トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 願いが叶うならこの動画のように | main | 死ぬまでに読みたい100冊の本(3/100)『本を読む人だけが手にするもの』 >>
【一流の奥義】子どもに片付けをさせる、勉強させる、本を読ませる方法
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

結局仕組みが一番効果的だよね、と思ったので、以下つらつらと。

→『制服色分けで残業減った 一目で分かる定時退勤促す 熊本地域医療センター』



「座れ」が三流。
「座ってください」が二流。
「気づいたら座っていた」が一流。

つい座ってしまうような仕組みを作るのがポイント。



「片付けなさい」が三流。
「片付けようか」が二流。
「気づいたら片付けていた」が一流。

つい片付けてしまうような仕組みを作るのがポイント。



「勉強しろ」が三流。
「勉強しようか」が二流。
「気づいたら勉強していた」が一流。

つい机に向かってしまうような仕組みを作るのがポイント。

ビジネスなら、



「このタイミングで買わせよう」が三流。
「このタイミングなら売れるだろう」が二流。
「このタイミングなら喜ばれるだろう」が一流。

良書です→『自分の仕事は誰を幸せにするのか?「ピコ太郎の作り方」から学んだこと』

差を生むのは想像力と愛。
想像力を育むのは読書。
愛は経験から学べるもの。
経験は読書で補える。

そうだ、本を読もう^_^



「本を読め」が三流。
「本を読みましょう」が二流。
「気づいたら読んでいた」が一流。
(「気づいたら読んであげていた」が超一流?←超一流の親バカですが何か)

あ、ちなみに、仕組みを作っても、
座るかどうか、
片付けるかどうか、
勉強するかどうか、
本を読むかどうか、
買うか買わないかどうかは
相手次第です。

せっかく仕組みを作ったのにーキー!ってなるのはお門違い。

マラソンでいうと、給水ポイントで取るのか取らないのか、
それを決めるのはランナーであって、用意した人ではない。

そこは間違えないようにしないとですね。

JUGEMテーマ:家庭

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├選択理論心理学 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする










おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ