トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< おかたづけ研究会・・・ | main | ライフオーガナイザー入門講座@静岡、開催します。 >>
[読んだ本108]泉正人『「仕組み」整理術 』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら


「仕組み」整理術
泉正人

『仕組み』とは、
『誰が、いつ、何度やっても同じように成果が出せるシステム』のことをいいます。
」(p5)

仕組み、うまくいくシステムを作る事で、自分のための「時間」を手に入れる、そしてその時間を有効に生かし、ハッピーに暮らす、生きることが目的。

『整理できない人』は、単にコツを知らなかったり、整理のルールが決められていないだけなのだと思うのです。」(p27)

おかたづけ倶楽部を開催していますが、知らないだけで知ったらサクサクできるようになる方をたくさん見てきて、実感しています。やっぱり仕組みに尽きる!

『仕組み』は導入して、継続してできるようになるまでに、ほんの少しだけ手間がかかります。」(p35)

ライフオーガナイズでいうと、土台部分。
歯磨きを習慣にするまでのやり続ける間、保つ意識。
大変だけど、ここなしではうまくいかない。

整理の対象は、机の周り、パソコン、頭、時間。

『整理』とは、欲しいものがいつでも取り出せて、活用できるという状態にあることを指します。『いかにしまうか』ではなく『いかに活用するか』が重要です。」(p49)

整理収納アドバイザーの勉強してなるほど、と思った一つにこれがありました(ほんとにできなかったから)。
使う時のことを考える、使いやすさと戻しやすさが大事だと。
モノは使ってこそだから。今は納得から当たり前だな、と思っています。
思い出ものでさえそうだと思います。

整理のプロセスには左の図のように『分類する』『保管する』『取り出す』『戻す』などがありますが、全プロセスにかかってくるのが『捨てる』です。」(p54)

呼吸の吸って吐くのと同じ。
排泄と同じ。

本から学び取ることは、本自体よりも『中身』だと思っていますので、その中身を自分だけのデータ(本)として保管し、後は捨ててしまうのです。」(p87)

大切なのは、栄養。
そのものではない。
自分はカスばかりで暮らしてないか?

GTDと共通していると思った部分。

『仕組み』があれば『記憶力』はいらない」(p41)

これもGTDで実感しています。
とにかく頭の中の気になる事や覚えておきたいことを外部に任せれば、頭の中のメモリは今したいことにフルに使える。

1開いたメールは一度しか読まない。
2判断は五秒以内
3短く、簡潔に書く(箇条書きにする、テンプレートを活用)
」(p135)

メールは一度しか、というのは、GTDのinboxに戻さない、というのと同じですね。
「あとで」にしたい気持ちに勝って(またはあとでのデメリットとすぐのメリットを理解して)すぐに処理するようになれるかどうかが、おそらくキモ。

目の前の重要な仕事に対して脳をフル回転させて取り組めるようにするには、頭の中から懸念事項を取り除き、『空っぽ』の状態にさせておく必要があります。」(p147)

TO DOの効果
・懸念事項がなくなり、頭の中がスッキリする。
・思い出す時間をゼロにすることができる。
・その結果、目の前の仕事に集中できる。
」(p151)

ルーチンワークを誰でも確実に実行できる『仕組み』の一つとしてチェックリストを活用しています。」(p160-161)

読みながら、仕組み化ますますしたくなってきました。
今はGTDを始めていますが、試行錯誤しながら時間の管理、行動の管理、情報の管理、そして人生の管理もできるようになりたい。そしてハッピーになりたい。そして貢献できることでそれをしたい。

守られなかったり忘れられるようなルールなら、作るだけムダです。作った以上は絶対に守るような仕組みを作らなければいけないのです。」(p177)

たとえばリマインダーメール。いつでも見えるようにしておく、など。
守れないルールを作って守れないと、自己評価が低くなりますが、これまでそのくり返しだったかも、と思います。
落ち込む仕組みを作って、そうなって、落ち込んで。
なるほど・・・(しみじみ)。

ポイントもおさえながら。

[『仕組み』整理術]の原則
・基本は「統一化」「一元化」「自動化」
・ルールを設け、徹底して実践する
・ムダな時間を削減することを目指す。
・整理しすぎない。
・整理した時間を有効活用する。
」(p39)

整理しすぎない、というのも重要だな、と思います。
(できないくせに)極端になりがちな私は特に。
人によって、整理したくてたまらない人、そこそこできる人、できるけどやれない人、そもそもやりたくない人と違うので、自分にあった仕組みや基準や状態を見つけることがとても大切。

なにより

まずは始めてみることが大切です。」(p90)

これに尽きる。
行動しなくちゃ現実は変わらない。
変えられるのは、現在と自分。

失敗を恐れずに。その経験も糧になるから。
自分、ゴー。

「仕組み」整理術』(楽天)
「仕組み」整理術―仕事がサクサク進んで自由時間が増えるシンプルな方法』(Amazon)

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
JUGEMテーマ:読書
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1281717
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ