トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 動画「あさりのバター蒸しとサラダby魚波さん」 | main | 【一覧】片づけに役立つ本 >>
[片づけに役立つ本45]アン・モロウ リンドバーグ『海からの贈りもの』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

2008年に読んでメモした本ですが、再度ご紹介。

海からの贈りもの
海からの贈りもの
アン・モロウ リンドバーグ
立風書房

以下、2008年当時の感想。
最近ちょっと大きな決断をしました。
不眠になるくらい自分なりに悩んだのですが、うまくもきれいでもなかったけれど、きっぱりとケリをつけました。

もしかしたら、この本を読んだからかもしれないなあと振り返って思います。

シンプルに生きたい。

そのために要らないものを断ち切る勇気を、この本からもらったような気がします。


このタイミングで思い出されたということは、今、また、決断のタイミングなのかもしれません。

とは言え、日々、私たちは決断をしているのですよね。
小さな決断から大きな決断まで。
自分の責任で。

当時も今も、心に残ったところ。

しかしわたしは何よりもまず……(略)……わたし自身とひとつでありたい。それがわたしの望みだ。自分への責任や自分の仕事に、最善を尽くすために。」(p19)

私自身であるということはどういうことか。
私自身でありたい、という前に、まずそれを考えることが私には必要でした。

ええかっこしいの私が見えてきました。とても嫌でした。

裏表のないわたしでありたい、と思いました。

ものごとの核心を正しくとらえ、通俗的なことに足をすくわれることなく、自分の生活の核に、いつもたしかな座標軸があることをわたしは望んでいる。」(p19)

ぶれない。
大事なモノを見失わない。
そんなわたし。

ぶれる自分も、また自分。
あるがままで、でも、四方に目を向けて。

にし貝のシンプルで、あるがままの美しさは、わたしに教えてくれる。答えのひとつ、あるいは問題を解決するための一歩は、自分の生活を簡素にして、気を散らす幾つかを切り捨てることなのだ、と。」(p27)

切り捨てる痛みに耐えられるか。
それはその後に待っている簡素で雑音の少ない暮らしがイメージできてこそだと思います。
そういう暮らしがしたい、と心から思いました。

思いつ続けて、少しずつできるようになったことと、
課題として残し続けてきたことと。

海辺での生活でまず覚えることは、必要のないものを捨てることである。
どれだけ多くのもので、ではなく、どれだけ少ないものでやっていくか。
まず身の周りのことからはじめることだ。
」(p28)

これができるかどうかで、人生は大きく変わるのかもしれません。
確かに、今よりたくさんのものを抱え込んでいた時と比べて、困ることはそれほどなく、むしろ楽になったことの方が多いように思います。

要らない鎧を脱いだから。
要らない足かせを外したから。

そして、貝殻のように簡素なこの家に、わたしは、心から打ち解けられる友人しか招かない。そう、わたしは、人とつきあう際の偽善というものも捨てはじめている。
 なんと、気分のいいことだろう。率直でないことが、暮らしていく上でいかに人を疲れさせるかということに、わたしは気づいた。
」(p30)

当時、この言葉に背中を押されました。
偽善はやめよう。率直になろう。
無駄に疲れることのないようにしよう。
NOと言えました。

自分が自分の核としっかりと繋がっている時だけ、わたしたちは他者とも繋がることができる。(略)そしてわたしにとって、その核、あるいは内なる泉を発見するには、やはりひとりになるのがいちばんだと思う。」(p43)

ひとり、というのは孤独や孤立することではなく、独立すること。
誰かと一緒にいても、ひとりになることはできるし、
ひとりぼっちでも独立していない人もいると思います。

「わたしはひとり。でも大丈夫」と思えるかどうか、かなぁ。

しかし、失望や驚きを伴うとしても、わたしたちをほんとうに豊かにしてくれるものはすべて、そういった未知のものであるのだ。」(p129)

ソロライダーでツーリングしていた頃、ひとりでいる方が、
出会いがたくさんありました。
未知との出会いは、おそらくひとりで、自由で、身軽でいることで巡り合いやすくなるのでしょう。

新しいものとの出会いを楽しむ、味わう、喜ぶ。
変化を恐れない。
歳を追うごとに、保守的になり、面倒くさがりになり、変化に対応できない自分になっていることに気づきました。
変える必要のないこともあるけれど、変えること、変わることを楽しむ余裕を持ちたいと思います。

今、この時期にこの本のことを思い出したことにも意味があるのだろうと感じています。

私は、なりたいと願う私に、なりたい。
そのためのヒントがつまった本でした。

この本を紹介してくださったYUKKEさんに、心から感謝ですm(__)m。

海からの贈りもの』(Amazon)
海からの贈りもの』(楽天)

読んだ本の一覧
『【一覧】片づけに役立つ本』
『[一覧]既読捨てる気になる本』
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。

JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする










おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ