トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< [お嫁入り先募集]くまちゃんマスク | main | [BEFORE&AFTER(子ども部屋)03]お客様がお泊まりに! >>
捨てたモノ *粗大ゴミ*
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

粗大ゴミを捨てに行きました。

とても申し訳ない、悲しい、反省させられる行為でした。

粗大ゴミの持ち込みをしようと、前日に環境課へ電話。
予約をとり、いざ準備です。



ベランダにその昔しきつめたデッキ材。
予想していた素敵な結果にならず、敷くだけしいて、放置。
(子どもがよじのぼって危険ということで、ベランダには何も置くなとの相方の厳命で何も置けず)

どうしようもないな〜と、とりあえずちまちまとゴミの日に数枚ずつ捨てていました。

今回、粗大ゴミ持ち込みなので、これも持っていけるだけ持っていこうとはがしにかかりました。



パーツ同士がなかなか外れない上に、外れた拍子に板をとめていた釘部分がむき出しになって、たまにつかんでしまって痛いし危険でなかなか進みません。



きのこも生えてたり。



三袋つめたところで体力の限界が来ました。
今日はここまでにします…。

さて、お次は。



裏へまわりまして。




こんなところに、朽ち果てたドアが。

新築時に業者さんがサイズを間違えたとかで、持って帰って処分するというのをどうせ捨てるならともらっておいたもの。

7年前に戻って自分を問いつめてやりたい。

何がいったいどうもったいないのかと。

何に使うねん。
何がしたいねん。
どう使うねん。
いつ使うねん。

おまえののばかさ加減にとうちゃんなさけなくって涙がでらぁ。

ごめんなさぁい…。

もうしません…。

ほんとに懲りました。



出発前の記念撮影です。

捨てたモノ
・デッキ材
・汚れ果てた羽毛布団(独身時代相方が使ってたモノ)
・壊れたタオル干し(黄色いのは補修したテープ)
・幼児布団(保育園の一時保育で使ってたもの。クリーニングもしたけど、うちでは綿布団はどうしても使わない)
・割ってしまった鏡
・買い替えた風呂のふた
・不要なドア

車に載せました。



あれ?

昨日電話した時は8つ、っていったのに、7つ?
何か忘れてる…?



プランターを忘れていました。
(プラゴミの袋に入らないし、割れない)

なんだかんだで、いざ出発。

ものすごい山の中へ走っていき(でも自宅から8キロくらいだった…)、最終処分場へ到着。
受付し、車の重量を量って小山の上へ。



そこからモノをおりゃおりゃと投げ落としていきます。



ものすごいゴミの量です。

ごめんねごめんね。

うちにおいておけなくてごめんね。
使わなくてごめんね。
使い切れなくてごめんね。
安易に買っちゃってごめんね。
安易にもらっちゃってごめんね。
壊しちゃってごめんね。

まだ使えるモノもあるのに、それらがあることで私が幸せになれない、という理由で投げ捨てられていくモノたち。

ほんとにごめんなさい、という気持ちになりました。

こんな思いはこれからしたくない、と心から思いました。

ゴミになるものは、買いたくない。

モノを大事にしたい。

だから、身の回りのモノは、大事にしたいモノを選ぶこと。



まとめられて、時がたち、草に飲み込まれていくゴミたち。

大量消費、大量ゴミ出しな生活はしたくないな、あらためていきたいな、と思う機会になりました。
今は捨ててるけど、捨てないために、捨てている。

少しでも、「捨てない暮らし」を目指して、心がけていきたいなと思います。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├捨てたモノ | 固定リンク | comments(9) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
はじめまして。
悲しい日記でした。
読みながら 涙が出てきました。

数ヶ月前、私は お部屋改造を依頼し、家中にある不要なものを 処分しました。
軽い気持ちで 買ってきたりもらってきた品々。
だから、粗末に扱って、挙句には 邪魔者にして、
捨てて。
私も そのとき もう、捨てるようなものは買わない
と思いました。。。
なのに、 今、
また 不要なものに囲まれて暮らしています。


情けない。

これから、ちょくちょく 遊びに来させていただきますね。
そして、また、がんばれたらいいなって思います。
| まっち頭 | 2006/11/07 11:34 AM |
こんにちは。
2度目の訪問です。

私も切ない記事で胸が痛くなりました。

横浜は粗大ゴミシールを貼って
所定の場所へもって行けば
あとは収集車が持って行って処分してくれるので
それらの行き先まで見えませんでした。

こうして直接処分場へ持ち込むのって
かなり精神的にこたえますね。。。

私は捨てるの大好きの捨て魔ですが
ちょっと考えてしまいました。
捨てる状況を作らないように
余計なものを買わないもらわない
そしてリサイクルできるものはリサイクルしていきたいと
思いました。

貴重な画像ありがとうございました。
| オレンジペコ | 2006/11/07 4:43 PM |
なぜドア置いておいたんでしょうねぇ・・・?
すッごく笑いました。

でも、最後はしーんみり。
本当に、不用品の最後って見る機会がないですもんね。
改めて考えさせられました。
ものは最後の最後まで使ってあげないといけませんね。
そのためにはsonicaさんの言うとおり、自分の気に入ったもの、使いたいものを周りに置くべきですね。
一歩ずつ、がんばりましょうね!

・・・でも、sonicaさんわたしの遙か前を歩いてる・・・
| papipo | 2006/11/07 5:12 PM |
ほんとにめったに出来ない経験でしたね。
大仕事でしたね。

ドア。
業者さんが持って帰っても捨てられる運命だったのでしょう?
本当に何かに使えればよかったのでしょうが(しかし何に?)その時のsonicaさんはそのドアが捨てられることが単純に忍びなかったのではないかなあ。
知らないところで捨てられれば気づかなかったことを、そのドアは体験させてくれたんですね。

物があふれている生活って個人のせいだけではないような。
経済や効率だけを優先させる社会の仕組み?から、社会全体が地球に優しくならないといけないな、などと考えてみたり。

なんだか考える機会を頂きました。
ありがとうございます!
| リリココ | 2006/11/07 5:43 PM |
sonicaさん、こんにちは。

捨てたモノたちが大事なことを教えてくれたようですね〜。
sonicaさん、とてもいい経験をなさったと思います。
感動をありがとう〜。(ToT)

>今は捨ててるけど、捨てないために、捨てている。
いいですね〜!
私もsonicaさん同様、捨てない暮らしを目指したいです。
| sky | 2006/11/07 6:38 PM |
捨てるってホント心が痛いですよね・・・。
今、実感中です。

でも、同じような事を思いながらお片付けをを頑張っている
方がいらっしゃる〜と思うと心強いですー。

素敵シンプルライフを目指して〜
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
| ひつじ屋 | 2006/11/07 9:45 PM |
2006.11.01 Wednesday
[買ったもの03]雑貨屋さんにて
でちょっと紹介していた、
『3日で運がよくなる「そうじ力」』
歯医者の帰り、本屋で見かけて買っちゃいました。

今「北の国から」をビデオテープからDVDに録画の真っ最中。
不用品を処分しながら、物を大事にすることを考えました。
今までは物(殆どが不用品)が多すぎて、それを収めることに囚われていました。
物で溢れ不便を強いられてきていた事に、
捨て始めて気付きました。
徐々に物が少なくなり気持ちに余裕が出てきて、
手入れをすることを覚えました。
必要最小限の物を、大事に使う。
それが環境のためにもいいのかなぁって。
今回のこと、捨ててる私も同じ思いです。
| あきゅーぴー | 2006/11/07 10:43 PM |
・デッキ材→表面を研磨して塗装してバルコニーの壁に貼るとウッディな感じになります。そこにハンガープランターとか下げるとお洒落かも、、、
・汚れ果てた羽毛布団(独身時代相方が使ってたモノ)→これは仕方が無いです。クリーニング代の方が高くつきますもんね。あえて使うなら、水はけの悪いぬかるむ土地に埋めます。ぬかるみが押さえられてあとは土に、、、化繊が無ければ、、、
・壊れたタオル干し(黄色いのは補修したテープ)→真ん中にウエルカムボードを付けて、パイプ隠しにはツル科の植物に頑張ってもらう!
・幼児布団(保育園の一時保育で使ってたもの。クリーニングもしたけど、うちでは綿布団はどうしても使わない)→羽毛布団に同じ、仕方ないですよね。
・割ってしまった鏡→細かく砕いて、モザイクタイル代わりに、、、
・買い替えた風呂のふた→こういうプラは本当にやっかいですね。ポイッ!
・不要なドア→腐る前だったらこのドアの為に物置小屋作ったかも、、、ウチにも壊れた自作ドアぶん投がってます。
直してまた使う予定。(高価なウッドシェイク使用の為)
・大量のプランター→プランターが入るように丸太を削って10倍ぐらいの値段で売ります。

と、リサイクルするならと考えましたが、だからウチは片付かないのかぁ〜。反省!
| 音やん | 2006/11/08 2:41 AM |
>まっち屋さん
おはようございます。
まっち屋さんのブログも拝見しました。なかなかな困難の中がんばってらっしゃいますね。うちの実家の昔を思い出しました。抜けられそうにない感じ。
でもまっち屋さんの前向きさと痛みをちゃんと感じる感性があれば、少しずつ変えていけるんじゃないかなと思いました。
私もまだまだです。
お互いがんばっていきましょうね。リンクさせていただきますのでよろしくお願いします。

>オレンジペコさん
うちの自治体も事前に連絡すればゴミの日に出せるそうです。
でも、これだけのモノを取りにこさせるのが申し訳なく(恥ずかしく?)、ちゃんとそれくらいの痛みを感じた方が自分のためにいいかな、と持っていきました。
ぽいぽいと捨てないで済むような暮らしをしていきたいですね。

>papipoさん
そうそう、ほんとにお気に入りを持つ、使う、使い倒す、感謝して捨てるが一番自分にも環境にもいいことなんですね。今頃気づく私って。
少なくとも子どもたちにはそれを教えていけたらいいかなと。
ここまでくるのに何年もかかってますから、papipoさんもあと3年もすれば(遠いよ!)?

>リリココさん
優しいコメントありがとうございます。
忍びない、という気持ちも大切にしたいなとは思いますね。でも、あかんもんはあかんやろ、という理性も大切にしないとこういう目にあうと。
捨てなきゃいい、という問題でもないし、一人でなんとかなる問題でもない。
私もいろいろと考えさせられました。

>skyさん
痛いけどいい経験でした。
捨てられたモノたちが残してくれたメッセージ、忘れないようにしたいです。
お互い捨てない暮らしをめざしていきましょうね!

>ひつじ屋さん
この痛みが大事なのかなあと思います。
安易に捨てるはめになりそうなモノ、買うまい!と思いますもんね。
お財布にも環境にも優しいし、心がけていきたいです。
(でもお買い物も楽しい〜)

>あきゅーぴーさん
おお、買いました?私は図書館返却待ち。でも他の片づけ本いっぱい借りてきたのでそれを熟読中です。
「物で溢れ不便を」「物が少なくなり気持ちに余裕が」そうそう!
これって捨ててみたら見えてきたというか気づいた大発見ですね。
なんで今まで気づかなかったの?と。
「必要最小限の物を、大事に使う。」うわーこれをブログのタイトルにしたいくらい。というか格言でアップしよ。
それを目指し、あきゅーぴーさんの潔さを見習い、私もがんばりまーす。

>音やんさん
センスと技能があれば、リユース、リサイクルが理想です。
私も壁紙とか段ボールとかあれこれリユースしてみましたが、いかんせんゴミからゴミを作り出すだけに終ってしまったこと多数。
「腐る前だったらこのドアの為に物置小屋作ったかも」
できる人は言うことが違いますね…いいなぁ。できない私は、できないなりの暮らしをしていかなければ。音やんさんちのドアは転がっててもステキでしょうが、うちのは中身、紙でしたよ、紙!(おかげで軽くて助かりましたが)
おそるべしプレハブ住宅。
| sonica | 2006/11/08 6:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/179666
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ