トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< [買ったもの06]ポット&引き出し2ヶ所整理 | main | [BEFORE&AFTER(その他)]紙袋スッキリ! >>
[捨てる本17]斎藤 茂太「捨てる力」がストレスに勝つ
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

捨てるモチベーションアップ度★★★☆☆
※先日逝去された斎藤 茂太さん。多くの著書に励まされました。先日読んだ本の感想をアップすると共に、ご冥福をお祈りします。※

「捨てる力」がストレスに勝つ
「捨てる力」がストレスに勝つ
斎藤 茂太
新講社

ココロの専門家、斎藤茂太さんだけあって、捨てる対象は物理的なモノに限らない。

プライド。
頑張り過ぎ。
寝過ぎ。
暇過ぎ。
心配事。
甘え。

などなど。

適度なストレスは必要だけれど、鬱にならないようなストレスの元の捨て方を身につけることは大切だと思う。

捨てたい。
でもなかなか捨てられない。

そんな私に、ヒントがいっぱいあった。

心に残ったところ。

「『捨てる』ということは自分をリアルに、しっかりと見つめ直す作業でもある。」(p55)

「笑って、捨てる。」(p87)

「汗を流して捨てる。」(p88)

「感動して、捨てる。」(p89)

他には、旅をして、恋をして、書いて、捨てるなど。

書くことで、イライラやモヤモヤの原因が見えてくる。それが不要なモノであれば、捨てることでラクになる、機嫌よく暮らせるようになる。

「母は、モノへの執着がなかった。なぜかといえば『心が若かった』からなのだと思う。なぜ心が若かったのかといえば、母がいくつになっても『思い出に生きる人』ではなく、『現実を生きる人』であったからのように思う。」(p137)

私は、現実を生きているか。

思い出の中に逃げ込んでいないか。

現実を生きようとしているか。

不要なモノを捨てられるかどうかのポイントは、そこかもしれない。

「いいことを考えていれば、いいことが起こる。」(p179)

そう。
いいことを考えて、いいことを招こう。

すべて、自分次第。

今日もきっといいことが私を待っている。

「捨てる力」がストレスに勝つ
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(3) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
プライド。寝過ぎ。暇過ぎ。心配事。甘え。

捨てたい物以外のものに、ドキッ!!

今日も勉強になりました。
| あきゅーぴー | 2006/11/26 12:50 AM |
>あきゅーぴーさん

物に限らず捨てられるようになったら、執着をもたずに生きられるようになったら、きっと人生変わりますよね。

いい方にね、きっとね。
なっていきたいですね。まずはできることから。
| sonica | 2006/11/26 6:29 PM |
斎藤茂太さんこういう本を書いてたのですね
知りませんでした。
北さんといい、お二人の片付けって興味あるな〜と思いました。
片付けより、家の中かな。

| yurinokasan | 2006/11/27 2:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/204536
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ