トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 人生を取り戻す片づけ、「一緒にトトノエル」への思い | main | 「人生の岐路に立って人が自分を見つめ直すのによい指針になると思いました。」トトノエル鑑定の感想(94) >>
死ぬまでに読みたい100冊の本(3/100)『本を読む人だけが手にするもの』
→2020年に叶えた私の夢100個→2020年十干別「心がけておくといいよポイント」

2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校の校長を務めた藤原和博さんの著書。


(クリックすると、大きい画像で見られます)

死ぬまでに読みたい100冊の本のメモから藤原和博さん著『本を読む人だけが手にするもの』をご紹介。
一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

メモしているのは、エイ・ステーショナリーさんの方眼ノート

概要

序章 成熟社会では本を読まない人は生き残れない
第1章 本を読むと、何が得か?
第2章 読書とは「他人の脳のかけら」を自分の脳につなげること
第3章 読書は私の人生にこんな風に役立った
第4章 正解のない時代を切り拓く読書
第5章 本嫌いの人でも読書習慣が身につく方法

この本から学んだこと

・人生五十年で触れ合うべき四つの分野があること
 個人/組織とメディアを通した間接/リアルの体験の軸で考える
・20世紀型の成長社会(ジグゾーパズル)と21世紀型の成熟社会(レゴ)の違い
・正解のない時代を切り拓くには情報編集力、つなげる力

メモせずにいられなかったところ

・正解から納得解を作り出す。本は有効な手段。
・読書が高める5つのリテラシーと1つのスキル
・予期せぬ出会いが重要。大人は旅で子どもは遊び。ルールとロールとツール。

好きなところ

・読書はインプットではなく、引き出す営み
・作品は作家の「脳のかけら」読書することで、自分の脳に繋げられ、拡張する!
・読書はみかたを増やす(味方と見方)

それぞれ一人一人が自分自身の幸福論を編集し、自分オリジナルの幸福論を持たなければならない時代に突入した。

(藤原和博『本を読む人だけが手にするもの』より)

それを掴むための軸となる教養は、自分で獲得せねばならない。

そのためには、読書が欠かせない、と。

同感です。
とても獲得できている気がしませんが、賽の河原だとしても、
積み上げていきたい。

といっても、読書は利益を得るためにしているわけではなく、
ただただ愉しいからせずにいられないだけですが(^_^)

嬉しいおまけがいっぱいあって、幸せです。


一年前、最初にメモしたのがこの本でした。
ここから始まった、私の「書く読書」。

響いた箇所をキーボードで打ち込んでた時よりは、
落とし込めている気がします。
何より見返すのが楽で、気に入っています。

「書く読書」仲間が増えるといいなー。


藤原和博『本を読む人だけが手にするもの

東條真紀
浜松の読書好きライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。

一覧はこちら→『死ぬまでに読んでメモしたい100冊の本』

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】2月以降で承ります
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
四柱推命&算命学でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー入門講座 浜松計画中
ライフオーガナイザー二級認定講座 浜松1/18(土) 静岡計画中

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)


JUGEMテーマ:読書

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├本が好き | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする










おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ