トトノエル

メールはこちらへ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ11/6 | main | 捨てたモノ11/7 >>
[読んだ捨てる!本78]梶 妙壽『人生の苦しみがあなたのこころを豊かにする』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら


人生の苦しみがあなたのこころを豊かにする
梶 妙壽
日本放送出版協会

慈受院門跡
住職の梶 妙壽さんの著書です。

大切な心構え。

人の一生とはなんでしょう。ふたつだけ、わかっていることがあります。ひとつは『いま、生きている』ことであり、もうひとつは『いずれ必ず死ぬ』ということです。」(p60)

メメント・モリ。死を思うことが、生を思うこと。

出会いは偶然であり必然である。必然であり偶然であるのです。」(P22)

すべてのことに、意味がある。時があるということ。
今私の身に起きていることも、必然。
もしそれがつらいと感じることでも、先が見えない時でも、

真摯に求めることによってお任せする心になったとき、求め得ずして、次の道が見えてきます。」(p22)

と。
逆に、見えてきてないとすれば、自分が真摯に、ひたむきに、努力し求め望んでいないからかもしれません。

仏さまも神さまも、なにひとつとして人生に無駄なものは与えないものなのです。すべてその人を成長させるためのものなんです。
 不思議なことに、その人のタイミングに合うようにさまざまなものを与えてくださいます。その人が受け入れられるだけの、乗り越えられるだけの苦しみ悲しみがやってくる。その人の器以上のものは与えられません。そして、それを乗り越えられたとき、大きな喜びもまた、やってくるものなのです。
」(p31)

そうあってほしい。
そうなるかどうか、そうできるかどうかは自分次第。

乗り越えられるだけの苦しみや悲しみ。
自分の器。まだまだ小さい。なのにいっぱいだ、なんて。

掃除について。

掃除をするということは、心の煩悩を取り払っていくということであり、修行の基本なのですね。」(p72)

掃除できれいにする、磨くことは、心をきれいにする、磨くことにつながる。
すっきりさっぱり、モノも心もしていると気持ちがいい。
その基本を習慣にしたい。

自分の外側にある世界を整えていくと、不思議なことに、それが心に反映して、自分の内面も、整ってきます。」(p73)

整えることの大切さ。

たまにごちゃごちゃなのを片づけると「秩序を取り戻した喜び」「自分が従ではなく主になった安心感」を感じ、ほっとします。
整えることで、コントロールされる側からする側に変われたからかなと思います。
外面を整えることで、内面も整っていく、確かに実感できています。
使う都度、そして一日の終わりにきちんと整える習慣を身につけよう>自分。

いくども自分に問うべき、大切なこと。

わたしはなにを欲しているのだろうか。なにを得たいと思っているのだろうか。なにに執着しているのだろうか」(p92)

なにを残すのか、何を捨てるのか。
自分で考え、決める。受け入れる。認める。諦める。
そうすれば、

仏さまは、なにかひとつ失えば、なにかひとつくださるものです。そのためには、自分をからっぽにすることも大切です。」(p104)

なんとなく実感できます。手放すことで得られるモノがある。
与えられるモノを受け止められる、受け入れられる自分であるということ。

足るを知る大切さについて。

大切なことは、欲望を調節していくことです。そして、それにはいかに自分の中に基準をもつかということが重要になってきます。」(p157)

自分の中の基準は、しっかりと自分と向き合う中でできていくのだと思います。
実践を積み重ねながら。

朝に夕に筆者が唱えていることば。

止まらないむさぼりの心を恥じて、足るを知る。
おかげさまで生かされているこに、感謝を捧げる。
」(p170)

感謝。
感謝を伝えようキャンペーン中ですが、努力せずにできないでいます。
諦めずに続けていって、必ず習慣にしたいこと。

筆者が一番おっしゃりたかったことはこれではないかと思います。

起こるすべてのことがらには意味がある、それがたとえ不幸なことでも、それを大きな意味としてとらえられる人は幸せだと思います。(略)そのときに、『あのこときのことがあったから、いまのわたしがいる』といえることはすばらしいこと。人生に無駄なことはなにひとつないのです。」(p188)

大きな意味でとらえる。

そう言える強さを持ちたい。
そう言える強さを身につけたい。

そのためには、

自分自身の今日の行ないを変えない限り、人生は変わらないということです。」(p31)

具体的に、何をするか。
何を選び、何を選ばないのか。
自分の基準は何か。

できることから変えていこう。

人生の苦しみがあなたのこころを豊かにする―慈受院門跡梶妙壽金言集』(Amazon)
人生の苦しみがあなたのこころを豊かにする』(楽天)

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├1.片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(4) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
どれもこれも胸に響く言葉でしたが、私にはこれかも。
>「自分自身の今日の行ないを変えない限り、人生は変わらないということです。」
ここんとこ、どうもやる気というか、なんというか、気力がない感じです。
まずはここから・・・。
遠くのことよりも「今日」を大事にすることで1週間後1ヶ月後1年後10年・・・って続くんですよね。
いつも思うことだけど、なかなか出来ないけど。
でも出来ないことも続いていくんですよね。(ぞっ!)
まずはPCの電源を切りますか。

いいお話をありがとうございました。

なんか妙に丁寧な私です(笑)
| ハナッペ | 2009/11/06 12:45 PM |
少しずつでいいから、前に進みたい…。溜めていた洗濯物を畳みました。まずは片付けから。掃除はその後ですね f^_^;


シュガーバインのフェイクは、楽天で消臭機能付きの物も売ってましたよ。トイレ・洗面所に置けるような、小さいタイプが気になります。
| ナナ | 2009/11/06 6:10 PM |
>ハナッペさん

「遠くのことよりも「今日」を大事にすることで1週間後1ヶ月後1年後10年・・・って続くんですよね。」

こう思えて行動できる人が変わるのかな、って先日読んだ本で思いました。
「明日からやります」って人はやらないんだって。やる人は今日からやる。
わああ、私確かに明日やる(といってやらない)人だわ、って。

いつもいい話、読んでおしまい、になるのでそうならないように行動あるのみですね。やること決めて、やる。をできるようになりたいです。
| ハナッペさんへsonica | 2009/11/08 7:23 AM |
>ナナさん
コメントありがとうございます。
私も洗濯物もだけど、シンクの中がほったらかし。
できてた時期もあるだけに、余計にいや〜な感じがします。(やればいいのに)

次使う時のことを考える、使った物は(洗って)戻す、が自然にできるようになりたいですね。
グリーンの水かえもさぼってました。ちょっと黄色信号かも。
休む時間を作って、めりはりつけるのも大事かもしれませんね。
| ナナさんへsonica | 2009/11/08 7:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1155101
トラックバック

おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ