トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< こころしなやかに。Three Good Things お試しください^^ | main | 【受付終了】ライフオーガナイザー入門講座@浜松、開催します(1/12) >>
[片づけに役立つ本23]トム・ハートマン『ADD/ADHDという才能』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

『ADD/ADHDという才能』を持った人々が、元々持っている良さを輝かせられる世の中になるように。

その助けとなる「見方」を教えてくれます。

ADD/ADHDのクライアントのサポートにも伺っていますが、わたしが感じている彼らの素晴らしい点を言語化してくれていると感じました。

まとめ→【一覧】片づけに役立つ本


トム・ハートマン『ADD/ADHDという才能

ADD/ADHDを障害としてではなく、性格と代謝の特性としてとらえた初めての本。

読みながら、新しい視点を得られました。
わたしのように、とても励まされ、明るい気持ちになっていく人は多いかも。

きっと、ADD/ADHDについて悩む多くの方の「福音」となる一冊。

特にライフオーガナイザー、CLO、CDスペシャリストの方々は、ぜひ読んで。

ADD/ADHDはハンター。
非ADD/ADHDはファーマー。と定義。
そして世の中はファーマー仕様になっているので、ハンターは生きづらいと。

ファーマーの世界でハンターとして生きるには、困難が伴うのです。これに否定の余地はありません。」(p21)

ADDの特徴としてあげられているのは、以下。
注意散漫、ときに短期集中型、整理整頓が苦手、時間間隔の歪み、指示にしたがえない、時々うつの兆候が見られる、または空想癖がある、リスクを好む、直情で短気などなど。

専門家の診断基準は
1 席についていなければならない時、座っていることが困難である。
2 仕事中または勉強中などに、外からの刺激で容易に注意をそらされる。
3 一つの仕事や遊びに注意を持続させることが困難である。
4 しばしば一つの活動を完了する前に、ほかの活動に移ってしまう。
5 『そわそわ』したり、『もじもじ』する(または精神的に落ち着かない)
8 仕事や雑用をやり遂げることができない。しかし、それは指示が理解できなかったり、反抗的な態度を取っているためではない。
」(p44-45)

ハロウェル-レイティーの診断基準も紹介されています。

優れたハンター(狩猟者)としての特性はこういうこと。

常に周囲への注意を怠らない、狩りに全神経を集中させる、環境の変化に応じて、とっさに計画を変更する柔軟性を持っている、狩りに全エネルギーを費やせる、視覚的な思考をする、狩りを愛するが、決まりきった作業にはすぐ飽きてしまう、『普通』の人なら避けるような危険に立ち向かう、自分にもまわりの人間にも厳しい」(p58-62)

ハンターとして優れた性質が、「じっとしていること」「集中すること」「周囲と協調すること」「言われたことをその通りすること」が求められる「教室」や「職場」では活かせない、適応が難しいのは当然だと。

だからもうどうしようもないよね!とあきらめるのではなく、治療だね!でもなく、それぞれに合った環境を用意することが重要だと著者は言います。

代わりの言葉を挙げるなら、見張り(Lookout)と耕作者(Cultivator)が適当かもしれません。この二者は、互いに共通の利益のために欠かせない存在です。見張りなくして、耕作者に何ができるでしょう?反対に、耕作者がいなければ、見張りは何をするのでしょう?
この二者の仕事を入れ替えてみたら、どうなるでしょう?きっと大変なことが起こります。耕作者は敏感に危険を察知することができませんし、見張りは庭の草むしりに十分に集中し続けることができません。
しかし、それはADD、つまり見張りたちが、現在学校や職場で実際経験していることそのものなのです。彼らが(その本能から)窓の外を見ていると、不真面目な、態度の悪いファーマーだ、と叱られるのです。
」(p69)

惜しい現実が、確かにあります。

わたし自身、子どもの頃の書き取りのやり方を思い出して納得しました。
一つ一つ順番に書いていく、ということがものすごく苦手。苦痛でした。
ゲームのように、反対から書いていく、ばらばらに書いていく、一画ずつ書いていく、ずらして書いていくなど工夫するのが好きで、それで全体としては書き取りが仕上がるというやり方をずっとしていました。
書き取り自体は嫌いではないし、むしろ楽しんでやっていたし、それで成果もそれなりに出ていました。
でも、おそらくファーマーの先生からは、「ふざけている、まじめに取り組んでいない」と思われたかもしれない。

そんな記憶に、理由をもらえた気がしました。

ハンターが農耕社会を乗り切るコツとして以下が効果的だと著者はアドバイスしています。
・仕事ごとに時間を区切る
・集中力を持続させる訓練をする
・仕事(家庭)での責任を具体的な『目標単位』に分ける
・注意散漫防止ゾーンを作る
・毎日運動する
・自分の得意なことを見極め、ファーマーの仕事には手を出さない
・すべての決断を一旦保留する
・仕事を小分けにする

ハンターとつきあうために効果的なこととしては
やって欲しい仕事を見通しのきく短期の目標として示す、評価システムを日常的に組み込む、長期よりも短期の報酬を与える、人間中心ではなく、制度中心の仕事、家庭、教育環境を作る」(p104-106)

親や教育者としてできることは
一週間の成果評価表を作り、毎日チェックする、特別クラスに参加させる、『障害者』のラベルを剥がし、ハンター、見張りとして見る、『英才児』のためのプログラムを見直す、薬物治療は治療の選択肢の一つに過ぎない」(p108-109)

落ち着きのない行動の理由の可能性として、喫煙についても取り上げられています。

親の喫煙と、悪質な行動の相互関係を調査した結果
喫煙者の親を持つ子どもは非喫煙者の家庭に生まれ育った子供に比べ、極度に破壊的である確率が『四十から五十パーセント高い』ことがわかったのです。(略)この結果から考えると、副流煙による受動喫煙こそが子供の過激な行動の最大の『原因』ということになります。」(p153)

母親が一日一箱以上煙草を吸う場合、子供が著しい凶暴性を示す確率は、他の母親の二倍(つまり百パーセント!)にのぼりました。ところが一日一箱未満の場合、その確率は一・四倍まで下がったといいます。」(ズッカーマンらの研究より。p153-154)

子供が乱暴になり、反抗的になり、反社会的行動に手を染める一因となりうる要素は、一つを除いて全て取り去られ、残った一つが真っ向からこちらを見据えていました。母親の妊娠期の喫煙と、子供の反抗的態度や(彼らが言うところの)注意欠陥障害との間に確かな関係が存在していることを、この研究は明らかにしたのです。」(デイヴィッド・ファーガソンらの研究より。p155)

煙草の煙がコルチゾールの生成を刺激することにより、アドレナリンやエピネフリンなどの激情及び攻撃、逃避ホルモンと神経伝達物質の大量分泌が促される。結果、攻撃的になり、なんらかの障害と診断されて、投薬がなされたり、ネガティブな評価をされているとしたら。

子どもをそこから守らなきゃ。

何かしらの法規制が必要だと思います。

ビルやベティのようなハンターが、マルチタスキング機能付きコンピューターのごとく動作を速やかに切り換える能力を持っていて、それを注意欠陥障害と呼ぶなら、ファーマーのジョンは動作切換欠陥障害を患っていることになるでしょう。」(p202)

どちらがいい悪いではなく、ただ違った特徴を持っているということ。
それらをお互いに活かせる環境を用意して、活かしあっていけるようにできれば、もっと多くの人が力を発揮できる社会になるというのが著者のヴィジョン。

ADD/ADHDを「障害」「問題」「治療の対象」ではなく「才能」と考える著者の声に、耳を傾けてくれる人が増えるといいな!

トム・ハートマン『ADD/ADHDという才能

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
読んだ本についてはこちら→「読んだ捨てる気になる本 」カテゴリ
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
JUGEMテーマ:読書

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ片付け・収納のお役立ち情報がてんこもり
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1283412
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ