トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< [BEFORE&AFTER(納戸)]ファイル崩れをストップ! | main | 受賞記念御礼プレゼント当選者発表です♪ >>
[捨てる本33]『居心地のいい簡単生活〈2〉』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

捨てるモチベーションアップ度★★★★☆

居心地のいい簡単生活〈2〉
居心地のいい簡単生活〈2〉
スーザン オニール Susan O’Neill 大江 康子
文香社

確実に、この本は既読。のはず。

なのに、今回もまたふせんをはさみまくり。

なんなんでしょう、この「してやられた感」。
なんなんでしょう、この「目からウロコが!とかさんざん言っておきながら、全然学びも変化も実はなかった自分との対峙による惨敗感」。

というわけで、居心地のいい簡単生活を目指しつつけている、私による、現在心に残ったところ。
(前回よりは減っていると思いたいけど、どうだったかなぁ…)

人生とは、小さな毎日の積み重ね。だからこそ一日一日を気持ちよく穏やかに過ごすことが、何より大切な生き方だと思うのです。」(p2)

慌ただしい日々の中で、そうした時間を手に入れるための手段として、著者が提唱するのが「簡単生活」。
シンプルな目で物を見て、シンプルな生活をすることで、心地よく暮らす。
心がけるのは、「簡単」を選ぶこと。

掃除というのは、家の中をもとの状態に戻すこと、それ以上、それ以下でもありません。磨き上げようとか、美しく仕上げようとか気負いすぎると、掃除がとてつもなく手間のかかる労働に思えてくるわけです。」(p60)

簡単にきれいをキープするコツとして、「拭けるものをすぐそばに用意しておく」「汚れたらすぐきれいにする」「物の場所を決めて使ったらそこに戻す」「トイレ掃除はエチケットとして汚したらキレイにするを習慣づける(家族に)」などなど、多数の本を読んできた今となっては、お約束事が紹介されています。

著者の家を訪ねた友人が口にする「ここにくると、ホッとできるわ」「くつろげる家ね」。

う、うらやましい。
なりたいなりたい、そんなおうちに。

して、そのコツは?

心がけているのは、不必要なものと好きでもないものは置かない、ただそれだけです。」(p69)

今の生活に本当に必要かどうかを基準にして見てみると、家のあちこちに不必要なものが数えきれないほど潜んでいることがわかったのです。」(p70)

必要なものと好きなものだけ置くことにした著者の家は、見違えるほどすっきりと片づき、掃除もラクになり、好きなものだけに囲まれているからとても落ち着くようになった、と。

ああそうなりたい。
なりつつある途中だと思いたいけれど、道は遠い。
でもあきらめないでいつか、くつろげるおうちで、くつろぐのだ。

物理的な状況だけではなく、時間に追われて落ち着かない、という人へのアドバイス。

忙しいと思い込んでいる人は、心のゆとりをとり戻すことがまず先決です。時間を無駄に使っている人ならその原因を探り、改善していくことです。」(p81)

「(もしも自分の住まいが一枚の絵になったとしたら、どんなタイトルをつけるだろうか?)」(p104)

それだけは勘弁して下さい、と言いたくなってしまう状態。
まあつけるなら「カオス」とか「雑多」とか。

つけたいタイトルを考えて、それに近づけていく、というのがいいのかもしれない。
さしずめ私なら、何にするだろう。
「ゆっくり読書をしたくなる」「日だまりでお昼寝」「リフレッシュ」そんなところ?

『もう一度訪ねてみたい』と思われる家に」(p161)

私は友だち付き合いがそんなに得意じゃないのでお友達を呼んでわいわい、でもないのですが、自分自身がそう思える家にしていきたいと思います。
ここに住みたい。
ここが落ち着く。

小さなこどもが「ママがいい!」というように。

自分を見つめ直すためにいい方法として紹介されているのが、「私は〜です」「私は〜が好きです」「私は〜をほしいと思っています」と「私」を主語にした単文を思いつくまま書き出していくというもの。
ひたすら書き続けていくうちに、世間体とか上辺だけの物欲を脱ぎ捨てた「自分らしい自分」に出会えるそうです。

一度やってみようかな。

自分らしい自分に出会わなければ、ほんとうに願っているもの、願っている暮し、欲しいモノもわからないままになってしまうなら、出会わねば。

他にもヒントはいろいろとあり、心理的な側面からのアプローチが興味深い一冊でした。
居心地のいい簡単な生活へのノウハウというより、それにほんとうに向き合いたい人の心得集。

今回こそ頭に、心に焼きつけ、変わりたい。

居心地のいい簡単生活〈2〉

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
ジャンル毎にまとめたAmazonインスタントストアはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(7) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
そうでしたぁ! 私もずっとずっと前にこの本を読んだはず。代弁して下さり、有り難うございます(涙) お蔭様で、我が家も「三歩進んで二歩下がる♪」(実際は2.9歩下がる)程度には、お片付けも前進しているような気がします。

「不必要なものと好きでないものはおかない」。それって、自分の幸せにも繋がるんですよね。ほんと、目からウロコです。うちの題名は、なんだろ。「途中下車したまま」なんちゃって^^;
| 映子 | 2007/02/09 1:34 PM |
はじめまして。
青ポットさんのところから来ました〜。
かなり前からsonicaさんのところにも来ていましたが、初コメントです。

いつも「捨てる本」についての情報、ありがとうございます。
何度かこちらで拝見した本を購入して役立てることができました。本当に感謝です!
sonicaさんの感想やピックアップ部分がググッと来ます!

まだまだ物だらけの我が家ですが、チマチマ不要品を捨てて行きます!
またいろんな情報をよろしくお願いします〜♪
| milk | 2007/02/09 2:17 PM |
>映子さん
こんばんは!わはは、0.1歩仲間ですね。
ほんとそうですよー……いや待て、私は時にはマイナスでした。下がってます。
気持ちだけは前へ、ってことでそれだけでもよくなってると思いたい、です。

ほんと、原則はシンプルなんですよね。
それを守るだけなのに。
もっと捨てていけば心もスッキリしてやれるようになるかなぁと思います。

いつか終点まで行けるようにがんばりましょーね。(*^-^*)

>milkさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。嬉しいです♪
捨てる本、自分のためのメモだったのですが、思いがけずお役に立ててよかったです。書いて満足しちゃってる私をよそに、進んでいかれる皆様、私も読み返してモチを上げねば!と思います。
ぐぐっとくるところ、いつかなくなるといいですね。あら〜そんなの当たり前じゃないの〜昔の私ってこんなことに目からウロコとか言っちゃってオホホ、になりたいです。

チマチマでも続けていけばいつかはスッキリ!ですもんね。
私もスッキリ3月を迎えられるように減らしたいと思います。
一緒に頑張りましょうね(*^-^*)。
| sonica | 2007/02/09 9:29 PM |
sonicaさん、こんにちはー。連休はプチ旅行?でしょうか〜(お帰りなさい、かな)。

今回も捨てるモチベアップの原動力になりそうな本のご紹介、ありがとうございます。一覧とインスタントストア、とっても便利です!
私の場合、読書時間は実質通勤帰りだけなので、どのくらい読み進めることができるか自信がないですが、どれもこれも読みたいものばっかり〜。

「不必要なものと好きでないものはおかない」。
「好きかどうか」については偏屈なほどだと思ってるんですけれど、「不必要なもの」は本当に多いです、自室だけでも。我が家全体では、考えるだけでうをーとなりそうです。「小さな毎日の積み重ね」でコツコツ理想に近づいていければいいなぁ…、なんて思いました。
我が家は、一言でいうと「行き当たりばったり」かなー。
| Rica | 2007/02/09 11:47 PM |
>Ricaさん
こんばんはー。
連休はおかげさまで楽しく過ごさせていただきました。
こんな暮ししたい!!!という素敵なインテリアにも触れてきて、そのためには捨てねば!という気が高まってます。

アマゾンのレビューもためになりますよね。私もあれで読んだ気になったり、モチアップさせてもらったり、おすすめです!
不要なモノを処分する、これが一番手強いかもしれないですね。見ないフリすればなんとかなるし、捨てる罪悪感と向き合わなくていいし。
でも、これを乗り越えないことには居心地のいい暮しにたどりつけないんですよねー。やっぱりコツコツやってくのが一番なんでしょうね。

行き当たりばったり、わー、うちもですー。
「熟考」とか「取捨選択の果て」とかいうタイトルがつくようになりたいですね。
| sonica | 2007/02/14 10:22 PM |
居心地のいい簡単生活
この本読んでみようと思います。
ふせんを貼っているという赤文字部分、私の生活を思い返すとかなりうなずけることばかり。
本文からはずれますが、本の気に入った部分にはふせんをはるといいんですね。いつも読み流すばかりで、身についていませんでした。
すごく参考になります。
いいですね簡単生活!
| poppon84 | 2014/10/05 8:04 AM |
>poppon84 さん
初めまして。コメントありがとうございます。
古い記事にコメントいただいたおかげで、私も再読した気持ちになれました。
当時は簡単生活にあこがれてたけど行動が伴ってなかったなあ、と思います。
最近やっと行動の結果を味わえてきた部分もあるかなという感じ。
一度の人生、好きなものと必要なものと気持ちよく暮らしていきたいですね。

ふせんですが、私はメモ用紙(割と裏紙)をはさんでべりべり割きながらはさんでいきます。ふせんだとドンピシャな位置に貼れますが、貧乏性で。
ベストは書き写すことかもしれず、それ用にも一冊用意しています。
簡単生活、していきたいですね(^_^)
| poppon84 さんへsonica | 2014/10/05 10:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/256818
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ