トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 手放したモノ(時計と名札)2018年通算345個 | main | 「子供たちのママ友とのことで悩んでいましたが、鑑定結果を読んで、ふっきれました。」トトノエル鑑定の感想(46) >>
読んだ本『学問としての四柱推命—その歴史と現代への応用』
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら


日沖宗弘『学問としての四柱推命—その歴史と現代への応用

四柱推命とは何か。
どう生かすことができるのか。

ということを、
易について、陰陽五行について、気学について、
八卦から六十四卦について、紹介しつつ理解できるように説明してくれています。

基礎知識が得られるので、初心者の私には、とても参考になりました(^_^)

真の起源はどこにあったのか?という問いには、

中国占は、まず天文学や農耕と不可分に結びついた暦学がその基をなしたと思われる。次に十干・十二支によって多くの人間の一生を記録しているうちに、そこに法則性のあることに気づいたのであろう。」(p121)

他の本にもありましたが、農耕のリズムを知るために天文を参考にしたというのが大筋のようです。

先人の努力ってすごいなぁ、と思ったところ。
(表現力の乏しさに凹む)

古代人たちは普通の人間には見えない死後の世界を『科学的』以外の方法(即ち思考・瞑想・想像など)によって探究し続けてきたし、科学が証明不可能であるとして立ち入ろうとしない人間の運命についても、おそらくは統計的に、または直観的に研究し続けてきたのである。彼らにとってはその方法が瞑想であろうと直感であろうと、出てきたものが有用ならば、それで良かったのである。われわれは彼ら古代人たちの叡智をいま一度振り返り、まじめに吟味してみる必要があるのではないだろうか。なぜならば、そこに新しい『科学』の道が開けるような気がしてならないからである。」(p124)

『科学』の限界を感じつつも、その先に新しい科学を見出すと考えてもいいんじゃないか、と。
学問としてのそこを越えちゃアウト、のギリギリというか微妙なラインで模索する、率直さに共感しました。

科学的かどうかも大事。
でも、有用かどうかはもっと大事。

なぜ有用なのか、どのように有用なのか、
どう有用にできるのか。

科学的でなければ、再現できない。
再現できなければ、使えるものにならない。

そこはとても悩ましいけれど、専門家や興味を持った各自が実践しながら解明していけたらいい、と今の自分は思います。

医学、哲学、宗教と易占についての記述もありました。

人間の体内を循環する五行の『気』を研究の根幹とする漢方医学は、現代医学によって確かめられつつあるために学問として市民権をもつに至ったし、同じ目に見えぬことを研究する哲学は『古典』という学問の地位を確保してきた。また宗教学や神学も『古典的学問』として認められているために、大学に神学科があっても、誰も不思議に思わない。
それなのに、同じ目に見えぬ分野である人の心や運命を扱う易占学が、単なる遊びや迷信とされているのは残念でならない。易占は、古代においては他の学問と肩を並べ、知識人の必須科目であったのだ。
」(p128)

よって、ふたたび注目されてしかるべき、と。



四柱推命の鑑定について。

この星があるから、お金に困りませんねーとか、傷つきやすいですねーとか知的ですねーとかそんな単純なものではない、と学ぶ中で感じるようになってきましたが、この本でもそのように書かれていました。

秀才というと、印綬とか正官とか、何か特別な『星』を持たねばならぬと考えられてきたが、それは誤りであることがわかった。五行の流通が良く、命式が美しくバランスしていれば、それでよい。」(p162)

相生相剋を確認し、バランスを見る。
バランスの取り方を考える。

四柱推命で、何が読み取れるのか?何を読み取るのか?

命式や本命星から、我々はまずその人の性格(『心の一部』)を読み取らねばならない。ただし必ずしも善悪とは関係がないから注意が必要である。」(p122)

天から、何として生きよと命じられてきたか。
それが命式に現れていて、それを読み解くことでわかる。
善悪はない。

私も今はそのように考えています。

四柱推命で出た結果に一喜一憂する必要はない理由。

四柱推命では、大運といって十年ごとに五行のどれかがその人に廻り、その人の命式を助長して悪くしたり、逆に平衡にもっていったりする。ということは、一生のうちのある時期に、その人の性格上の欠点を助長するような境遇におかれたり、そのような事件が起こり、その人が試されることになる。その人が慎重に対処すればわざわいが最小限ですむ。逆にその人にとって良い五行の大運が廻れば、経済的に豊かになってゆとりができるのだから、自らの欠点を是正してその幸運をできる限り延長するのが彼の務めとなる。」(p126)

大難を中難に、中難を小難に、小難を無難に。
そのために知っておくと、役に立つ大運。

凶運期はどのようにしのぐのがよいのか。

まず、占いによって自らの欠点を知ってそれを正し習慣化すること。これによってストレスが激減する。たとえば競争心は必要のないものである。人と競争するという考え方は根本から間違っている。自分の能力を十分に出し、人とは助け合うものであって競争する必要はない。
次に凶運期や大凶運期をしのぐには、ひたすら捨てることである。この時には、金、家、土地、物、配偶者、恋人、父母親類の全てを、その程度に応じて手離さねばならなくなる。(略)手離し難いが、手離さねばならない。さもなくばトラブルは終わらない。捨てることによって運の悪化がほんの少しずつおさまり、時と共にゆっくり回復に向かう。短くて三年、長ければ数年かかる。こうして運の下降が止まって水平となり、静かな生活が訪れる。あとは上昇するに任せればいい。
」(p173)

出家ですか、、、と言いたくなるような書き方ですが、それくらいのことが必要だと、著者は考えてらっしゃるようですね。

シンプルな開運方法も紹介してくれています。
共感です。

中国陰陽五行思想や推命学の結果たどり着いた開運の(少なくとも下降運を多少なりとも喰い止める)方策は、自らの欠点を知って正すこと、物に執着せず、捨てること、人並み以下で耐えること、悪運の種を播かないこと、人を助けること、温和な心を持つこと、など至極あたり前なことばかりとなった。そしてこれらは期せずしてブッダやイエス・キリストや孔子など古の聖人の説くところと大同小異である。私は命式分析や気学九星の長所・短所を知り、それによって己を知れということをつけ加えたにすぎない。」(p175)

先人の知恵に学べということ。

人として望ましい生き方に、特別なものはないこと。

でもそれが難しいこと。

それでも、当たり前のことを当たり前にするのが大事だということ。

占いに限らず、言えること。

そんな感想を持ちました。
今後のトトノエル鑑定にも役立たせていきたいです。
(鑑定依頼済みの方々へ。順にお届けしてますので、お待ちくださいませ)

日沖宗弘『学問としての四柱推命—その歴史と現代への応用

JUGEMテーマ:読書



東條真紀
読書の時間を確保する仕組みを作って習慣にしよう、と決意した浜松の四柱推命&算命学マニアのライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。ほんとに読みたい量と実際がミスマッチ。変えよう、変えます。

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
訪問可能日11/1(木)11/22(木)11/28(水)
四柱推命でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー入門講座 浜松計画中
ライフオーガナイザー二級認定講座 浜松10/26(金)静岡11/18(日)
先送り片づけ隊@浜松 浜松11/20(火)
 
M-Cafe(こころをトトノエル読書会)
M-Cafe 浜松11/15(木)
メンタルオーガナイズエッセンスセミナー 浜松

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|■トトノエル鑑定 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1285003
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ