トトノエル

メールはこちらへお気軽にどうぞ。
sonica00@gmail.com

トトノエル ↑ホームページはこちら
→お客さまの声はこちら


一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ)へ
カテゴリー
ARCHIVES
<< 捨てたモノ10/25 | main | 捨てたモノ10/26 >>
[読んだ捨てる!本77]町田 貞子『続 暮し上手の家事ノート―もの・時間・心…人生はすべて整理です』
→夢を叶える2017年の10大ニュース→すっきり!講座のご案内はこちら

続 暮し上手の家事ノート―もの・時間・心…人生はすべて整理です (知的生きかた文庫)
町田貞子
続 暮し上手の家事ノート―もの・時間・心…人生はすべて整理です (知的生きかた文庫)

暮し上手の家事ノート』の続です。

心に残ったところ。

私はまず家にあるすべてのものの数から調べはじめ、改めて要、不要を検討しました。」(p73)

これぞ、ザ・町田さん。
この検証を元に家の建て替えの際には引出しを作ったり、引出しを引っ越ししたりされたそうです。無駄ゼロの心意気に圧倒されます。

自分も、ちょっとずつでいいから、やっていきたい。
やったら必ず変わると思う。

バッグを開けたときに、中のものがひと目でわかるような入れ方をすることが大切です。」(p96)

いたたたた、毎回宝探し状態です。ゴミの中から。
ここに限らず、きっと他の場所も。
すべて。
オーガナイズしていこう。

今すむことは今すぐに、その日のことはその日のうちにやってしまう努力こそ、忙しさから自分を解放する唯一の方法だと思います。」(p101)

これが一番、グズを直す秘訣。
子どもにもうるさく言っているけれど、自分はできてない、というダメっぷり。
これじゃ、子どもに「言ってることとやってることは一致しなくてもいいんだよ〜。自分のことは棚にあげていいんだよ〜」と教えているようなものです。それはまずい。絶対まずい。

忙しさから、自分を解放しよう。
だから、すぐする。今する。

感動して、絶対真似したい!と思ったこと。

私は普段でも、絵葉書をよく使います。(略)お礼の便りや返事は一日のばしにしていると次第に気が重くなるので、その日のうちに出すようにしているのですが、そんなとき、絵葉書はとても便利です。」(p108)

筆まめは、送る方も送られる方も幸せにできる。
封書で送りたいけど、そこまではまだいけてません。だから、絵葉書でちょこちょこ。
出すことに意味があると自分に言い聞かせて送ったり送れなかったり。
(でももう少し内容考えよう。丁寧に書こう。まめに書こう。)

筆まめな著名人で存じ上げているのは、斉藤茂太さん、町田貞子さん、中山庸子さん、松居一代さんなどですが、やっぱり・・・という気がします。
私も足下に近づけるように、アホほど持ってる絵葉書をここぞとばかりに使っていきたいと思います。

いま使わずに、いつ使うのだ! by クシャナ

身の回りの整理整頓も親の習慣を見ていれば『また散らかした』『しまいなさい』と叫ばなくても上手になります。」(p116)

これも自分で打っておいて、目をそらしてしまうというか、うなだれてしまいます・・・。
子どもは親のするようにする、ということ。
まずは親の自分がする、ということ。

秩序だった状態が当たり前、になれば乱れると落ち着かない、だから片付けちゃう(家族それぞれが)、あー落ち着いた、という環境を作るのは親の私の仕事。

『ものがおいてある』というのは、必要なものがあるべき場所に納まっている状態をさし、あるべきでないものがおいてある状態は『散らかっている』といいます。」(p203)

なるほど!
定位置が決まってないということは、散らかるべくして散らかっているということ。
だから、まずはあるべき場所を決めることから。

文庫版あとがきから。
私は『人生すべて整理』ととらえて生きてきたように思います。毎日すぎてゆく時間も、心も、経済も、ものも、すべてです。しかしその整理も、温かい心が根底に流れていなければ、冷たい切り捨て整理に終ってしまいます。」(p278)

温かい心がかよう、モノと人とのつきあいを考えること。
モノを生かし、人も生きる。
大切なのは生きる、ということ。

続 暮し上手の家事ノート―もの・時間・心…人生はすべて整理です (知的生きかた文庫)』(Amazon)
暮し上手の家事ノート(続)』(楽天)

読んだ本の一覧&ガツンときたその本の一言はこちら
Amazonインスタントストアにジャンル毎にまとめてみましたのはこちらです。
ポチ!の応援励まされています。ありがとうございます。^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ人気ブログランキングへ

|├片づけに役立つ本 | 固定リンク | comments(4) |↑TOP| 最新記事へ|
コメント
耳が痛い話です。自分を棚に上げ、子供達を叱ってしまいました。下の子がまだ家にいて、夜中も起きるから、体力気力もなく、疲れもあるし…(って言い訳ですよね)。自己嫌悪です。少しずつ頑張ります(^▽^)
| ナナ | 2009/10/25 9:49 PM |
こんにちは^^

『続』もよさそうですね!
今度読んでみたいと思います^^
ずっと前に出された本にも関わらず、今読んでも新鮮で刺激がある所がすごいですよね。
町田さんのお言葉は、気持ちがシャン!とします。
特に『あとがき』にはっとさせられました。

| suteko* | 2009/10/25 9:56 PM |
>ナナさん
コメントありがとうございます。
ほんとに、私も棚上げばーっかり。子どもも強くなってきて、「子どもをほめてないよ!」と叱ってくれるようになりました。
子どもと一緒に育っていきましょうね。
まだ小さいお子さんがいらっしゃるナナさんは、無理しないようにがんばる、を心がけるくらいでちょうどいいと思いますよ〜。がんばっちゃいけない、くらいに思ってる方がうまくいってた気がします。私の場合。
毎日楽しく穏やかに、笑顔で過ごしていけるよう、やれることをやっていきましょうね。
| ナナさんへsonica | 2009/10/27 10:17 PM |
>suteko* さん
コメントありがとうございます。
古さを感じない、確かにそうですね!本質をついているからでしょうか。
シャンとして生きなくちゃ、と喝をいれていただいたような気になれます。
読み返して生活に生かしていかねばと思います。行動してこそ、ですよね。
がんばらなくっちゃ。
| suteko* さんへsonica | 2009/10/27 10:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/trackback/1149794
トラックバック

↓買ってよかったモノ
★WMFの圧力鍋

★ステンレスピンチハンガー


おすすめお掃除グッズ

手と地球に優しいバイオ洗剤

ブログパーツ