トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 100日オーガナイズ:32日目 靴をカウント | main | 100日オーガナイズ:33日目 シンクを磨く >>
伸びる子どもの共通点
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

(2010.10.31の記事ですが、今の自分に響いたのでアップデート)



子どもが通う学校の校長先生が書いて下さった学校だよりから。
子どもだけじゃなくて、大人になった自分にも、自分こそ、身につけたい内容です。

「さて、私たち教師も保護者の方々も、子どもたちが『伸びて欲しい』と願って指導していますが、なかなか思うようにはいきません。以前読んだ本の中に、『伸びる子ども』の共通点について書いてありました。
 一つ目は、『ていねいであること』です。プリントを配れば丁寧に折る、丁寧な文字を書き、間違いも丁寧に消すことができる、お道具箱の中が整とんされているなどです。仕事の速い遅いは関係ありません。
 二つ目は、『最後までやること』です。係や当番の仕事を最後までやる、遊んだ物をしっかり片づける、宿題は最後までやるなどです。とにかく、何かを始めたら最後までやることです。
 三つ目は、『続けることができること』です。毎日日記を書く、水掛けを毎日やる、食べた食器は毎日流しまで持っていく、毎日お手伝いをするなどです。
 これら三つのことは、すべて生活面のことであり、小さいころからの積み重ねの賜です。生活面の充実が、学習面の充実に大きくかかわっているということですね。
 中でも、『続けることができること』が重要だと考えます。自転車に乗れるようになった時を思い出してください。何度も転びながら、べそをかきながら練習したと思います。そこで諦めていたら乗れるようにはなっていません。それでも練習をし続けていると、突然乗れるようになったと思います。自分は、このことを会礼で『努力の壷が努力の水で一杯になった』と子どもたちに言いました。壷が努力の水で一杯になり、それがこぼれ出した時が成果が現れる時と考えると、頑張り続けられそうな気がします。子どもたちの心の中に努力の壷を持たせてみませんか。」

二次曲線や沸点の例えよりわかりやすい!さすが教師・・・φ(..)メモメモ

これで思い出したのは、千代里さん著の『捨てれば入る福ふくそうじ』の中にもあった、伸びる子どものポイント。

●元気にあいさつができる
●下駄箱に靴を入れる時、かかとを揃えて入れられる
●イスから立ち上がった時、そのイスを必ず元に戻してから次の行動に移れる
」(p46)

きちんと。

ていねい。

おわりまで。

今から自分をしつけよう!


(地域の祭りの演芸会で踊る先生方。いい学校でしょー(*^-^*)v)
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.子育て母育て | 固定リンク | - |↑TOP| 最新記事へ|

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ