トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 「あちこち気になりだし、夫婦で前向きな姿勢になっているところです。」一緒にトトノエルメール相談の感想 | main | 【ちいさなしあわせ1000】471-480 >>
子どもを起こすか起こさないか問題を考える(NHKあさイチから)
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら



先日のNHKのあさイチは「子どもを朝どう起こすか」。

「えっ、起こすか起こさないかじゃなくて、起こす前提?」と言ったのは、一緒に録画を見ていた高二娘。

起こす起こさない問題って深い気がします。
起立性調節障害や必要な場合はさておき。

「起こさなきゃいいのに」と高三息子。

「誰かにしてもらって始まる」一日と、「自分で決めて始める」一日。この積み重ねは、侮れない気がします。

前者で育てられ、これはいけないと後者で育ててきた(つもりの)母の所感。

誰かに幸せにしてもらう、か、自分で幸せになる、か。

考え過ぎかしら。(自動詞と他動詞の違い?受動態と能動態?)

とFacebookに書いたところ、いろんなコメントをいただいたので、改めて考えてみました。

検索したら出てきたブログのエピソードがとても心に響いたのでご紹介。

子育て講演会での話を受け、基本的に子どもを朝起こさないと決めた話。

「いつの間にか、
ちゃんと起きて走るという子どもの決めた仕事を母ちゃんが奪ってしまってたみたい。
明日から起こさないから。自分のことはもう自分でできるのに干渉しすぎてごめんね。」

→『朝、子どもを起こさないと決めたあの日から。』

その講演会についての話。

親が子どもに対してしてやれることは3つ

 マネージャー と スポンサー と コーチ。

ところが
コーチのくせに、選手にとって代わって試合にでてしまう親の多いこと!!
真央ちゃんのコーチが、かわりに銀盤舞ったなんて聞いたことないでしょ?

→『子どもの心のコーチング』

起こしたくないけど起こしているママたちが、
このブログみたいに詫びいれたら、子どもたちどうなるかな。
起こしたいママはそのままでもいいかもしれないけど
(双方の将来についての責任も負う立場だから)
起こしたくないママはやってみてもいいかもと思いました。



私自身は、起こしてもらっていました。
そういうものだと思っていました。
母はおそらく自律して欲しかったと思います。
ただ厳しい祖母の手前、悠長に失敗を受け入れて育つのを待つ、
というのが許されなかったのだと、今となってはそう思います。
甘えさせてもらって、当然だと思って、育ち、大人になってから
あれ、違う?まずい?と気がつきました。

一日の始めに、

さ、自分で起きよ。

と思って動き出すのと、

起こしてもらったから、起こされたから起きよ。

と思って動き出すのと、

これを日々積み重ねるとしたら、自主性に大きな差が生まれるのではないかとなんとなく思います。

私自身は、おそらく原因はこれだけではないけれど、
自主性のなさや責任感のなさ、主体性のなさを、
コンプレックスを抱きつつも解決しないまま大人になってしまいました。

子どもに対しては、その危機感から起こさない選択をするようになったのかなと思います。
あとは、毎朝毎朝「起きなさーい」って言いたくなかった。
選択理論心理学を学んだおかげもあり、関係を良好に保ちつつ、
自分の欲求は自分で充足すること、他人の仕事を取らないことも意識するようになりました。
起こさないと起きない(昔の自分のような)人になって欲しくなかったのも大きいです。

あとは、自分が毎朝きちんと起こしてあげるが、できるほどきちんとしてもいなければ体力もなかった。
(なんという情けないカミングアウト)



そんなこんなで、子どもたちは、母は頼りにならない、と早々に自覚して、
自分で起きて、寝坊すればその責任は自分で取る、という認識を
持つようになりました。

これが正解とは限らないし、家族の関係が良くて、
大人になって社会でやっていけるようになるなら、
起こそうが起こすまいが、多分どちらでもいいのでしょう。

友人の英語教師のディーナ新美さんが、私のモヤっとした見解をわかりやすく例えてくれました。

動詞を子ども本人と例えると、自動詞「起きる」は【自分を起こす】。
他動詞「起こす」は、【誰かが自分を起こす】。
誰かが必要なんですよ、起きることに関して。
そんな人任せな人生嫌だなーと感じますね。

I wake up by myself every day.

なのか

Mom wakes me up every day.

なのか。

自分の人生にしようよーー

わかりやすすぎる!!!
ディーナさん、ありがとうございました!
ディーナさんはこんな人→『四柱推命で人生を振り返る適齢期は50代かもしれない』

私はかつて
Mom waked me up every day.
で今は
I wake up by myself every day.

子どもたちも
Mom wakes me up every day.
ではなく
I wake up by myself every day.

願うのは、家族みんなが

I live my life by myself every day.

誰かにしてもらう人生、誰かのせいにする人生じゃなくてね。
自分の人生を、自分で生きよう。

それを私自身も、子どもたちにも願っているんだな、ということが明確になったあさイチの企画。
考えるきっかけをくれたことには感謝です。


家族の寝姿に幸せを感じます。ソファを買い換える前に、懐かし画像を再現しました。


どうにもこうにも。

東條真紀
母のアホな思いつきに協力してくれる家族に感謝している浜松のライフオーガナイザー、トトノエルの東條真紀でした。子どもの成長は、本当に、あっという間!

トトノエルのレッスン、サービスについて
トトノエル(東條真紀)について
はじめましてプロフィール・片づけ講座・出張片付けサービス料金一覧・私のミッション・ご依頼のその前に・レターポット

【マンツーマンで】
住まいや暮らしをトトノエたい
一緒にトトノエルのご案内お客様の声
こころや頭の中をトトノエたい
メンタルオーガナイズセッションのご案内お客様の声
訪問可能日6/28(木)7/5(木)7/20(金)
四柱推命でトトノエたい
トトノエル鑑定のご案内感想一覧

【グループで】
思考と空間を整える力をつけたい方は
ライフオーガナイザー入門講座 浜松計画中
ライフオーガナイザー二級認定講座 静岡7/25(水)浜松7/29(日)
 
M-Cafe(こころをトトノエル読書会)
M-Cafe 浜松7/13(金)
メンタルオーガナイズエッセンスセミナー 浜松

お問い合わせはこちらからどうぞ(^_^)

JUGEMテーマ:育児

ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├子育て母育て | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1284824
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ