トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ7/1。「もしドラ」読了。 | main | 捨てたモノ7/2。シフォンの女神のは現役です。 >>
[読んだ捨てる!本101]熊田紺也『死体とご遺体』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

死体とご遺体
熊田紺也『
死体とご遺体

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
湯潅とは、死体を洗い、化粧をほどこし、仏衣を着せて旅立ちのための“ご遺体”にする儀式のこと。かつてCM業界で活躍した著者は、バブル崩壊による倒産に見舞われ、紆余曲折のすえ、湯潅サービスの起業にたどりついた。以降十年、出会ったご遺体はかれこれ四千体―。死者を抱き、洗い続けること。そこからみえる、現代の死生の姿とは。

心に残ったところ。

その結果、それまでは『ただの赤の他人のうす汚い死体』にすぎなかった一個の身体が、ようやくにして『尊厳のあるご遺体』になったという実感もふつふつと湧いてきた。」(p21)

死体をご遺体にする。してくれる。
これってすごいお仕事だ。

かつては身内がやっていて、それはそれは慣れてないので大変だったそう。
そうそうできることじゃない。(技術的にも精神的にも)
ニーズのあるところにサービスは生まれるということ。

湯潅作業の具体的な流れもよくわかりました。

喪家訪問→遺体確認→機材セット→末期の水(逆さ水)→身体洗浄・洗髪→着衣の着せ替え→化粧・整髪→納棺→葬家退出

この作業の一部にご遺族を参加させることで、癒しを与えることにもなると。

第三章の「記憶に残る特別なご遺体」では様々なご遺体とその背景から感じたことを綴ってらっしゃいます。
飛び降り、やけど、死後硬直、蛆のわいた遺体。
プロといえど、大変な思いをされたことと察します。いや、察することなんてできない。

こういう仕事をし、こういう遺体を度重ねて見ていると、現代とは自分がいつどんなときに生命を失うことになるか、全く予測のつかない時代なのだなと実感する。そんなことはわかっている、という方も多いだろう。だが、悲惨な事故死体を自分の目で見てみるといい。たいていの人は恐怖ですくみあがるはずである。」(p117)

だからこそ、「今」を悔いのないように生きなくちゃなぁと思います。
義務感でしんどくなってしまっては本末転倒だけれども、悔いは少ない方がいい。

「第4章 妻は語る」では、仕事のパートナーとしてメイクを担当される奥さんの言葉にも、やっぱりいいお仕事をされてるんだなぁと実感。

プロ意識。

仕事にはキャリアを積んで慣れていい部分、慣れなくてはいけない部分と、絶対に慣れてはいけない部分があると思うんです。」(p163)

便利な時代だけれども、湯潅だけはコンビニエンスになってはいけない仕事だとおっしゃいます。

死を考えることは、生を考えること。

人は裸で生まれて、裸で死んでいく。

生まれた時も、死ぬ時も、無力。

コントロールできる、今、をではどう生きるのか。どう生きたいのか。

死は思ってるより、きっと遠くない。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 四十九歳の誕生日、私は初めて遺体を洗った
第1章 CM制作会社社長から湯潅師へ
第2章 湯潅サービスを起業する
第3章 記憶に残る特別なご遺体
第4章 妻は語る
第5章 四千体の手応えと、来し方行く末


熊田紺也『死体とご遺体』(楽天)
死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い (平凡社新書)』(Amazon)

JUGEMテーマ:読書

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(3) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
読みました!
読みやすくて、で、読んでよかったです。

sonicaさんの読む本はいいですね^^

それはそうと。
こういう古い記事にコメントってしない方がいいんでしょうかねー?
| M | 2011/07/09 8:02 PM |
>Mさん
こんにちは!読まれたのですねー。
なかなかご縁がなくて話も聞けない方の話が聞ける(読める)のが本のいいところですよね。私も読めてよかったと思ってます。

古い記事へのコメントですが、ありがたく頂戴します!(^_^)
コメントいただくと同時にメールでお知らせがくる設定なので、どこにしていただいてもわかるようになってます。(といいつつ反応し忘れてるコメントもあったかと思いますがm(__)m)
お気遣いありがとうございまーす。
| Mさんへsonica | 2011/07/10 7:38 AM |
そうなんですよぅ。
わたしも、自分には関係なさげ(医療・子育てとか)な本を
よく読みますよ^^

今のところ、体験していないものばかりで
読むたびに「ほう!」と思うことだらけ。
出産・子育てに関してなど、結構知識豊富だったりしますよw

コメント入るとメールでお知らせなんですね。
便利だ〜。
| M | 2011/07/10 5:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1281241
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ