トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 思い出スクラップブック@宮下工務店2012.4 | main | 手放したモノ5/14。モノの意味はどこにあるか >>
「おや、そうだったのかい」
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

WMFの圧力鍋と卓球の福原愛選手が好きなsonicaです。

natuko先生義先生の選択理論心理学の講座や研究会ではとてもわかりやすく説明をしていただけるのですが、その一つ、天秤。

(なお私の説明は左脳が強い方にはわかりにくいと評判ですm(__)m)



片方がこうだったらいいなあ、という理想のイメージ(上質世界といいます)。
もう一方は今こうだ、という自分が感じている現実(知覚された世界といいます)。

左右の重さが等しく釣り合っていたら満たされた、ハッピーな気持ちでいられるのだけど、傾くと釣り合いを取ろうと何かせずにはいられない感じ(フラストレーションシグナルといいます)になる。

私たちは常に、その時点で最善と思われる思考と行為(車の前輪)を選択している。
それがうまくいって釣り合う時もあれば、釣り合わない、むしろ余計傾く、なんてときも。

「いやいや、子どもをガーっ!と叱るのを最善となんて思ってないし、選択してるわけじゃない」

その辺も、どういう仕組みになっていて、どうしたらいいのか、わかりやすく学ぶことができるので、興味のある方はお近くの研究会や講座や詳しい人に話を聞けるといいんじゃないかと思っています。

いつもご機嫌に過ごしている人もいれば、不平不満ばかり言ってる人もいる。
できれば前者でいたい私。(かなり後者な私)

前者でいるために必要なもの。
後者の人が持ってなくて前者の人が持っているもの。

それは、これだと思います。


分銅、のバリエーション。

現実がこうあって欲しいと思ったイメージと違った時に、「おやそうだったのかい」と分銅を置き換えられるか、そうすることで釣り合いを取れるどうか。

「おや5gだと思ってたけど3gだったのかい」

「おやこうだと思ったけどこんなだったのかい。まあいっか」

「夢みたい!夢だったら怖い・・・でもよかった!嬉しい」

「おややっぱりちょっと無理だったのかい。こっちを減らしてみようか」

「これだったらできるかも」

後者の人(私)は「私が5gといったら(理想)5gにならなくちゃ(現実)ならないのよ!5gである”べき”なのよ!5gで"なくてはいけない"のよ!5gが"正しい"のよ!」なんですよね。(それが悪いという意味ではありませんが、自分もしんどいし人間関係も壊れがち)

柔軟であること。
変化に対応できること。
そしてそれを楽しめること。

他人と自分は違うけど、それぞれに大切にしたいモノ、コト、人がある。
みんなが(まずは自分、次に家族ですね)ハッピーでいられるようにするために、
何をどう見て、どう考え、何を選び、何をし、何をしないのか。

・・・うまくできるようになりたい!
JUGEMテーマ:家庭


・・・なお、この説明がわかるー!分銅のイメージ浮かぶー!という方は右脳が強い方かも。
そんな話も二級講座やおかたづけ倶楽部でしてますので、よろしかったらどうぞ(^_^)→講座予定
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├選択理論心理学 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1281818
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ