トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 100日オーガナイズ(二回目):35日目 シンク下をチェック! | main | 【おすそわけ】100日オーガナイズ印刷用PDF >>
2015年5月に読んだ本「親に言ってはいけない5つのNGワード」
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

読書大好き!な浜松のライフオーガナイザー、トトノエルの東條です。
5月も出会えてよかった!な本にいっぱい巡り会えたことに感謝です。

→2015年1月に読んだ本はこちら
→2015年2月に読んだ本はこちら
→2015年3月に読んだ本はこちら
→2015年4月に読んだ本はこちら



「外観に悩んでいる人たちは、「苦しい、つらい。私の顔は最悪だ。私ほど不幸な人はいない」と、自分のことをとても悲しくとらえがちです。私もそうでした。
でも、大事なのは「顔」そのものではなく、「顔」の背景にある自分の「気持ち」なんです。顔というのは、その気持ちを表現するだけ。どんなにきれいな顔をもっていたって、気持ちが暗かったら笑えないでしょう?
 人は、笑えなくなると、ものの見方や受けとめ方がどんどん悪いほうに変わっていき、幸せになれなくなります。その逆に、笑うとスカッとして、心も体も軽くなったように感じませんか?」

かづきれいこ 『自分の顔が好きですか?』p153


阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト



「身のまわりの物事を楽しみ、生活にちょっと手間をかけて彩りを添えることは、人間にささやかな自尊心を与えてくれます。そうやって手に入れた自尊心は、ささやかではあってもゆらぎはせず、積もり積もってしっかりしたものに育っていきます。それがあれば、勝ち負けに悩むことも人を見下すこともなく、ゆったり構えていられますし、年を取ろうと、貧しくなろうと、逆境におちいろうと、自尊心をまるごと失ったりはせずにすみます。それが文化というもののありがたさで、大人はその楽しみ方を子どもに手渡していかねばなりません。読書の楽しみも、そのひとつなのです。」
脇明子『読む力は生きる力』p19-20


「親に言ってはいけない5つのNGワード
「これ、使ってないよね?」
「こんなモノいるの?」
「これ、捨ててもいいよね?」
「なんで、こんなにたくさん持ってるの?」
「こんな古いモノ、とってもいてもしょうがないよね?」

すはらひろこ『風通しのいい片づけ』p117


マイケル・ド・メディロス『写真で学べるスポーツの祭典 NBA


裴英洙『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか

「想像力は、他者とかかわっていくためにも、いろんな仕事をしていくためにも、ひじょうに役立つどころか、必要不可欠と言っていい力なのです。
読書は、この想像力を鍛えるのに、きわめて効果的な方法です。それは、想像力が働かなければ、そもそも物語を読み続けていくことができないからです。」

脇明子『読む力は生きる力』p144


万城目学・他『みんなの少年探偵団
「永遠」万城目学 「少女探偵団」湊かなえ 「東京の探偵たち」小路幸也 「指数犬」向井湘吾 「解散二十面相」藤谷治

金しばりのカナちゃん


水野敬也『それでも僕は夢を見る


柳広司『ラスト・ワルツ

「自分が直面している問題の全体像を把握し、さまざまな可能性を考慮に入れて解決策を練るだとか、行動に移る前に段取りを考え、状況に応じて計画を変更していくとか、自分とはちがう立場から物事を見直してみるといった能力は、十歳前後で急速に発達すると言われています。これらの能力の基礎となるのは、自分の頭のなかで進行していることを一段上から観察し、制御するモニター力で、そういう力のことを『メタ認知能力』と呼びます。このメタ認知能力が育ってくると、子どもは急速に大人び、自分というものを強く意識しはじめます。それが思春期のはじまりです。メタ認知能力は自己コントロールにも大きなかかわりを持っていて、私たちが感情の爆発を抑えたり、衝動にかられて動こうとする自分をなだめたりできるのも、この力があってのことです。」
脇明子『読む力は生きる力』p152-153


これって、まさにライフオーガナイズでいうところの俯瞰する力。よりよく生きるのために役立つ力。
その力をつけるためにも、大人のライフオーガナイザーは読書する姿を見せること、子どもに読書と親しむことを伝えてほしいなあと個人的に感じています。


井上裕介『スーパー・ポジティヴ・シンキング



僕の勝手な解釈だとは思うが、人間の生きている場所は各人の心の中なのだ。だから心さえ大切にしっかりと自分で支えていれば、人生に怖いものは何もない。
児玉清『人生とは勇気』p152


上田聡『ツナミの涙


窪田千紘『思いどおりの人生に変わる方法

「想像力とはファンタスティックなことを思い描く能力ではなく、その場にないもののイメージを思い浮かべる能力だと説明しましたが、思い浮かべる対象は『もの』だけではなく、人間の感覚、感情、考えなども想像の対象になります。(略)これは言うまでもなく、生きていく上で大きな意味を持つ力です。コミニュケーションをとるとき、相手の目には物事がどう見えているかが推測できれば、ひじょうに役に立ちます。(略)ところが、基本的な想像力が身についていないと、それだけのことがなかなかむずかしいのです。」
脇明子『読む力は生きる力』p143


蘆田ひろみ『新版 バレリーナのヘルスケア



「落ち着いた構えとは何か

『構え』とは『静』であることが重要視され、微動だにしないことが良いように思われているが、これは間違いである。
では、『静』ではないとはどういうことであろうか。
素早く動くことができるような、また無理なく力強い打球を行うことができるような身体的姿勢は、『静的な状態』ではなく、『動的に安定している状態』なのである。
つまり、適切な筋肉の緊張感とメンタル的な緊張感をあわせ持ちつつ、微妙に身体が動揺している状態が良い『構え』なのだ。」

大島伸洋『テニスが強くなりたいあなたに贈る100の法則』p39


不動ではなく微動。
私達の頭の中も、こころも、部屋も、不動がゴールじゃなくて、微動していることを踏まえた上で仕組み化していくことが大事。
『動的に安定している状態』を作るライフオーガナイズ、メンタルオーガナイズ、すすめていきたいです。

5月に読んだ本 16冊
2015年に読んだ本 76冊

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
読んだ本についてはこちら→「読んだ捨てる気になる本 」カテゴリ
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。

 トトノエルのクライアント様は読書好きの方がそういえば多いです。
【オーガナイズサポートのご案内】

 
 ※2015/6/12現在、7月中旬以降で承っております。
 ママ割/ブログにて紹介割/受講生割引あります。

 ☆お試しトトノエル 2時間 5,000円
 ☆一緒にトトノエル 5時間 20,000円
 ☆メンタルオーガナイズでトトノエル ※7月以降サービス開始 

 詳細はHPでご確認ください→トトノエルHP
 

JUGEMテーマ:読書
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1283113
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ