トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< [BEFORE&AFTER]キッチンの引き出しリセット | main | 片づけサポート「一緒にトトノエル」作業の流れと料金(2020.3現在) >>
死ぬまでに読みたい100冊の本(6/100)『サイボーグ時代』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」


不登校を経験し、孤独と向き合った青年が見つけた人生のミッション。


(クリックすると、大きい画像で見られます)

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモから、吉藤オリィ 『サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

目次

テクノロジーとはなにか?/サイボーグ的な生き方/万能主義からの脱却/ほしいものを自分でつくる開発思考/居場所を見つける/対人コミュニケーションを克服する/「できない」を武器に変える/自分をシェアする/これからの時代を生き抜く6つのストラテジー/死を思い、生きる/亡き友に捧ぐ、だれもが“生きる”サイボーグ時代

吉藤オリィさんについては、以下の通り。
本名:吉藤健太朗。1987年、奈良県生まれ。株式会社オリィ研究所代表取締役所長。
小学校5年から中学校2年まで不登校を経験。工業高校にて電動車椅子の新機構の開発を行い、国内の科学技術フェアJSECにて文部科学大臣賞、ならびに世界最大の科学大会ISEFにてGrand Award 3rdを受賞。その際に寄せられた多くの相談と自身の療養体験がきっかけとなり、「人間の孤独を解消する」ことを人生のミッションとする。
その後、高専で人工知能の研究を行い、早稲田大学創造理工学部へ進学。在学中に分身ロボットOriHimeを開発し、オリィ研究所を設立。米Forbesが選ぶアジアを代表する青年30名「30 under 30 2016」などに選ばれ、現在はデジタルハリウッド大学院で特任教授も務めている。オリィの名前の由来は趣味の折紙から。

この本から学んだこと

・孤独とは、誰とも繋がらずこの世界に居場所がないと思ってしまう状態
・居場所を見つける方法
 1.「なりたい」じゃなくて「やりたい」を目指す
 2.夢中になれることを探す
 3.興味を発見できるコミュニティへ所属する
 4.興味を削ぐコミュニティからエスケープする
・サイボーグ化とは、「やりたい」意志に基づきテクノロジーが能力となり、生活、人生と滑らかに融合すること
・自分の「やりたいけどできない」がなぜなのかを把握して、適切なツールを選ぶ必要がある

メモせずにいられなかったところ

・「ありがとう」を言ってもらうチャンスが得られない苦しみは、それを体験したことがない人にはなかなかわからない
・後悔よりも教訓を、同情よりも共感を
・障害とは、やりたいことの実現を阻むハードル
・一日一回は失敗する(6つの行動指針)
・死が遠くなるとやりたいことを我慢する
・明日死んでもいいから今日好きなことをしたい

印象に残ったところ

・「できる」ことを増やすことで、人間は未来に対してポジティブになれる、が開発の理由
・できないことは他人の力やツールを使う
・「できない」を武器に変える
・「できない」ことを可視化する
・自分から行けないなら、全力で待ち構えよ!
・ビデオチャットで授業を受け、教授を説得「肉体はないけど体と意識はここにある」

理性と感情。
知と情。
このバランスが生きていく上で必要だと思うのですが、
著者のオリィさんはそれをとてもうまく取れている人だと思いました。

「できない」イコール劣等感ではなく、メリットを見つける考え方も素敵です。
自分らしさを表す特徴であること、ソリューションを生み出せること、
できない人の気持ちがわかることなど、「永年片付けられなかった」自分には、
とても共感できました。
なおかつ、対処法として、努力、助力、工夫も紹介してくれていて、
さすがソリューションのプロ。

人とコミニュケーションを取りたいのに、うまくできない。
明後日の方向に努力するのではなく、諦めるのでもなく、
自分が話しかけなくてもいい工夫をする、という解決策を見つけるところもさすがです。
また、相手に覚える努力を強いないようにする(黒い白衣を着る)という優しさ(+覚えてもらう)も、双方よしを考えた真似したい創意工夫。

好きを大事に。
やりたいことを大事に。
できることとできないことを分けて、できないことは任せて、
できることに全力で取り組む。
挑戦する、失敗する。成功する。
工夫する。力がつく。上達する。
役立つ。ありがとうと言われる。
存在意義が見つかる、居場所ができる。
絶望や孤独が減り、希望と安心が生まれる。

それを実践してきて、まだこれから歩み続ける若者のストーリー。
とても励まされました。

植松電機の植松努さんと同じことを考えている人がここにも。

大切なのは、「できない」をゼロにすることではなく、「困ること」をゼロにする方法である。

(吉藤オリィ 『サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~』より)



吉藤オリィ 『サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~

東條真紀
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】4月以降で承ります
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
四柱推命&算命学でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー二級認定講座 静岡5/16(土)

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)


JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする










おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ