トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 『おじゃると歩けば』素敵なブログ発見。 | main | 捨てたモノ7/26。つける私かどうか。 >>
[読んだ捨てる!本90]臼井 由妃『大きなゴミ箱を買いなさい』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら


大きなゴミ箱を買いなさい
臼井 由妃
ダイヤモンド社

かなり捨てるモチベーションがあがる一冊でした。
臼井 由妃さんのファンになりました。お目にかかってみたいと思う方リストにまたお一人追加です。

心に残ったところ。

捨てることは失うことではない、というメッセージ。

むしろ、『新しいチャンスや出会いを呼び込むスペースを作ること』にほかならないのです。」(p8)

そして捨てる対象。

捨てるのは、ものだけではありません。
人間関係や時間、自分を取り巻く森羅万象のうち、足かせになっているものすべてです。
」(p8)

彼女自身、捨て上手になることにより、人生ががらっとよい方向へと変わったそうです。彼女が捨てたのは、見栄やプライドやつまらない人間関係など。

足かせ。
私自身、いろんなモノを捨てたり手放したりして物心両面で身軽になってきたと感じていますが(肉だけは除くorz)、それは『足かせ』がひとつひとつなくなってきたからかも。

もったいない、と思ってとってあるモノたちが、自分が生き生きと暮らしていく、ということに対して足かせになってるとしたら。

人から運がいいと言われる彼女。

でも実は、いいことが訪れるのは偶然ではありません。
そうなる準備をしているから、です。
」(p31)

その準備、とは捨てること。不要なモノ、ネガティブな考え、人間などを捨てることでエネルギーが弱まるのを防ぐ。
潔く捨てることが、チャンスに巡り会いそれをつかめるようになるのです、と。

ライフオーガナイズを学んだ今となっては、これってまんま、オーガナイズではと。
チャンスは準備してある人のところへ訪れる、というか準備してるからキャッチできるのだと思います。

直感で抵抗感を覚えた時は警告として注意すべき、とのアドバイスも参考になりました。それをチャンスにすらできるように大切に扱うこと。

捨てられない人へのアドバイス。

持っていても『幸福感』を感じられないものは『重い出来事』=『重い出』であって、「思い出」=『思い出したい出来事』ではありません。」(p45)

思い出は記録ではなく記憶なので、モノの形で残っている必要はないはず。
見て、触って嬉しくなるモノだけ残せばいい。

仕事について。

あなた自身が『楽しい』と感じられるかどうか?成功したければ、それを最大の判断基準にすることです。」(p113)

お金を払ってでもやりたいこと。
何時間でも熱く語れること。
人に喜ばれること、必要とされること。
それが、ミッション。

第三章の「豊かさを引き寄せる捨て方」から。

時間管理についても触れられています。ムダを捨てること。やらないことを決めること。

自分の一日を見直してみて『ダラダラ時間』を見つけ出したら、徹底的に捨てましょう。すると、やるべきことや優先順位がはっきりと見えてきます。」(p149)

一日は24時間、短くも長くもならず、今日一日を与えられた誰もが等しく使うことのできる時間。取り戻せない、貴重な時間という資源を生かさないのはもったいない。

第四章「運を引き寄せる『外見』の作り方」では、モノが持つエネルギーについて書かれています。

運が悪そうな人や失敗が続く人からのモノはたとえ値打ちでも入手しない。なぜなら、残留思念がマイナスに働くと考えるから。
逆に、
ゲンのいいものとは、触ったときに『心の底から温かくなるもの』『安心感が沸くもの』です。見たとたんに優しい気持ちになるものも、そうです。」(p165)

そういったものを大事にし、そうでないものは手放す。それがいいと彼女は言います。

外見の話。

彼女がいう「運のいい、本物の物持ちのいい人とは」(p173)、痛んだものや汚れているものや間に合わせやチープなモノを持っている人ではなく、
自分の身の周りのものこそ、贅沢なものを持ちましょう。
それを手入れして大切に使い、くたびれる前に処分するのです。
」(p173)

上質なモノが持つ上質のエネルギーで、自分自身も上向きで堂々としていられるように。

第五章「運がいい人は知っている『人付き合い』のコツ」。

人を捨てる、というのは非常に抵抗感があるもの。
それでも、ネガティブな方へひっぱられないためにも必要なこと。

付き合う価値があるかないかは、「お金や地位は関係なく、その人と付き合うことで自分が成長できると考えられる人」(p192)かどうか。

節約心の強い人は、A(Afection愛着)とM(Memory思い出)が強い人。
人間関係、過去の思い出にしがみつきがち。
もしそれで生きづらいのであれば、愛情と思い出を処分し、好きでない人(との思い出)を捨てる。そうすれば、好きな人が残り、ハッピーになれる、未来も輝く。

自分が今後、豊かな人間関係を築いていくのに必要なこと。
旬も大事だが、走りが非常に重要である、と。
その時期に「徹底してあなたが行動できるかどうか」(p203)。それ次第でその後との「旬」「盛り」を迎えられるかどうかが決まる。

そして、『走り』の時期にしても『旬』の時期にしても、要は『人の役に立ちながら、自分のため』と思えることがコツです。」(p203)

自己犠牲ではなく、自分の成長につながること。
そういったことを行動に移していくこと。

彼女が習慣にしている簡単かつパワーがわき起こる方法。

一日一回寝る前に出会った人の顔を思い浮かべて次の質問をする。

1.自分は、○○さんに何をしてあげたのか?
2.○○さんは、自分に何をしてくれたのか?
3.そのとき、自分はどう感じたのか?
」(p207)

プラスの意味付けで、自分の成長の糧にすればいい。

あとがきがとりわけ心に響きました。

今のあなたがあるのは、過去の積み重ねです。
『輝かしい未来に生きる幸せな自分』になりたければ、今をどう生きるかが勝負。
未来のあなたは今のあなたがつくるのです。
」(p212-213)

そのために要らないモノ、ネガティブなモノを捨てよう、と。
捨てる勇気を持ち、弱気な自分も捨てる。そうすれば幸せを引き寄せられる自分になれる。

そんな前向きなメッセージにあふれた一冊でした。

5年前の私にさんきゅ。
去年の私にさんきゅ。
先月の私にさんきゅ。

と言えるような、未来の私であるために、そんな今の私にならなくちゃ。

大きなゴミ箱を買いなさい―幸運とチャンスを呼び込む「捨てる」法則』(Amazon)
大きなゴミ箱を買いなさい』(楽天)

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(2) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
学びが多そうな本ですね〜!!
人間関係や時間にまで踏み込んでいるところが、確かにオーガナイズ。
早速図書館予約だ!(買いなさい)

いつもいい情報ありがとうございます〜☆
| あろま | 2010/08/06 2:53 PM |
>あろまさん
これもよい本でした〜。
オーガナイズできてるとほんと気持ちよく,スムーズに暮らせるんだなあと思います。
がんばらなくっちゃ。

読みたくなったら私もまた図書館です。(ごめんなさいm(__)m)
| あろまさんへsonica | 2010/08/06 10:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1256122
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ