トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 2015年2015個手放すプロジェクト(残り1864個) | main | 2015年2015個手放すプロジェクト(残り1823個) >>
[片づけに役立つ本10]フランス人は10着しか服を持たない
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら


ジェニファー・L.スコット『フランス人は10着しか服を持たない

友の会に入ってから、「婦人の友」を購読しています。
2月号を読みながら、この本と重なる部分があるなあ、と思った浜松のライフオーガナイザーsonicaこと東條です。

日々のささやかな営みを、丁寧に、慈しむ。
そこに喜びを見出す。

明日は友の会の最寄り会。
生活勉強会で作ったほうとうと和菓子を再度作ります。
参加したのが私ともう一人で、「他の方に教えてあげてね」ってそんなそんな、大先輩を相手に。


おいしく再現できますように。

心に残ったところ。

あの日、マダム・シックと一緒にイチゴのタルトを作ったことは、わたしにとって忘れられない経験になった。ささやかなことでも心をこめて行えば、毎日が素敵になると気づいたから。
(略)
毎日、自分と家族のために、盛りつけにもこだわって料理を作れば、食事の時間を大切にしよう、体に良い物を味わって食べよう、という意識が高くなる。それに、心をこめた料理からは、かけがえのない家族と食卓の喜びを存分に味わいたい、というあなたの思いがきっと伝わるはずだ。
」(P37)

今日はそれができたかな、と思います。

今朝、大変なミスで多大な迷惑をおかけしてしまいました。
二度と繰り返さないように、仕組みを変えます。
ささやかな、ちょっとしたことが、本当に大事。それをおろそかにしていたゆえのミス。

いつも服装や身だしなみを整えておくのは、敬意を表すということー自分自身に対して、そして家族や恋人はもちろん、日常生活であなたが出会うすべての人に、敬意を表すことなのだ。」(p114)

敬意をまず自分自身に。自分を含めたすべての人に敬意を表す。
そんな世の中になったら居心地のよさがどれほど増すか。

今年のテーマ、私の課題は姿勢と呼吸なのですが、

女らしい印象の決め手はやはり姿勢の美しさだ。」(p118)

それにも触れられてます。

あなたの家もぜひ、姿勢がよくなるようなインテリアにしてみよう。家の中でもおしゃれをして姿勢よく座りたくなるように、美しい空間にするのだ。家の中がだらしなく散らかっていると、姿勢までだらしなくなる。」(p119)

出待ちされてる宝塚トップスターのように。
バレリーナのように、糸で吊られているように。
それができたら姿勢だけでなく暮らし全体がより整っていきそう。

いちばん大切なのは、目には見えない女らしさ。自信、ユーモアのセンス、遊び心や冒険心―そういうものが、多くの女性たちが憧れる“何とも言えない魅力”を醸し出すのだ。」(p134)

見えるものも、見えないものも、大事。

上等な食器をふだん使いにする」(p141)

これも先月、実践。気分が変わりました。

幸せとは欲しいものを手に入れることではなく、持っているもので満足すること」(p188)

青い鳥に気づく。
気づける自分になること。

誰にでも、面白くなくても毎日やらなければならないことが(ひとつくらいは)あるはず。大事なのは、どうせやるなら自分なりに工夫して楽しくすること。そして、「こんなことをしているヒマがあったら、あれもこれもできるのに・・・」なんて考えないこと。」(p211)

禅の只管。
雑念を排除して、目の前のことにエネルギーを注ぐ。
それがもたらしてくれるのは、頭の中、心の中の静寂、平安。

1日じゅう慌ただしく過ごさないように気をつけよう。うわの空はやめて、なるべくひとつのことに心を集中させる。(略)
たとえ時間がなくても、そのときやっていることに集中しよう。ただやみくもに用事を片付けるだけでは意味がない。(略)あせらずに落ち着いて過ごすように心がければ、慣れないことにも進んで取り組めるようになり、ささやかなことにも喜びを感じやすくなる。
」(p216)

前後裁断。禅ですね。

家族と接するときも、良いマナーを心がけよう。そうやって、あなたが家族を大切に思っていることを毎日伝えよう。そうすることで、家族がお互いに相手に対する敬意を忘れないようになる。」(p227)

そんな素敵な家族をめざしてきていますが、自分はさておき家族はできているように思います。
感謝するとともに、後はわたし!思うだけでなく行動をせねば。

あなたさえその気になれば、日々のささやかなできごとが特別になる。すべてはあなた次第なのだ。笑いや友情、アート、知的な探求、そして喜びにあふれるとき、人生は素晴らしいものになる。毎日いろんなことに感動しよう。毎朝ベッドから出るとき、あなたは2つの選択肢のうちどちらかを選ぶのだー何も考えずにただ用事を片付けながら、ぼんやりと一日をすごすか、それとも、どうせ何かをやるなら熱心に集中して取り組んで、状況のいいときも悪いときも、そこから何かを学ぶか。」(p132)

どんな一日にするかは、私次第。
今日は娘とハンバーグを作りました。一人で作るよりずっと楽しかったです!
洗い物も家族みんなで。ママだけががんばらない仕組み。
近日中にバケツプリンも作る予定。
家族との暮らしから、喜びをいっぱい得られる幸せを、しっかり味わう選択をします。

ていねいに、暮らしを楽しみながら生きる。
ささやかな喜び見つけ上手になる。
そのヒントがいっぱいつまった一冊でした。

ジェニファー・L.スコット『フランス人は10着しか服を持たない
JUGEMテーマ:読書


読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
読んだ本についてはこちら→「読んだ捨てる気になる本 」カテゴリ
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(2) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
こんばんは
掛川の丸山です


私も「フランス人は〜」読みました
最近この本に影響されて、自分の洋服を一つ一つ手に取って確認してみたところ
私は「しましま」の服をよく買ってしまう事がわかりました
今までは全く意識していなかったのでビックリしてしまいました
でも「丸山=しましまの人」というのも面白いかな、と考えています(笑)
これからも「しましま」を意識して、自分らしい洋服選びを楽しもうと思っています


丸山
| 丸山美穂子 | 2015/01/27 9:31 PM |
>丸山さん
おはようございます(^_^)
見直すことで気づけるものですよね。
しましまの服・・・梅図かずおさんのクローゼットもしましまづくしですが、そこまでではない?(笑)
私もグレーばかりで色に対してビビりすぎ、ということに気づきました。
自分らしい洋服選び、楽しみたいですね(^_^)
| 丸山さんへsonica | 2015/01/28 7:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1282958
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ