トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
<< 旅立ったこどもキモノx2 | main | 浜松03、発足&研究会 >>
教頭先生はこういったのさ
→夢を叶える2018年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

ロッテチョコパイとアーティスト種子田博邦さんが大好きなsonicaです。


『東京の雪をみながらピアノを弾いています。』

小学生の親子にとてもオススメ!な一冊をご紹介します。


フングリコングリ


図工室をおとずれるふしぎなお客たち(カエルやテントウムシ)に、図工の先生がかたってきかせるきみょうなおはなし6話。(今気づいたのですが、1年生から各学年のお話なのでした)

各話のタイトルも、「ぼくは小学校でフングリコングリ」とか「図工室のとなりは保健室 むぎゅるっぱらぴれ、ふぎゅるっぴん」とか「『でも。』とヤモリは残念そうな目をした なんの話」となんの話だかさっぱり予想がつきません。

大好きなエピソードの一つ、教室でおもらししてもらったナリサ。担任のカズコ先生が「笑ったりしてはだめよ・・・」。
笑い出したナリサ、笑いがおさまりかけた時にこう言った。
「服を着て、いすにすわったままおしっこをしたのって、はじめて!
はじめはあったかいの!
それがぬうってひろがるの!
そだからだんだん冷たくなるの!
こんなのって、はじめて!」


そして・・・静まり返る教室。
思いつめた顔はやがて、ひとり、またひとりゆるみ、肩の力がぬけ、つぶやきがひろがった。
『ほんとだ・・・。』
『あったかい・・・。』


カズコ先生は後からこう考えたのでした。

あの子たちのしたことって、失敗した子がきずつかない最高の方法だったんじゃないかしら。

選択理論心理学の学びも合わせて考えると、この子ども達が選んだ「方法」、ほんとに素敵!と感じました。
小2でナリサったw私、今でもこの感覚(そしてやってもうたー!という悲しさ)を覚えているのですが、あの時こんなクラスだったら人生変わってたかもと思います。
でもって、これはそういうクラスでこんな話が起きたんだよ、という前フリで、この後子ども達が透明人間になる呪文を手に入れて・・・。

最終話、「ぼく」が図書室の鍵を閉め忘れたために物語の登場人物達があふれだした校庭で。
彼らにどんな話に出てるの?と聞かれ答えられない「ぼく」。
教頭先生に会い、聞いてみたら・・・その答えに、しびれました。


「ぼくなら、うん、ぼくは、ぼくの人生の主役をしながら、まわりの人の人生の脇役をしていますって、こたえると思うよ。」

ぜひぜひ、読み聞かせでも、それぞれでもいい、親子で読んで楽しんでもらえたらいいなあ、と思います。

昨日の息子(小6)の告白。

息子「この前おかあさんいない時にさ〜、テーブルの上乗ったんだよね。」
母「もしかしてフングリコングリ?」
息子「うん。でも浮かんかった」
母「そっか〜(テーブル乗っちゃいかんとわかってるだけ偉いじゃん)」と母もフングリコングリ。
息子「それじゃダメだよ、手が上がってない。上がったところで我慢しないと」

こんな会話ができて嬉しい。
岡田淳さん、ありがとうございます!(^_^)

著者の岡田淳さんをおすすめしてくれたのは学校図書の先生。この方は今年も「字のたくさんあるのを借りなさいよ必読図書読みなさいよ早く返しなさいよそんな子にはもう貸さないわよ」と外的コントロールで張り切ってらっしゃるのですが、選定眼はさすがで、感謝してます。たしか最初の一冊は『竜退治の騎士になる方法』でした。

私のお気に入りは

びりっかすの神さま
競い合うよりも、助け合う方がお互いに伸びる、そして満たされる。そんなことをめちゃくちゃ面白いお話を通して教えてくれる一冊です。

息子は

長い長い、たった二分間の大冒険。「一番確かなもの」ってなんだろう。
二分間の冒険
とか

星モグラサンジの伝説
サンジの尋常じゃない無敵っぷりがきっと痛快なんだろうなぁ。

いい本との出会いは、人との出会いに匹敵しますね。雨のゴールデンウィークもまたよし。
野球の大会が順延になり、体育館練習となりました。出発までちょい時間があるので、読書します(^_^)
再読中→『グラッサー博士の選択理論―幸せな人間関係を築くために
JUGEMテーマ:読書
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├子育て母育て | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1281799
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ