トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 入門講座の感想「どこにあるんだろうと思っていたワンピを掘り出せました」 | main | 【レポ】チャリティイベント名古屋2015 >>
[片づけに役立つ本16]『家事場のバカぢから』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

浜松を中心に家族ともっと仲良くなれるかたづけの仕組み作りをサポートしているライフオーガナイザーsonicaこと東條です。今日は久々に洗濯ものが干せて、嬉しい!一日中洗って干してを繰り返したいくらいー。


これ書いたら、娘のソフトボールの応援に行ってきまーす。先輩の最後の夏を、めいっぱい声出して応援していこう!

(※過去記事を元にしています)

以下、2007.1.4の記事。

捨てるモチベーションアップ度★★★★☆

家事場のバカぢから
家事場のバカぢから
大平 一枝 森 優子 由井 卯月
メディアファクトリー

兼業主婦3人による、家事のやっつけ方、コツ、手の抜き方、考え方指南本。

女手一つで働きながら子どもを育てていた通称「馬子」(馬車馬のように働くことから)。
あまりにも効率よく完璧に家事をこなす母親界の白い虎。

例:帰宅後10分でメインディッシュ完成。夕食後娘のピアノレッスンに二時間つきあう。朝8時までに家事終了。おうちピカピカ。

彼女の出現により、彼女を含めた3人は、家事というものを徹底的に考えます。
失敗や試行錯誤を振り返り、技をあみ出し、開き直り、達観し。
そして、生まれたのがこの本。

で、読んでみまして。

まず、ただ単純に、ものすごい面白い!
そしてあるあるとうなづくこと多数。
そして、使える、使いたい技も多数。

私もできるかも?「馬子」さんのようになれるかも、と思えました。

心に残ったところ。

一日の家事終了時間を決めると家事ストレスは減る。(略)朝だろうが、夜だろうが、家事の後にお茶を飲めるくらいのご褒美時間を残しておくことが肝心である。」(p26)

ぐったりと疲れがたまりがちな夜はあえて軽い家事を、まだ元気がある朝は重めの家事をするのがミソだ。疲れている夜にわざわざめんどうなことはしない方がいい。体の声には正直になろうじゃないの。」(p26-27)

ほこりで人は死なないとは言えども、(略)掃除は誰がなんと言おうともしなければならない家事のひとつなのだ。だったらこう考えてはどうか。掃除はデイリーな地鎮祭である、と。」(p33)

トイレに入ったらトイレの神様へご挨拶。
忙しければ、土地と直接つながっているトイレと排水溝だけでもいい、と。
神様に敬意をしめしたんだから、と全部掃除できないから自分はダメだと落ち込まなくてもいい。
この考え方に共感(というか救われる思い)です。

3人の主婦にはそれぞれの考え方があり、「モノは極力置かない。掃除はこまめに」という人もいれば、「モノで埋め尽くし、掃除はガサーッと」という人もいる。
「気がついた時にこまめに」ができればいいけど、私もそれがなかなかできない一人。
そんな私にこんな提案も。

だったらいっそ”ちょこちょこと汚れを落として清潔感を楽しむ快楽”は捨てて、”たまった汚れを落とす快楽”の方を追求したらどうだろう。」(p41)

私は今思い切り後者を味わってる最中で、見事なBEFORE&AFTER画像を撮れたりするとすごーく嬉しくて達成感もあるのですが、でもやっぱり、前者がいいな…。

私が一番あるある!と共感しちゃったのは、以下。

収納道具はなかなか置いて嬉しいものが見つからない。ホームセンターのはいまひとつ、雑貨ショップのはよくてもバカ高い。
あれこれさまよったあげく、辿り着くのが、世界に誇るブランド、そうです、あれです、あれ。


無印良品

ぎりぎり貧乏くさくない感じ、苦労せず統一感が得られるちょっと無機質でおしゃれな感じは唯一無二だ。あ、ちょっと考えてるな。安易にそこらへんのホームセンターの安いものだけで間に合わせていないこじゃれた人だな、という印象を与える意味では間違いのない一番打者だ。」(p72)

うちにも、じわじわと増えつつある無印良品
そう、かなりの満足度ではあるのだけど、でもちょっと、と思ってしまうのはなんなんでしょうね。

あともう一歩な感じ。
無印良品を選んだ時点で「ちょこっとこじゃれた人」どまりな雰囲気が漂うというか。
無印以上はこだわってない人、とそこまでどまりな感じがしてしまうというか。

著者も気に入っているといいつつ、微妙なモデルチェンジが困りもの、と注文をつけています。
(組み立て家具の足が円柱から角柱に変わるとか←これヒドイ)
やっぱりあの、「無印にやられちゃったな感」(p73)がなんともまぁ、アレなんですよね。

なんだかんだ言っても、私も無印は好きだし、これからもちょこちょこ増えていくと思います。

子育てに関するコツでこれは使える!と思ったのが次。

もらったその日に、内容をカレンダーと仕事の手帳に書き写し、プリントは捨てる。行事予定はもちろん、当日必要な持ち物も書き込む。(略)
『プリントは捨て去るぞ』という覚悟で読むから、抜けがないよう気合いも入る。(略)
自信を持って捨てる勇気が、忘れ物番長を生まない環境をつくる。
」(p79)

冷蔵庫前面なんでも貼りまくり、から今少し改善して横に貼り、直近で必要なモノだけ前面に貼付けることにしました。
貼ってないことも多いし、貼ってある場合は明日明後日のうちにやらなきゃいけないこと!という意識を持てて忘れにくくなりました。

これをさらにすすめるとこの馬子さんのコツまで行きつけるんでしょうね。
私ももっと情報管理をスリム化していきたいです。

料理についてのコツ、吹き出しちゃいました。
「お母さん偏差値」という考え方。
かたや餃子の皮から作る(=偏差値高し)、かたやできあい餃子お買い上げ(偏差値低し)、負けた感が漂う、というあたりにどきーっとしてしまいました。
お母さん偏差値をあげるための食材(干し椎茸や昆布や大豆etc.)を取り入れ、これまた馬子さんのコツを使えばダメ主婦な私も偏差値アップが図れそう!な気になれました。

さらに偏差値をアップする裏技として紹介されている「ちょい栗原」料理。
ハーブ、オリーブオイル、クレージーソルト、バルサミコ酢という横文字関係の調味料をちょっとまぜるだけ。
この辺は私もちょこっとできてるかも?と嬉しく思いましたが「あざとい奴」と書かれちゃってました。

他に取り入れていきたいと思ったのは、「帰宅直後に即入浴のすすめ」(p121)。
ちょっとの工夫で効果的な時間の使い方ができるんだなと。



この本が伝えたかった一番のメッセージはp122-123の「日々の食事作りはパチンコにたとえられるかもしれない」かな、と思いました。
なかなか入らない「理想的な手作り料理」、たまに入る「たまには外食」「たまには弁当」、一番じゃらじゃら落ちていく穴は「罪悪感を伴う外食、弁当、出前」。
理想に入らぬよう妨げているバーが、「米といでない」「解凍面倒」だとしたら、サトウのご飯でも解凍せずにぶちこむでもいいから、

自分にとって玉の出しやすい台に調整して、毎日どんじゃらいい音鳴らそうじゃないか!」(p123)

例えば「離乳食はきちんと手作りしないとダメ」というバーを外す。
「一品だけ手のこんだの作った」というバーに当たると穴に入りやすくする。

これって、自分のものさしを持ち、自分できちんと満足を得、自分で自分を幸せにする大切なコツじゃないかなと。

上を見てもきりがない、下を見てもきりがない。
他人と比べたって落ち込むだけ。他人のいいところで真似したくて真似できそうなことだけ、まずはそこから始めていけばいいのだと思います。

それを続けていけば、自然とレベルアップして、いつか私もカリスマ主婦に?

そんな幻想を抱きながら、キリキリイライラしながらではなく、楽しく家事と取っ組み合い寄り切りたいなという気持ちになった一冊でした。

家事場のバカぢから

※参考書籍※
無印ファン(?)が意外と多いということで無印関連本を。
無印良品の「改革」―なぜ無印良品は蘇ったのか
無印良品を復活させたしまむら商法―体質を激変させる究極の「ムダ取り」の真髄
無印良品のふしぎ
Casa BRUTUS特別編集「無印良品ゴージャス!!」
無印良品の秘密!?
無印良品VSユニクロ―小売りを塗り替えるSPA戦略のすべて
「無印良品」のモノづくり発想―5年で経常利益28倍元気企業が巻き起こす製販革命
どうしてもユニクロに勝てない無印良品

9年後の追記:2015.7.11

当時と比べて、「家事のやっつけ方、コツ、手の抜き方、考え方」は変わったのか。
・・・上達はたいしてしていませんが、ラクになる方法があると知り、ラクになる方法を採用してみて、うまくいったものもあればいかなかったものもあり、現在は「そこそこ自分なりの方法が見つかった」「でももっと改善していきたくもある」状態です。

冷蔵庫の前には貼らなくなったし(でも明日以降連絡予定の車のリコールはがきと免許証更新はがきは横に貼ってます)、学校のおたよりは情報を写して即捨てになってるし、デイリーな地鎮祭はルンバとマキタとマイクロクロスとともに行えるようになりました。(あきゅーぴーさん、松本Sさん、わたしたち、ほんと成長したよねえ・・・鍾乳石並みだけど)

お母さん偏差値・・・今、ものすごーく高い方々の中に入れていただいて引き上げてもらおう作戦を実行中です。(友の会)家計簿は付け始めて一年半、成果が出てきてて嬉しいです(家族の意識が変わってきました。これが目的だったの)。「ちょい栗原」も気づけばマスターしてました。「ちょい」どまりなのが惜しいけど。

自分にとって玉の出しやすい台に調整して、毎日どんじゃらいい音鳴らそうじゃないか!」(p123)

あら、これ、ライフオーガナイズの考え方と同じ。玉が出やすい、出ちゃうわ、な台に調整していくと、いい音がいっぱい鳴りますもんね。これからも、より心地いい音がいいタイミングで鳴るように、できることしたいことを見極めて、取り組んでいきたいと思います。

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
読んだ本についてはこちら→「読んだ捨てる気になる本 」カテゴリ
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
JUGEMテーマ:読書
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1283142
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ