トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ11/6 | main | 悩めるママに。 >>
[読んだ捨てる!本94]ドン・アスレット『そうじの達人』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら


そうじの達人
ドン・アスレット
トランスワールドジャパン

片づけたい!スッキリ暮らしたい、という方へのための、力強い、応援歌だと感じました。

まずはばっさり、現状を把握しようと。
するかしないか決めるのは、あなた。自己責任。

誰もあなたの手を取ってガラクタ屋に連れて行ったりしていない。ガラクタを取っておいたり、捨てたりするのはあなたなのだ。現在のガラクタ問題は、あなた自身が招いたものであり、あなたが黙認してしまったものだ。」(p31)

ゴミの山があなた自身を物語る」(p40)

混乱してやりっぱなしで放置の頭の中が、そのまま部屋の様子となっている。

アメリカ先住民と白人の堤防決壊事故からの教訓。

『でもどれもこれも価値があるんだよ』だって?蓄えたり、きれいにしたり、保険をかけたり、運んだり、守ったりするのに費やす時間や、人生の価値はどうなるのか?どれくらいの価値があるのか?」(p43)

ほんとうに自分にとって価値あるモノって何なのか。
ちゃんと向き合ってみないと、日々流されてると忘れてしまいがちなこと。

暮らすということは、あなたが最大の楽しみであり、最も刺激を与えてくれるものだと考えると、間違いなくガラクタは暮らしを邪魔しているのだ。」(p57)

サッカーでいう、ホームとアウェイ。
私のホームは、ホームだろうか?アウェイで暮らしてたら居心地が悪くて当然。

モノは使うためにある、という前提ならばこれもおっしゃる通り。

『もったいなくて使えない』モノは、一番バカバカしいガラクタである。」(p57)

もったいなくて使えないモノリストを作ってみよう,と言う提案は面白い!
使わないのももったいないけれど、
どこにあるかも覚えていないガラクタがあるなんて、恥ずかしすぎる!」(p59)

そして使いやすく維持できるテクニックは。

モノは、使う場所の近くに置くようにするとよい。(略)
自分の暮らし方や、一番よく使うものを考えてみよう。それはたんすの手前や手が届きやすい棚に置くべきだ
」(p59)

本当に必要で使うものの置き場所を正確に決める
使い終わったらすぐに、必ずその場所へ戻す
」(p60-61)

思い出ものについては。

見たり、触ったりするたびに、心が和み、わくわくするというのなら捨てる必要はない。」(p66-67)

食器セットなんかより、旅行や教育にお金をかけた方がよっぽど自分の成長のためになるだろうに。」(p76)

名言!だと思った一文。

一番道具をそろえて、準備している人に限って、一番何もやらない。」(p80)

私の箱から溢れてたポストカード。ずっとそうでした。
でも今変わりつつあります。

贈り物に関するアドバイス。

贈り物の意味と贈り物自体とを混同しないよう気をつけなければならない。」(p83)

必要のないモノや使わないモノに手を出せば、以前は価値のあるモノだったとしても、新しい時間や達成感を求める能力を台無しにしてしまう。」(p92)

捨てないこと、持っておくこと、取っておくことで失うモノにも目を向けること。
それは目に見えないけどすごく大事なモノだったりする。

形見の場合は、1つ質問するだけでいい。誰のために取ってあるのか?」(p93)

思い出は、最小にするというアイデア。
ミニチュアにする、厳選する、スクラップブックにする。
これは私も今後いろいろ提案していきたいと思っています。

人は誰しもこの世を去るが、魂は永遠だ。精神や遺産、伝説、影響は生き続ける!だから、家族にガラクタを残すことは不必要なだけではなく、不親切なのだ。」(p96)

不親切どころか、「愛情というより復讐行為だ。」(p97)とまでおっしゃっています。著者は実際にガラクタのために家族がバラバラになったり訴訟を起こしたりといったトラブルを見ているそうなので説得力あります。

写真の持つ価値は、見られることにある。それが不可能なら、なんのためにあるのだろうか?」(p123)

クローゼットの服整理の判別法法。
・自分が素敵に見えない
・身体に合わない、快適ではない
・複雑すぎる
・汚しやすい
・痛んでいる
・修繕が必要
・全く、めったに着ない

モノが永遠であることはめったにないし、使わなければ価値はない。健康や才能や友情や経験や興奮は、私たちの中に蓄積し、いつもくっついていて、私たちをまた元気にしてくれ、新鮮にしてくれるのだ。」(p151)

使うか使わないか以外の基準を明確に持つこと。

捨てるべきか、取っておくべきか?判断するときに考えや手が止まってしまったら、もしくは理論や感情でも決心がつかなければ、自分に問いかけてみよう。
『これがなかったら私の人生はどうなるだろう?』と。モノについて考えてはいけない。自分自身や人生、自由について考えることだ。
」(p164)

ガラクタを処分するごとに、光がさしこんでくる。
力がわいてくる。
新しい自分になっていく。

そのために、ガラクタを手放すのは、今。

そうじの達人』(楽天)
そうじの達人―誰もが変われるスッキリライフ』(Amazon)

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(0) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1277783
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ