんです、イマドキ、そんな男って探してもそんなに見つかりませんよね。うちの相方も「男尊女卑なんか大嫌いな九州男児」です。なのに。

あはははは、「捨て物」まさにそうですね。
捨てたいモノ、のカテゴリーに移しちゃお、この記事。
心強くユーモアにあふれたコメントありがとうございました。大歓迎です。
是非またいらしてくださいね。

>torizohさん
そうそう、化石ですよ。
化石なものだから、私も「こんなん見つけたー!」と記事にしてしまったわけで。でも、世代によっては感じ方も違うだろうし、こういうのが当たり前な時代を過ごしてきた先輩たちの苦労を思うと、苦しくなりますね。
出生率のアップ、見習うモデルは諸外国にあるのに、実際のところ効果的なことを何もしないのは、少子化とかいったって、いよいよヤバくなる頃にはどーせ自分死んでるし〜目先の利権の方が大事〜と思ってるからかなぁと思わざるを得ないですよね。
学童や保育園の待機児童の問題放置で、どうしたら女性が仕事を辞め結婚し子どもをたくさん産むか、なんか検討したってしょーがないのに。
こういうのがわかる人を応援しなきゃいけないのだな、と強く感じたのが今回の収穫かなと思います。
できることから、がんばるぞ!
| sonica | 2007/05/17 9:16 PM |
同感です。
怒りより、呆れ・・・ですよね。
国を挙げて、子どもを守ろうって時代に。
3世代同居なんて、今は
「親」の方でも拒否ですよ。
弁当会社の社長はともかく、
市長は男性?
年はかなり上でしょうか?
この場合、頭の固い社長を諭すのが
市長だと思いますが。
老人会のサロンでの話じゃないんだし。
「社会」と「地域」の違いが分かりませんが、
もしやこの市長、老人介護も家庭の仕事、とか
思ってるんじゃないか?
なんて、勘ぐってしまいますね。
昔は昔、今は今、きちんと時代を捉えられる人が
行政を担ってほしいものです。
| れいな | 2007/05/18 8:19 PM |
>れいなさん
コメントありがとうございます。
そう、あまりに立ち位置が違いすぎて、どうしたらいいのかわかんなくなってしまっていました。
あはは、老人会のサロン、そーですね。そこならご自由にですね。
働く女性に支えられてる会社社長と市長が言うべきことじゃないですね。
子どもの学童って、あの方たちには「中学生の通学を親が送り迎えしてる」くらいな感覚のようでした。なに過保護なこと言ってるの?昔はね、って。
富山に視察に行ったところで「よーし二世帯がいいんだ」って推奨するのか?
今自分が見るべきなのは選んでくれた市民で、見て回るなら市民(しかも困っている市民)のところだろと思うんですけどね。もちろん他から学ぶことも大事だけど。なんか違うなー。
| sonica | 2007/05/19 11:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/332760
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ