トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ4/15と、育児の愚痴 | main | 捨てたモノ4/24 >>
[宝物]学校トラブル、ママ大丈夫!な言葉たち(学童編)
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

息子ともども、この春から一年生のsonicaです。



捨てたモノ4/15と、育児の愚痴に、たくさんの温かい言葉と気持ちをいただき、本当に救われました。励まされました。反省させられました。教えていただきました。導かれました。

心から、ありがとうございました。
んー、こんな言葉じゃ伝わらないもどかしさがありますが、ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。皆様の支えがなかったら、ここまで元気になれなかったかもしれないです。
(でもちょっとだけ、早期覚醒しちゃったりしてますが、あと一息。)

同じように悩むママに、私もいつか大丈夫!あなたもお子さんもそのままでいいから!と声をかけてあげられるようになりたいです。

タイミングよく、学童の充実(というか最低限の学童のあり方)を求め活動している友人からも声をかけてもらって相談できたりなんてこともありました。
彼女のブログ→子どもの放課後をどうする!?

で。
この経験にもきっと何か意味があるのだろうし、せっかくの機会に学ばなくちゃ!ですね。

これらのコメント、私にとって大事な宝物になったのと、同じように泣きが入ってる方が検索で辿り着けるように、記事にさせていただきますね。私一人だけのために、こんな知恵と温かいココロを独り占め&埋もれさせちゃうのはもったいない!

捨てていいものとよくないもの、これらは「捨てないもの」「捨ててはいけないもの」。



というわけで、いただいたコメント(で表示)です。

はじめまして。いきなり夜中に長文すみません。
私独り者ではありますが…うう黙ってられないっ

その方はあまり低学年ぐらいの子供を知らないんじゃないんですかね。
いやお子さんいるんですね。しかし忘れてらっしゃるのでは。

息子さんの名前の呼び方にしても、「ちゃん」なんてイヤっておかしくないですよね、
男の子だし、年上の子が君で、自分はちゃんて…プライドに関わる気がします。
その…文章から判断すると、勝手に決めちゃったんでしょうか?
「同じお名前の子がいるから、違う呼び名にしたいんだけどいいかな?」
と言っていれば、「ちゃん」はイヤにしてもだいぶ違ったような…

挨拶で「しないでください」「怒りたくないので」というのが多かった件についても、
どうも自分の思うとおりにさせたい、というのが強い方のように感じられるのです。
1年生なんてまだ家族以外の集団で行動するだけでいっぱいいっぱいの子も多いと思うんですが。

だいたい怒りたくないって…怒るのはお前の勝手だろうがと…
大人のあなたが自分でコントロールもできんものをなんで子供ができるのかと…3日くらい問い詰めたいっ

と言いたいのを親御さんはぐっと我慢しなきゃいけないんですよね…。…はは…私子育てできるかな(汗)。

このご時世なので鍵っ子も心配ですけどね…でも息子さんが嫌がるようだったら…。
難しいですよね…仲のいい友達ができたら楽になるかもしれないし。
無理に行かせてアトピー悪化させちゃったというケースを知っているのでつい書き込んでしまいました。
私は自分が子供だったころが忘れられなくてこういうこと聞くと頭に血がのぼっちゃうんですよ。
子供ならどうにでもなるみたいな言い方されると腹立っちゃって。子供にだってプライドや意思はあるっちゅうの!

| まみぞう | 2007/04/16 3:50 AM |

まみぞうさん、ありがとうございます。
すぐにいれていただいたコメントが心細さいっぱいの気持ちから心強さへと変えてくれました。ひとひとり救ったまみぞうさん、きっと天国へ行けます!
ヒトゴトなのに、こんなに思いを寄せてくださる。
自分はそれができてるだろうか?
そう考える余裕すら生まれました。本当にありがとうございました。

学童に安心して預けられないというのは予想外の落とし穴でしたが、習い事に行くとか、日によっては鍵っ子とか、留守番代わりにシルバー人材センターに草むしりを御願いしようかとか(お迎えは問い合わせたら断られました)別の学童もある、とかいうアイデアいただいたり、ちょっと視野が広がりました。

「子どもが好き」にもいろいろあるんだな、と今回の件で学習しました。
学童が頼りにならない分、おうちはおうちらしさいっぱい!のあったかいおうちにしなくちゃな!という自覚をいただいたのが収穫かもです。
子どもにもプライド、そうですね。親の自分は忘れてないか、心がけていきたいと思います。

私も子供がいないので、子育ての苦労は分からないのですが、その指導員さんは、子供達を「自分の思い通りに行動する子」という枠にはめたがってるように思えます。
それに、小学生の2.3年生にもなれば、「先生に隠れてこっそりと」いけないことをする知恵?も付いてきてると、私ですら思うんだから、もし一人でも「上級生にいじめられた」とか「仲間はずれにされる」とか訴えてくる子がいたら、最初から否定的に見るんじゃなくて、ちょっと注意して見ててあげるとか、親に対しても謝るまで行かなくても、「今後できる限り気をつけて見てみます」とか「ちょっと他の子にも話を聞いてみます」と言うのが普通なんじゃないかと思ってしまいます。
呼び方だって・・・私は高校生の男の子で人前でちゃん付けで呼ばれて平気な方がおかしいんじゃ?と思っちゃうけど、それだっておっとりした男の子は平気なもんかもしれないし、人それぞれって、分かりますよね。
そんな言い訳されると、ただ単に謝るのが嫌なだけ?とか思ってしまう。
指導員とか、先生に不信感を持ってしまうと、それをぬぐうのが大変ですね・・・。安心して預けられないと・・・
そういう苦情というか、要望というか、管轄の行政に行けば少しは聞いてくれるんでしょうか?他に手だてがないと辛いですもんね・・・指導員が変わったから仕事やめなきゃなんて、なんか納得いかない。(私が怒ってもしょうがないですけど)
う〜ん、なんかいい手だてがあるといいんですけど・・・なんの解決策も見いだせなくてごめんなさい。

| mii | 2007/04/16 9:04 AM |

miiさん、ありがとうございました。
お子さんがいなくてもこういうことを考えられることって人として尊敬します。優しいなぁ。
嫌なことはきちんと伝わるように嫌と言う。これは私自身も含め、息子が身につけていかないといかない生きていく上でのマナーです。
それがうまくできてないので、うるさい、わがまま、となってしまうのかもしれないです。
指導員の方が考える学童は、まだ上辺だけのようです。彼女も1年生だからそれでいっぱいいっぱいなのかもしれないと思います。
ケンカせず、仲良く、大人しく。
いがみあったりいじめが横行、なんてのはイヤですが子どもが子どもらしく生きてたら日々トラブルはあって当然、それを大人のうまい介入でそういう時はどうするか教えていく、そう私は考えているし、普通そうじゃないのかな?
子どもたちも彼女も少しずつ慣れて自然体でおおらかな学童になっていってくれることを祈るばかりです。(そうそう、「おおらかさ」が感じられないのが悲しいですね)

おはようございます!
子育てって本当に難しいですね。
私の意見はまみぞうさんと同意見です。
指導員の方は始めたばかりで理想を求め過ぎ、型にはめ過ぎじゃないですかね?それと押し付け過ぎに思えます。
特にこういう問題は難しいけど、sonicaさんのお子さんが主張してることも普通だと思う。赤は女の子色だから嫌っていうとのと同じだかと・・・。今はそういうのもおかしいんですかね?

ステ奥街道はなんとか1週間を乗り切りました。が、今日はダラ奥^^;壁が厚い・・・。習慣付けるってまずは忍耐ですね。
昨日、知り合いのお宅で晩ご飯をご馳走になった後の後片付けで手際よく、鼻歌歌いながらやってました(もちろんてつだいましたよ^^;)。ついでにいろんなとこも拭いて・・・。
ステ奥メモ
その日の汚れはその日の内の片付ける!

| ハナッペ | 2007/04/16 10:37 AM |

ハナッペさん、ありがとうございます。
そう、理想があるのはいいことなんですが、外れるものはお前が悪い!(そしてそれを育ててる私も悪い)なのはどうかと。
ジェンダーフリーにできるだけ育ててきて、女の子用のピンクのパンツを喜んではいてた息子が嫌だ、というのだからやっぱり嫌なんだろうと、汲んで欲しかったなあと思います。
男だ女だ、ではなく、一人の人間として尊重するということ。
(うわぁ書いていて反省。)
初日で彼女も張り切ってたところでいきなりのトラブルだったから、相当出ばなを挫かれた悔しさはあったと思うのですが、それは子どもには関係ないことですもんね。
ステ奥頑張ってらっしゃいますよねー。
私もこのトラブルのおかげで家族団らんに注力してたらネットざんまいはなくなってしまい、ニュース一つ達成♪
この調子で少しずつ素敵な奥様になっていきましょうね。

ご心配ですね。
指導員の方はお1人?
思い込みが強くあると(子供はこういうものだ)
その方の子供像から外れる子は
理解できない方がたまにいるんですよね。
子供が100人いたら100の顔があるのに。

お子さんもまだ新しい環境とありえない指導者に
戸惑っているんですよね。
つらいですね。

どうしたら、お子さんの心が傷つかずに
できるか、何か方法が・・・・
今は
世界で1番大好きで大事なんだって
いっぱい抱っこしてあげて。
愛されてる自信をつけて・・・

指導者と話し合うか、
管轄の役所に相談するか
いずれも、へそを曲げそうですね、その方。
同じ学童の他の1年生の親御さんに話をそれとなく
聞かれるのはいかがでしょうか。
女の子のが ちゃんと見ていると思います。

イロイロ勝手なことを書いてしまいました。
すみません。
なんのやくにもなりません。
(子供っていくつになっても心配ごとはつきません。)
子供の為に お母さんファイトです!

| tamako | 2007/04/16 10:47 AM |

tamakoさん、ありがとうございます。
何の役にもなんてとんでもないです。ものすごく励まされました。
他のお母さん方にも何気なく聞いてみましたが、あからさまにうまくやれてないのは息子だけのようで「え?そうなの?うちの子は別に…」という感じで、もしかして私たち親子がダメ?と思えてしまいました。
が、昨日娘の保育園の参観会で先生方のお話を聞いたりしていて、「こんなに子どもを大事にしっかりと見て、かわいがって、いけないことはしっかり叱ってくださって、心から安心して預けられる保育園で息子は育ててもらって、そしてこの園の先生が息子は大丈夫と言って下さってるのだからやっぱり息子はおかしくない!」と思え、泣けてきてしまいました。(ほんとに素晴らしい園、先生方なのです。私自身が0歳児からやり直させてほしいくらい)
息子自身も学童の指導員の方も少しずつ慣れてきたようで、当初の絶望的な感じはだいぶなくなってきました。先日またがっくり「やっぱダメだこの人…」なこともあったのですが、めげずに母は明るくやっていこうと思えるようになりました。

指導員はその方しかいないのでしょうか?(そんなことあるのかな?)
だとするとどこか、直訴するところはないのでしょうか・・・・。

うちは学童には行ってませんが、児童館と同じ建物に学童があるので様子はわかります。
新一年生、すごく可愛がられてます。
まずは一年生が新しい生活になじめるよう、楽しめるようする時期のはずです。
学童の子にとっては、そこが学校から帰る「おうち」なのだから、みんなが安心して帰ることの出来る場所のはずなのに。

>手と足が悪いね、って叩きました
これ、体罰ですよね。
学童の先生が子供叩くなんて有り得ない!

同じ呼び方でなんの不都合があるのかもわかりません。
呼び名って子供にとってはアイデンティティに関わる重大な問題です!

一年生に計算問題。
今から学校で数の数え方覚えて行くのに。
出来ない子だっているだろうに。
それがイヤで学童に行きたくない子も出そう。
他の一年生たちはどう感じているのでしょう・・・。

友人の子は学童に馴染めず、1年生でかぎっ子になりました。
その子はおうち大好きで、一人も平気なタイプなので乗り切れたようです。(ビデオ見放題、ゲームし放題)
夏休みも一人でお留守番したみたいです。
でも、特殊な例ですよね、きっと。
親も子も不安ですよね。

うちのムスコも神経質で引っ込み思案でよく泣くタイプ。(しかも一度泣くと泣き止まない・・・・)
明るくて、元気で、物怖じしない、というわかりやすいタイプではありません。
先生たち面倒だろうな〜と思いますが、否定的に言われたことは一度もないです。
「泣くことは悪いことではないですよ」と自分より若い先生達にも励まされてきました。
もし、ちょっとでも否定やダメ出しされたらすっごく落ち込むと思う。(わかっているだけに、と言うのもある)
だから、sonicaさんのダメージ、相当大きいと思います。
愚痴、いくらでも吐き出してください。
建設的なアドバイスも出来ないし、実際に手を貸すことも出来ないのがもどかしいけれど、思いを共有することで、もしsonicaさんがちょっとでもラクになれるなら、たくさん愚痴って下さい。

あとはまみぞうさんもおっしゃってるように、仲良しが出来れば居場所が確保されて息子さんも楽になるのかな。
そうなれば、子供対指導員、の相性の重大度が低くなるかもしれないですね。

| リリココ | 2007/04/16 10:49 AM |

リリココさん、ありがとうございます。
優しいお子さんをお持ちなんですね。なんだかわかる気がします。明るく元気で礼儀正しく、なんて子どもをスタンダードだと思い込んでしまうことの怖さを忘れないようにしないといけないですね。(昨日日帰り温泉でおばあちゃんに話しかけられてもじもじしてしまった娘を叱ってしまった私、反省…)
>神経質で引っ込み思案でよく泣くタイプ
これって細やかなことに気がついて、でしゃばりじゃなくて控えめで、感性が豊かってことですもんね。いろんな子がいて、その子たちのマイナス面ばかり見る人と、プラス面を見ようとする人とがいて、子どもに接する仕事をする大人というのは後者であろうとするのが義務なんだろうなと思うようになりました。
というか、これまでの保育園の先生方はそれが当たり前だったために、今回過剰にびっくりしてしまったのかなと思いました。
うちも最悪鍵っ子もありえますが、テレビとゲームし放題はちょっと…ですね。ついていられない外遊びの危険よりは安全な家の中というのも分かるけど、子どもの居場所への配慮ってもっとみんなが考えないといけないことだなぁと強く思います。

うちの子供も二人学童へ通っています。
私もtamakoさん、リリココさんと同様に指導員は一人ってどうなの?と思っているのですが・・・お役所管轄ではないのでしょうか?
(因みにうちの学童は児童60人に先生が6人。みなさん、もと幼稚園の先生などです。)

今の時代、体罰を行うような方は指導者として不向きだと思います。確かに学童の先生は学校や幼稚園の先生とは違いますが、散々体罰に対するニュースが流れているというのに、体罰で事を解決しようというのは自分の立場を理解していないように思うのです。

こういったことは役所に言った方が!!!とは思いますが、指導員になる前からお知り合いのようですし、ちょっと難しそうですね。まずは他の父兄の方とそれとなくお話をしてみてはどうかな?と思います。きっと他にも「ん?」と感じている方がいらっしゃるのでは?

一人で胸の中にしまっておかないで、ガンガンと愚痴ってよいのでは?ここはsonicaさんちですし。
私はあんまりお役に立てそうにないですが、愚痴ならいくらでも聞いちゃいますよ。

| きんこ | 2007/04/16 11:48 AM |

きんこさん、ありがとうございます。
60人の大所帯、大変だけど楽しいこともいっぱいありそうですね。
息子の学童は3年までで10人ちょっと、指導員はメインで一人、途中で?二人になることもあるらしく、職員は3名です。
ベテランの二名のどちらかがメインで新米の方はサブをしながら研修、というのが通常のやり方だと思いますが、なぜか今年度初日から新米の方がメイン。
市町村合併をした悪影響なのかも?と思っていますがこれっておかしいですよね。これに関しては行政の無知無関心無責任のしわよせがなぜに息子に…と許せないよなーと思います。
何かあったらこちらで愚痴を聞いてもらえる!ということでとても励まされました。
一人じゃないって思えることってとても大切ですね。子どもにもそういう思いを伝えていかなくちゃ、です。

たしかに「あれ?」って感じですね
無理にあの人はちゃんと子どものことを考えてくれてる・・と思うようにするより最初の勘を疑わなくてもいいと思います
話半分に聞けって何だか嫌だなぁ・・子どもなんだから「全部話したつもり」は当たり前だと思う
言ってくれなかった・・より純粋に忘れてたんじゃ?とか
(親になってもよく忘れてしまう自分・・)

本当に困ったときに声を出してもらえるようそのままのsonicaさんの愛で大丈夫だと思いますよー

| 朔月 | 2007/04/16 11:51 AM |

朔月さん、ありがとうございます。
3週間経ち、学童生活も少し落ち着いてきました。が、やっぱり「あれ?」なことはぱらぱらとあって、私も遠慮なく彼女にダメだしすることにしました(脳内で)。
今思えば「そのままのsonicaさんの愛」が不足してて息子不安定、なところも多々あったなぁと反省してます。私も一年生だし、不安でイライラしてましたし。
世の中には子どもの話を一生懸命聴いてくれる人と、そうでない人(に限ってきちんと聴いてるつもりだったりね)といるというのを学ぶ機会となりました。自分が後者になってないか(なってること多々あり)、話半分に聴いてないか、忘れないようにしたいと思います。

イジメの体制のように感じます・・・
指導員の前でいい子を演じる子供。
言いやすい相手に対してだけ強く出る指導者。
はなから問題児扱いの態度ってどうなの?
相手まだ6年しか生きてないんだから、それを導くのが指導者でしょ!!
感受性が強いから他の子が泣かないことで泣くなら、そこに気を配るべきなのでは?
嫌なら嫌と伝えられれば・・・って、この歳になれば思うけどもって産まれた性格ってあるだろうし。
喧嘩(ではないみたいだけど)両成敗を信念とする我が家では絶対考えられないその対応。
一方的にsonicaさんの子供だけをやり玉にあげるのっておかしいと思うし、しっかりお話を聞いてくれる人が欲しいですね。その指導員はお話し合いの出来そうにない方のようなので、まともに話の出来る他の人に相談できるといいですね。

それと朔月さんの「最初の勘を疑わなくてもいいと思います」わたしもそう思います。
第一印象って侮れないって、いつも夫と話してますよ。
仕事をやめるも選択肢に入れてるsonicaさんに、母としての愛情感じます!!やっぱり母は強くなければいけないんですね!

| あきゅーぴー | 2007/04/16 1:16 PM |

あきゅーぴーさん、ありがとうございます。
保育園でもいじわるはダメだしされてても自分はしない(やりかえさなかった)、小学校でも「されていやなことは人にしない」と教わってるのに、なぜ●●くん(2年生)は意地悪するの?と聞く息子がかわいそうになりました。
こういうことが言える子のどこを「直していけばいいから」なのだオィ、とああまた怒りが…。
(と言いつつ、うるさいしつこいうっとおしい、という嫌な一面もあってそれは直していかないとけないんですけどね。毎日肘ついて食べるのやめるよう叱ってるし)
そのいじめる上級生も特別悪い子というわけではないようですが、どちらかというと殺伐とした幼稚園か家庭で育ってきたのかなぁと思うとそれもかわいそう。
母が強く優しく逞しくあることの大切さを感じます。ほんと。息子の不安定は私の不安定のせいだったかも、と思えるほど、私が気を取り直して明るくアホなかーちゃんをやり始めたら息子もなんだか落ち着いてきたようです。
やっぱりね、かーちゃんがアホなことで家族が安心するって重要みたい。だからあきゅーぴーさんも自信もってごーろごろしてていいと思います。(*^-^*)ごろごろできる時はしてよし!

本来保護者が安心して仕事を続けるための学童に、こんな指導員がいるなんて許せませんね。
適性のない人が指導員になってしまったんでしょうね。
うちの子の学校の学童は保護者会が結構活動しているんだけど、sonicaさんのところはどうなんでしょう?
他にも苦々しく思っている保護者はいるだろうし、保護者のつながりの中で声があがっていると思うんだけど。
誰か相談できる人がいるといいですね。

息子さんの担任の先生に話してみられてはいかがですか?
学童のことは管轄外と言われるかもしれないけど、学童ではこう言われてるけど学校ではどうですか?って感じで話したら、聞いてくださると思いますよ。

ん〜〜いいアドバイスが出来なくて申し訳ない!
愚痴ならどんどんブログに吐き出しちゃってくださいね。
早く安心して息子さんを学童に任せられる日が来ますように!

| あさか | 2007/04/16 2:04 PM |

あさかさん、ありがとうございます。
保護者会ってないのかな?と思っていたら、毎週だか配られるレターに「父母会役員は●●さんと××さんに御願いして了承いただきました。」とのお知らせが。言ってくれれば私なったのに!事前に存在すら言わないっておかしいですよね。また新たな「あれ?」ですわ…。
担任の先生に連絡帳で伝えてみました。「学童で泣いているようです。自信をつけさせたいので褒めてあげてください。うちでこれとこれとこれとこれとお手伝いがんばってます」と書いたら返事が「たしかに落ち着きがありません。おうちでも褒めてください」とのことでした。
親も一年生なんだから先生最初はダメでも「大丈夫です。ただ…」くらい書いてみてはとこうるさいこと言いたくなりましたが、その後「こんなことを立派にできました」と伝えてくださったりで、担任の先生はプラスを見つけようとしてくださるようでほっとしました(それが普通だと思いますが)。
いかんせん小さな学童で父母も10組もいないくらいなので発言力も弱く、とても今は安心して預けられる学童ではありません。(できて3年ほど、あるだけありがたいと思えと思っているフシあり。お迎えの時刻もフレキシブルじゃないし)
自分ができることをめいっぱいやることですね(学校との連携や、寛げる家庭作り)。みなさまの励ましを携えて頑張ります!

子どもがいない私からですけど、書くのを許してください。
わたしはsonicaさんと、皆さんのコメントをやはり同じような思いで読みました。すごく辛いと思います。
他の方がコメントされているように、指導員の方がはじめてで緊張され、理想に当てはめようとしているのかもしれませんが、この先もそうなら問題があると思いますし、体罰が問題になっているこの時勢、なんかズレてませんか?体罰の良し悪しじゃなくて、その感覚が。
最初に思った「あれ?」というズレも。
sonicaさん一人じゃ聞いてくれないかもしれないけど、他の親御さんたちも同じように思ってる方がいて、みんなで言えば、役所も動くでしょう。そんな人はいないのかな?
そして、他に指導員さんいないんですか?なんか変ですよね。
いっぱい思うことがあって、うまく書けずにすみません。
でも、最後は親が自分を愛してくれた、守ってくれたというのが子どもに伝わることが大事だと思いますので、どうか息子さんを抱きしめてあげてください。そして、何があっても大丈夫!ということを。
「抱きしめる教育」をしている保育園があるのですが、子どもは自分が大事にされる、愛されるという感覚が一番必要だと思うんです。指導員さんは逆方向のような・・・。

保育園のかつての先生や、小学校の先生と相談されるのも方法だと思いますし、いい方向にいくといいですね。

愚痴はどんどん吐き出してもいいと思います。
私も何もできないけど、聞くことはできると思いますから。
ここの皆さんもそんな人ばかりです。
応援者はたくさんいます。めげないでください。

| torizoh | 2007/04/16 4:30 PM |

torizohさん、ありがとうございます。
おっしゃる通り、息子が「親は自分を愛してくれている、守ってくれている、信じてくれている」「だから僕は大丈夫。僕は僕でいい」と思えることが一番大事ですよね。
もちろん直す必要のある部分もあるけれど、それを受け入れる前にこの自信が必要だと思います。
保育園がまさにそういう丸ごと抱きしめる教育をしてくださっていて、だから子どもたちは自分も友だちも先生も大好き!になっていました。やっぱこれですよね〜(といいつつ家庭はそうなってないので反省猛省)。
一教育ママとしては彼女の姿勢は間違っちゃいないと思うのですがひとさまの子どもを預かる学童指導員はそれじゃいけないんじゃないかと。家庭的なムード、というのと自分の子どもなら叩いたっていいでしょなノリと一緒にしちゃいけないよねと。
その辺りのズレに、他の親御さんも気づいてくれれば変わっていくのかなと思います。今は私一人が変な親になってるようで。
でも、あちこちで励ましていただいて、めげずにいられるようになってきました。ほんとに感謝です。もっともっとぎゅっとしていこうと思います。

子供は身体も心もゴム毬みたいに弾むもの。どっちへ跳んで行くかは見当もつきません。それを走って受けとめるのが大人の仕事ですよね。その指導員は、ゴム毬を四角い箱にギュウーって押し込めているみたいに思えます。

私だったら、まず子供と思いっきり体を動かして、大の字になってフテ寝する。コチョコチョくすぐって造り笑いからでも、思いっきり笑う。いざとなったら、親しか守る人間はいないのだから、鍵っ子でも立派に育った子供だって大勢いるし、安全に乗り切れるよう、子供と知恵を出し合って指導員には、ハイ、サヨーナラする、、、。

私も、本日ストレスだらけ〜。お互い頑張りましょうね^^!

| 映子 | 2007/04/16 4:31 PM |

映子さん、ありがとうございます。
ものすごくわかりやすい例え!そうですね、走っていって受け止めてくれる指導員が理想です。
「さあ、この箱に入ってくる子だけOK!」な指導員は勘弁してほしいです。
この前も息子さんの自慢話を聞かされたのですが(これもまたちょっとした「あれ?」)、彼女の息子は箱にいそいそと入ってくる子どもだったのかなぁと思いました。
なんとなく、かつての息子が基準になっているような気がします。その辺がもと保育士とか子どもと身近に接して来た大人との違いなのかもしれません。
皆さんのアドバイスに従って、あれから子どもとでんぐり返しやらアホな体操やらシンクロごっこやら怪獣ごっこやらして遊んでいます。
家族そろってアホなことで笑いあうことって大事なんだなーと、息子だけじゃなくて相方まで喜んでくれて(すみません私が殺伐としてました)、改めて実感。
学童以外でもお稽古事をちょっと物色しています。
ストレスはいっぱいあるけど、知恵と工夫と笑いで乗り越えていきたいですね。

以前、ひめくり?を当選させていただいたものです、
その後海外に引越して、でも、こちらのHP今でも楽しみに見ています!

私は以前T京都C府市に住んでいましたが、去年、児童館の職員(なんと館長か副館長クラスでした)が、館内で、しかも子供の遊ぶ部屋で、喫煙を続けていて、それが原因でやめさせられたニュースがありました。
でも、親御さんたちは、みなさん、数年、我慢していたということでした。

こういうのは、役所に直訴と同時に、教育委員会に訴えると早い、と、地元のお母さんがたが話しておられました。

館内だけの問題ではないのです。公の問題なのですから。

ぜひお子さんを、守ってあげてください、
親として、出来ることはたくさんあるはず。泣き寝入りする必要はありません。

参考までに、男性の声で訴えるとおおごと感が増すということも聞きました。ご主人に、教育委員会などに電話してもらってはいかがでしょうか。

| りんりん | 2007/04/16 8:47 PM |

りんりんさん、ありがとうございます。
お元気そうで何よりです!シンプルライフをしてらっしゃることでしょうね。かなりお恥ずかしいです。
喫煙職員、ありえなさにびっくりです。しかも何年も我慢していた親御さんたち、そして実害を受けていた子どもたち、かわいそう…。
でも改善されてよかったです。
上記の学童の運動をしている友人もそうですが、声を上げていけば変えられる、よくしていけることってあるんですよね。ついつい泣き寝入りしてしまいそうですが(対面すると「あれ?」について言えない弱い私)息子を守ることができるのは私。
注意深く子どもの様子を確認し、コトがあったら行動を起こせるように準備はしておこうと思います。

つらいですね・・・
私は、幼稚園教諭だったので、子育てに落ち着いたら学童の指導員になろうかな・・・・と思ったりしていました。

胸が痛みますね・・・

学校の先生や、教育委員会から言ってもらうのも、1つの手ですが、それで余計に息子さんが嫌われて意地悪されても、イヤだから・・・

息子さんとご主人と、良く話をして
直接3人でその方と、話に行くのも、また1つの手かと・・・

我が家では、こうしたい。
こんなことは、のぞんでいない。
と、毅然とした態度で・・・

難しいですよね・・・・

息子さん、かわいそうに。
抱きしめてあげたい。

| Meg | 2007/04/16 9:58 PM |

Megさん、ありがとうございます。
Megさんはなってください指導員!絶対向いてるし、待ってます子どもたちが。Megさんやったら安心して預けられる気がします。
その指導員さんからは「抱きしめてあげたい」なんて言葉、出てきそうにありません。
抱きしめてくれなくていいから「泣けるよね、泣いてていいよ」くらいは言ってくれればと思いますが、「泣かないように慣れて直していけば」とくるとは…。
譲れないことがあったら、毅然とした態度で臨む。そうですね。
読書について、そのうち学童の蔵書では物足りなくなるのはあきらかなんだけど、持ち込みはトラブルの元なので不可、「同じ本何回読んだっていいしね〜」との発言。本当に面白い本、気に入った本なら何度でも読むだろうけどただでさえ少ない学校図書館からの払い下げ処分本の中にそういうのがあると?(というかどんな本があるのか把握してないと思いますが)
読書好きの息子が読み切った後、交渉しないといけないかもです。本好き親子としてはここは譲れない譲らないぞといざとなったら戦います。その時はまたパワー分けて下さいね!

何度もごめんなさい。うまくいえず、空回りした怒りみたいな書き方になってごめんなさい。ただ、いろんな意味で悲しいな、と思う気持ちがうまく書けずに、不愉快な思いをさせたらごめんなさい。
| torizoh | 2007/04/17 1:29 AM |

torizohさん、全く不愉快なところがなかったので別のところの勘違い?と思ってしまいました。
torizohさんのコメント、親と子どもの立場両方から考えることができてとても意義深く感謝しています。
悲しいな、と気持ちに添ってくださってありがとうございました。自分の子どもにもそうしてあげることで励ますことができること、実感できました。
ちなみにtorizohさんのコメントで不愉快になったことは一度もないですよ。
毎度ほんとにありがとうございます。

sonicaさん つらいですね。
親子ともに ドキドキの新生活。そこに、こんなことが待っているなんて。
 胸の奥に ズシーンとくるような思いを抱えての毎日だと思います。
 親の想いをこめて、大事に大事に
悪いほうへ行けとは かけらも思わずに 育ててきたのに、
(感情ぶつけて、理不尽に怒ってしまうことはあっても)
他人から、思ってもいない見かたされたら、本当に悲しいです。
私も 先日、2歳の次女を 入園させましたが、
入園して数日後、主任?の先生から、
「子供らしくないというか何というか。大人ばかりの環境で育ってきてるから、理屈ばかりはわかってるけど、まわりになじめない。」みたいなことを言われ、
がく〜っときてました。

次女の 社会デビュー。
世の中には 自分を よく見てくれる人、正しく見てくれる人ばかりじゃない。だから、うちの次女にも、sonicaさんの息子さんにも、負けないで!!と言いたい。

 強く、自分を持った人間に 育てってほしい。
人に誤解されたり、傷付けられたりすることがあるかもしれない。
でも、そのときに、最良の方法で、 結果的には この先幸せになれる方法で 立ち上がっていってほしい。

私たちと違う人生歩んできた人。何もわからずに
「これから直して行く」?
今までの その子の人生を 否定?
くやしいくやしいくやしい。

悔しがる私に
うちの主人は言います。

「は?じゃあ お前(相手)の子は ちゃんと育ってたいしたやつになっとるとかぁ?」



将来見とけよ!
学童の指導員さん、幼稚園の主任さん!!

なんて 毒を吐きつつ、
自分以外の人からの意見も、これからの長い子供の人生に 参考にしつつ。

あまりひどいときは その環境から 離れることも ありですよね。sonicaさんがする選択なら、間違ってないと思います。



(ライター・・・火をつける道具ってことで。だれが見てるかわかんないから・・・今日は 実名?かくしちゃった。ワケわからんけど すみません。)

| ライター(?) | 2007/04/17 4:01 AM |

今回はライター(?)さん、ありがとうございます。

2歳の子がなじめないって、入ったばかりの新しい環境で、あったりまえやろーーーーが!!!
なじめるような雰囲気作りをするのが自分の仕事と違うんか、それができてないからって2歳の子どものせいにして恥ずかしくないのか!その子なりの個性があって素晴らしいと思えんのかそれでもプロか!

と隣で言い返してやりたかった…。
ってこれ、うちの学童のと同じですかしら。
6歳でもうるうるやのに、2歳児とその親にその発言はありえない。ダンナ様と一緒にぶち切れていいですよライターさん!
どこにでもそういう人はいて、一方できちんと見てくれて大丈夫と言ってくれる人もいるんですよね。
今回の件、ショックなことはいろいろとあったけど「親としてその指導員状態になってないか?」と反省するいいきっかけにはなりました。このタイミングでこういう人に出会ったのにも何か意味があるのかなと考えてみたり。
(実は今職場でも「あれ?」な人がいて、これにもきっと意味が…と探しているところ)
前向きなパワーをもらったり与えたりしながら、親子でいい方向へ歩いていきましょうね。
ライターさんも今のままで大丈夫です。子どもはちゃんとがんばってるママを見ています。

こんばんわ〜
はじめまして。
すっきり収納を探してこちらにたどり着きました。
私は50代の主婦ですが、
子供にも子供なりの主義主張が有り、
それを泣いて訴える事が出来る息子さんは偉いと思いますよ

大抵の今の子供さんは、自分の事を良く見せたいと小さい頃から思うようで、他人の前では良い子が多いですね〜
成人した娘達の小さい頃を思い出しました。

指導員の心の広さが問われると思いますが、
子供は良く見ています。
きっと、子供さんが言う事が正しいと思います。
自信を持って、子育てしてくださいね。

| kiki | 2007/04/19 7:28 PM |

kikiさん、ありがとうございます。
すっきり収納も私が教えて〜状態なので参考にならず恐縮なところへきて、私と息子を励ましてくださってありがとうございます。
息子も私も直すべき欠点や反省しないといけない点は確かにあるのでそれはきちんと自覚しないといけないと思いますが、今回のあれこれに関してはやはり息子は間違ってないぞと思います。
また間違っていたとしても、それをうまく指導するのが指導員の仕事だと思うのですが、それが彼女はできてなかったわけですし、やっぱり問題。
指導員としての研修も施さず現場を任せる行政もまたおかしい。
そういうことを声をあげて変えていかないといけないですね。
子どもはきちんと見ている、ほんとにそうだと思います。
「いろいろとあったけど、おかんは筋が通ってた。僕を守ってくれた」と思ってもらえるような強い母にならねばと思います。頑張ります。励ましのお言葉ありがとうございました。

はじめまして、50代の主婦です。
新年度は、いろんなことがあって慣れるまで親も子も本当に大変ですよね。

うちの子供たちも先生との相性がいろいろあって大変な思いもしました。
相性が悪いと本当に大変ですが、一番お子さんの事をわかっているのはお母さんです。
どんな事があってもお母さんが守ってあげるよという気持ちを伝えてあげてくださいね。

年は重ねていますが私は現在もいろんなことに迷ったり模索したり・・・の毎日です。

西岡和美さんという臨床心理学博士をなさっているかたの”今日一日のアフォメーション”というところを読んでみてください。
読んでみると不思議と心が落ち着きますよ♪

http://www.iff.co.jp/cgi/affirmation/index.shtml

【アフォメーションとは→アファメーションは、自分に対して語りかける肯定的な宣言の言葉のことです。アファメーションは、自分に対して意識的によい言葉を選んで言い 続けることによって、自分自身の意識や心のあり方を変えて、自分の望む方向にすすんでいく方法です。】


| クラリス | 2007/04/20 3:35 PM |

クラリスさん、ありがとうございます。
相性ってどうにもならないものだけど、子どもの一生を左右しかねない自分の立場を理解して、プロとしての仕事をして欲しいと心から思います。
自分自身も相性の悪い先生の時は通知表がオール2、翌年は優等生で学級委員、といった危ない小学生活してましたので、ほんと怖いなぁと思います。
年を重ねても迷うというのは心が柔軟で向上心があるということですよね。すでに頑なになりつつある三十路の私、クラリスさんのような年の重ね方や悩める後輩へのアドバイスができるようになっていたいです。
アフォメーション、心が落ち着きますね。心を、自分自身をハグすることってなかなかできないけれど、自分のことは自分がいたわってあげなきゃダメですもんね。
ヒントをいただき、ありがとうございました。



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

私のように「あれ?」と思いつつ悩んでらっしゃる方へ

あなたはひとりじゃない。

あなたはあなたのままで大丈夫。

大丈夫、きっとうまくいく。

これもきっと一つの思い出になる。

自分を責めすぎないで。

とりあえずラクに。

したくないことはしない。

笑顔でいられることをする。

必ず味方はいる。

泣きたい時は泣いていい。

信じる。

大丈夫。絶対大丈夫。

あったかいもの飲んで、眠ろう。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

皆様からいただいたコメントと、自分がかけてもらって嬉しかったこと、将来自分がかけるとしたらこんな言葉かなというのを忘れないうちにメモってみました。
新入園、進級、新入学、卒業と転機は続くし、プラスとマイナスの出会いも次々にやってくるけれど、大切なのは安心できる信頼関係があるかどうかかなと思います。
私の息子への愛情は、自分がイメージしているよりも伝わってなかった、伝えようとしてなかったと思います。

もっと抱きしめる。

もっと言葉をかける。

もっと一緒に過ごす。

そういうことを、意識していこうと思います。

学童トラブルがなかったら、こんなことを考えることもなく、「愛しているつもりの殺伐とした毎日」を送っていたかもしれません。
そのおかげでこんなに幸せな今がある、と思えるくらい、幸せで笑顔いっぱいの日々にしてやるぞ!くらいな気合いで明日からまたやっていこうと思います。

また元気なsonicaに戻ります。戻れます。
ありがとうございました。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.子育て母育て | 固定リンク | comments(8) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
sonicaさん 素敵です。
感動しました。
あの、たくさんの方からのメッセージ。
それに対して、sonicaさんの、一つ一つのお返事。

何といっていいのかわからないけど、
sonicaさんには、だれもが持てるものではない
すばらしいものがあると思いました。

それは、私が 持ってないもので、これから
欲しいものです。
「出会いを大切にすること。」

sonicaさん (勝手にですが)私は
sonicaさんから 大切に思っていただいている と
感じています。
そのことが とても うれしくて、幸せです。
ここだけでのつながりではあるけれど、
とても大きな存在です。

・・・子供たちに
私も 伝えよう。。。愛情。

| まっち頭 | 2007/04/23 1:27 AM |
前回自分のコメントを、「あれ?これ理想だけど自分は?」と思い反省して自分ことも見つめなおすことができ、皆さんのコメントも勉強になりお礼を言いたいと思ってました。
すぐ振り出しに戻ってしまうけど、やっぱり子供は可愛いから頑張れるんだわ!!
それに素敵な詩。ありがとう!!
| あきゅーぴー | 2007/04/23 1:48 AM |
sonicaさん、スゴイよ、スゴ過ぎる!
コメントもその返事もですが、
>同じように泣きが入ってる方が検索で辿り着けるように
って、そこまで思えるなんてスゴイ。
悩んでる方は多いと思います。
相談できる環境でない方もいるかもしれないし。

私は子供はいないのですが、sonocaさんのお子さんが普通の意見を言っているだけだと思ったのでコメントしましたが、なんとも微妙。(ジェンダーフリーって何?って思って調べたら 男女の差別化しない とあり、1つ言葉を覚えました(汗))
でも、それでも受け入れられない事ってやっぱりありますよね。大人だってあるし。

いい方向に進む事を願ってます。
私も人との出会い、付き合い方をsonicaさんのように大切にしていけるようにしたいです。
| ハナッペ | 2007/04/23 7:30 AM |
前の記事を読んでコメントしたかったのですが、
子無しの、子ども好きというわけでもないわたしが
口出しできることじゃないなと途中で諦めました。

でも息子さんのことが気になって気になって…。
ぎゅぅ〜って抱きしめたい気持ちでいっぱいでした。
息子さんだけでなく、sonicaさんのことも!
きっと、今この瞬間にも、sonicaさんのことを
心でぎゅぅ〜っと抱きしめてる人がいると思います。
どうかどうか、いい方向に進みますように。
| みかこ | 2007/04/23 10:52 PM |
>まっち頭さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
感動しましたよね、皆様のあったかく力強い言葉。
私の返事…お恥ずかしい。まとめてありがとうございました!で済ませちゃおうかと思ったのです。ほんとは。面倒くさがりだし。
でも夏目さんを見習ってみようと思ったら書ける書ける、それどころか止まらない、まだまだぼやき足りなかっただけのようでした。未熟だわ…。

出会いを大切に。

ほんとに思ってるだけじゃなくて行動に移せるようになりたいですよね。
私は妹に「おねえちゃんってけっこう無礼者だよね」と言われるくらいリアルでは人の好意を無にする人間なので、変わっていきたいと思っています。
まっち頭さんのことは大好きですよー。だってひたむきで前向きでピアノが好きで教えられるくらい弾けてかっこいいんですもの。
ネットでも大きな力で支えあえるのって素敵なことですね。
これからもよろしくお願いいたします。m(__)m

>あきゅーぴーさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
文字にするとありのままの自分というよりなりたい自分が語ってるような感じになりますよね。それが嘘、というのではなくそうありたいと思っている気持ちに現実の自分も添っていけばいいのかな?と思います。
みなさまのコメントで客観的になれたり反省できたり、ほんとに宝物ですわ。
たまには読み返して、振り出しから(そうそう振り出しに戻っちゃうのよね)やり直していけばいいんですよね。
しばらく大変な日々が続くかと思いますが、お体大切にお過ごしくださいね。

>ハナッペさん
こんばんは!コメントありがとうございました。
悩んでる方ってきっとたくさんいますよね。
別のブログ(鬱とかアダルトチルドレンとか)を書いていた時に「自殺 鬱 孤独」とかで検索して辿り着いてくださる方がけっこういらしたりして、一人じゃないんだとほっとできたり、元気になった今は、ああこの人の一日が穏やかなものでありますようにとか思ったりしてました。
実際自分も「学童 トラブル」「指導員 問題」とか検索してあちこち熟読しましたし、この温かいコメント、応援歌をそういう人にも届けたいな〜と。
お子さんがいらっしゃらない方でも胸を痛めてくださったりすることに、「世の中捨てたもんじゃない!」という思いを強くしています。
(私なんかほんと薄情なもので)
この頃は、学童で同じ1年の男の子がなにかと面倒をみてくれてるようです。
「ぼくは●●くんが大好きだけど●●くんは僕が大好きではない」らしいのですが、これから長いつきあいになるし、いい距離の取り方を覚えていってくれればいいなぁと思っています。
ジェンダーについて調べちゃったり、ハナッペさんって若いわ、ダーリンが好きになるのもわかります(*^-^*)。

>みかこさん
うわぁみかこさんに息子ともどもハグしていただけて嬉しいです。ありがとうございます。
大人だって子どもだってぎゅーっっと抱きしめられると嬉しいし安心するし、それがあれば勇気がわいてつらいことにも立ち向かっていけるんですよね。(いててて反省…)
口出しできないなんて、とんでもないです。老いも若きも同じ時を一緒に生きてる仲間ですもんね。みかこさんの立場での意見というのもとても貴重で、いろんな立場から考えたりできるチャンスを与えてあげられると自信を持ってがんがん口出ししてくださいな。

学童生活は、ずいぶん落ち着いてきたようです。
4月頭は、私と指導員と息子全員が不安とイライラの極地にいたのかもしれないなと思います。って息子は私と彼女の被害者みたいなものだから一緒にしちゃいけないですね。
私がノー天気でいるのが一番大事で効果的みたいです。
今日はおならネタで子どもたちを「涙が出た」(娘5歳)ほど笑わせました。
笑う門には福来る、ですね。
そんな前向きな自分になってこられたのもこのブログと「sonica」を大事に思ってくださる方のおかげです。
ほんとうに、お仲間でいてくださってありがとうございます。
| sonica | 2007/04/23 11:42 PM |
私が読んだ時にはすでにたくさんの
的を射たコメントだらけで、
もう私の出る幕はないなと思いました(^^ゞ
sonicaさんも、きちんと考えて、
立ち直れる人だと思ったし。
理不尽な誰かのせいで、へこみそうになったら、
「おまえがなんぼのもんじゃい」
と開き直る、
私はこれです^m^
本当に適任でなかったら、
他の方からもクレームは出てきますよ!
いい所もある人だったら(それを望みますが、)
お互いに日々勉強ですね。
担任でも、そういう人(あれ?の人)はいますから、
子供は守りつつ、
あしらっていくことも大事かな。
いざとなったら親が守ってくれると信じられれば、
子供はたくましいものです。
(経験上)


| れいな | 2007/04/24 12:36 AM |
本当にsonicaさんってすごい!
同じように悩んでいる人のためにって、そこまで思いを巡らせることのできる心の広さ、優しさ!素晴らしいです!!

sonicaさんのお住まいの地域にはファミリーサポートセンターはないのかなぁ。
シルバー人材と違ってお迎えもしてくれるし会員さんの自宅で時間まで預かってくれます。
そもそも住んでいる地域によって、学童の内容や受けられるサポートが違うってのが間違ってるんじゃないかと思いますけどね〜。

もうすぐゴールデンウィークだから、子どもたちとゆっくり遊べるチャンスですよね。
うちの子たちもクラス替えで気が張ってるみたいだから、のんびりしていつも以上におしゃべりするつもりでいます。





| あさか | 2007/04/24 4:15 PM |
>れいなさん
こんばんは!コメントありがとうございます。
私がれいなさんの立場だったらやっぱり同じことを思っていたと思います。
同じこと書いちゃうし、うまく書けないしなぁって。
立ち直れる人との評価ありがとうございました。ネットって一つの書き込みに何人もの共感があるよなぁとよく思うので(私も共感しつつもコメント残さないことも多いですし)、れいなさんとつながってることで、ブログを読んで勝手に励まされてます。
開き直りも最近できるようになってきたかもしれません。
最初の私、気弱すぎたよな、とも思います。
また、私も指導員の方や担任の先生からしたら「あれ?」なところのある母親だったりするのだろうし、謙虚さは忘れないようにしなくちゃなと思っています。
子どもを守るのは親。今回はこれを自覚するいい機会になりました。
親子ともどもたくましく育っていきたいと思います。先輩またよろしくですm(__)m。

>あさかさん
こんばんは!コメントありがとうございます。
心広いかな?貧乏性なだけかと。あと、私一人変なんじゃないよね?と正当化したい気持ちもありますし。
でも誰かの役に立てたら嬉しいです。役に立つのは皆様のコメントですが。
無駄にいっぱい悩んできたので、こういう時にこういう言葉でなぐさめてくれたらいいのに!みたいなことは得意かもしれません。
流した涙は思いもかけないところで報われたりするんですね。
ファミサポは近々登録に行こうと思っています。先日電話で聞いた時は微妙な雰囲気でした。田舎なもので、登録している人があまりいないそうです。

ゴールデンウィーク、めいっぱい遊んで楽しい思い出をいっぱい作っていきたいですね。こどもといっぱいおしゃべりするぞーっと思ってくれるお母さんっていいなぁ。(こども視点に戻っちゃいました。そんな私は長女)
私もこれ以上無理!なくらいふれあいまくりたいと思います。
| sonica | 2007/04/24 10:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/312743
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ